コラム

仮に再就職をしようと考えていても全部が順調に運ぶと断言はできません。

再就職するにもあらゆることがうまく進行するワケではありません。

再就職を目指そうとしても、全てが順調に運ぶと言い切ることはできません。できればいつか、転職しようと考えているならあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く転職を試みるべきでしょう。傾向としては、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、30代後半~40代に突入してしまうと転職結果は、かなり厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職の気持ちが強くなっていても思いとどまることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社を辞めないままの方向で時間をかけて慎重に探すほうが後悔がないはずです。

就職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント…

新しい仕事を探す際、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手段もありますが、もしもそういった業者に登録し、運よく新しい仕事を見つけることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。あくまでハローワークに届け出を出さないと給付対象にならないので気をつけなければいけません。なお、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職のための準備費用として、「一時金」を得られたりもします。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。この点について踏まえておかないと、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

2ヶ月まえに、転職したばかりというのに、早期に退職してしまうケース・・

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、あっという間に辞めてしまう人というのも意外にもよく見受けられます。何故そうかと思うと私見ですがリフレッシュな気持ちで職場を見つけたというのに、「自分の考えていた仕事とかけ離れていた」「独自のルールに慣れなかった」という理由で去っていくことが多いといいます。このような、転職先選びでの失敗をしないためには、はやり事前の情報集めを欠かせません。職場内の環境、業務におけるルール、通勤にかかる時間、などあれこれチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

以前の求人情報に雇用主が求める人材の「性別」までしっかりと記載されていました。

今までの求人情報では、募集要項の中に「性別」が、書かれているのが一般的でした。ところが、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が採用時にしてはいけない事となり、応募資格の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。ですが、募集情報を出す企業側は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際に、本当は男手を必要としている業種に、女性が応募してきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。例えば、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうが良いでしょう。

新しい転職先で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職の意思があるのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職1年目の段階では、ほぼほぼ「試用期間」が入っている会社がケースが少なくありません。自らの転職したときは、尽力して手にした職なのに、期待に反して以前いた会社での年収とあまりイコールということがありました。それにプラスして、業務はとてもキツく、立場上責任を伴い、二年目を迎えるまでひどく厳しかったです。そうした実体験から初年度はいわば勉強の期間と割り切って、可能ならば転職前にお金をためておくべき、と思います。

可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用してあなたにぴったりの…

あなたがもし転職サイトであなたの希望条件に合った将来性のある企業を探しているのなら、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後エージェントが紹介してくれる求人情報は、誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較にならないほどとても質が良いといえます。そればかりか、あなたの条件に合ったものを調査しつつ、紹介してくれます。だから、かなりの精度で希望する求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに探していくよりも相当に効率的です。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

転職先を探すとき、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけ・・

転職先を選ぶにあたって、当然やりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれに加えて年収が上がることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調査をしています。全く同じ会社でその上全く同じ職種、経歴であるのに人によってすごく違いがある場合も多く、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間も誰なのかある程度察しがついているのですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

今現在の自らの職場・業務内容について不服に思っていることの中・・

今の自分の勤め先や仕事の中身について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を真摯に評価してくれない」そのため、「年収はアップしないし、将来的な出世も期待できない」といった不満が多いように感じられます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の持っている手腕を実際よりも過剰評価していることもあるのです。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と中々転職先が見つからないことになりかねません。可能性が少なからずあります。なので転職活動で良い成果をあげるためにも、本来の自分のキャパシティを客観的に見つめることから始めてみましょう。

全くの初挑戦となる業界などに転職したい場合には、前の会社…

経験のない分野などに転業したいときには、前の職で、自分が培ってきた力や経験したことが生かせるといった内容の訴えが必要です。そのジャンルで経験をしたことがないという人は経験していない分その業種で経験してきた人たちよりも不公平な状態になりますが、自分の持っている力がそのジャンルでも十分に生かすことができるということをうまく伝えることができれば、戦える場合も出てきます。という事で、未経験の業種に飛び込む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関連を必ず探しましょう。

派遣として勤務しています。派遣法の関連で不本意で…

派遣で勤務しています。労働契約法が原因で残念ながら長くお世話になった勤め先での仕事があと数週間で終わります。同じく派遣で働いている人の中には派遣の就業先で正社員としての契約をゲットした人もいるのですがぶっちゃけると仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱いが上手でそのおかげで採用された様子。仕事を遂行する能力よりも上司のおじさんを転がす能力の方が必要なんじゃないのと選考に漏れた別の派遣の仲間と職場で文句を言う日々です。

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に・・

現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。あなたに特許を取った経験があるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような連絡をもらったのであれば、そのキッカケを考えてみましょう。極稀にヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる業者もありますが、そのような会社は確実に詐欺ですから騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため・・

転職するための期間中は、ついつい時間がある分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。ですが、そうした過ごし方はおすすめしません。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか働く意欲がなくなり、お金に困ってしまいます。そうしているうちに、悪いサイクルにはまり次の勤め先をうまく見つけられなくなります。将来の決断ができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。

再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計についてですが…

転職時の面接でする腕時計の事についてですが、どう見ても目を惹くタイプのものはつけて行かない方が良いです。この場合の目立つというのはブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではありません。その反対で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう意味であって真逆の目立つのだと認識しておいてください。面接のときの腕時計というのはポジションとしてはネクタイやスーツと同様に、面接に適切なものを身に付けるほうが良い印象を与えてくれます。ただし、自分の年齢に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の就活の頃にしていた腕時計よりは少しでも高い腕時計にした方が好印象であるということは言えます。

近年では、株式・不動産投資などといった不労所得を得た…

現在では、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。あながち「起業することは不安定であぶない」といった見解も過去のものとなりつつあります。高度経済成長の頃に関しては、安定しない自営業という生き方よりも会社勤めの方が安定性にすぐれており、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていた。しかし、そんな時代は終わり、今現在は「成熟期」と付けられています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載量も多くなるので・・

転職サイトは大きなサイトの方がたくさんの案件が掲載されているため、関心のある2つか3つの会社を、とりあえず転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、加えて条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。初回だけは登録するのに少しばかり手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録する初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後のことを考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが得策です。

現職からの転業を決心したなら、まったく周囲の人にはこっそりと…

もし、転職を意思を固めたのなら、完全に周りにひそかにその意思を悟られないように、首尾よく活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、できる限り同僚に気づかれないように平常通りに仕事をする方がたいへん妥当です。現職中、その状態を保っておくと、万が一条件にあう働き先がすんなり見つからなくても、転身予定を先送りにしつつ、現職にそれまで通りに残っても容易にできます。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、それに合わせて応対します。さらに「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あの人はもうじき転職する」と広まります。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。

世の中は変わっていてパソコンやスマホで調べればネット上では・・

どうもPCやスマホで調べればインターネットで見られる世界には「転職に役に立つサイト」に類するものが数多く存在します。その無数のサイトから自身が求めている転職先と思えるのを見つけるにはまず、情報が大事ですから収集をする必要があります。このようなサイトをうまく活用することで、満足度の高い転職先探しが可能です。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

転職の面接を受けるため転職希望の会社へ訪ねました。

転職の面接を受けるためある会社に出向きました。その日に限ってその会社の会議室が空きがないということで社外の会場で面接官と待ち合わせをして面接を行い、その場所で解散をして、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ビックリしたのは下りる駅が私と同じだったのです。なので電車の中でも面接担当者とずっとおしゃべりしながら帰ることとなって、結果としてすっかりリラックスして面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったのか問題なく採用も獲得することができました。

求人に係る情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」と思う人ほど…

求人に関係する情報をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業を見ようとしないものです。そうした人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。現に、製造業の求人募集でも、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事も相当数あります。ただ、製造業の大半はオフィス街から外れた地域にあるのでその箇所がマイナスと感じるかもしれません。ただし、自らのこだわりを捨ててみることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

スムーズに転職したい時は、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員との…

スムーズに転職したい時は、企業そのものというより、採用担当の面接官との勝負ともいえるでしょう。しっかりと採用してもらうために、初歩として面接の時間になる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。お見合いをする意識で望むと良いでしょう。また面接係員は最初にあなたの雰囲気や人間性をチェックされてしまうのでマイナスな印象につながる身なりは注意しやめましょう。また常識的な社会人らしく整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

-コラム