コラム

転職をしようとする際に必ず準備する履歴書などにおいてですが・・

転職の際に必ず必要となってくる履歴書などにおいてですが…

再就職する場合絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書に関してですが、原則的にはパソコンを使って作るのが主流となっています。現在の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで書くというのが普通だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職の時は履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書を高く評価するケースもありますけど、そうではない企業がだんだん増えてきますから、パソコンを用いて作ったものでも良いとする会社はいくつもあるのです。

転職する場合、転職したあとの給料ばかりに気を取られる・・

転職について考えた場合、そこでの給料について気にしすぎる人がとても少なくありません。もちろん誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として手に入れるために精を出すのだとは思います。自分の価値を測る指標としての側面もありますからとうぜん大切なのは当然ではあります。でも、必要以上に年収額ばかりを執着しすぎる人生というのもさみしい気がします。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充足感を得られることはあるからです。

クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジする際には…

クールビズのスタイルで転職の面接にチャレンジする場合、さすがにジャケットまでは着ていかなくて良いとはっきりとわかるのですが、ネクタイにおいては着用していったほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている会社も存在するケースもあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズだろうと必ずしなければならないと思っている会社がある程度存在するわけです。それゆえ、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけは絶対に着用して面接した方が印象が良くなるということをわかっておいてください。

大きな転職エージェントほど、様々な案件がある一方、転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。

大手転職エージェントに限って、様々な案件があるといえますが、しかし、同時に転職を希望する競合者もたくさんいます。それゆえあなたが、応募したい会社を見つけても、そのエージェント担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともザラですし、自分より入社できそうな人がいるとそのライバルを優先しやすいのです。要するに大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており大変難しいので、策略を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないか尋ねてみると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へと登録に出向きました。

転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングの際に現れた担当の人が見たところ新入社員みたいで、私が説明した話の3分の1も彼は理解していないように見えました。それなのに「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと自分の強みを明確化する必要があります」とか、大上段から横柄にのたまうからとても不快でした。カウンセリングを担当する人はそれなりにカウンセリングの経験がある人にしてほしいものです。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。大部分の会社は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。単に穴を埋めるだけでなく、内容の魅力化を図ることも必要です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入してみましょう。さらに、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを頼ることよい転職をするための一つの手です。

転職活動には、相応の準備はやらなくてはいけません。

再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見える「服装」は気になるところだと思います。とはいえ、最近の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可している会社もあるので、しっかりスーツを着て赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創設したての企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。また、私服を見せるたことで面接の間に、ファッションについて、話もしやすいです。ですから、もしかしたら面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職活動は企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動における最後に残る壁として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動を行う際の最後の問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社がOKしたとしても、現在、所属している企業があなたを慰留するというのもありがちなケースです。そうなってしまった場合、絶対に退職する、という強固な気持ちを保つことが大事でしょう。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動の大事な要素です。

転職時の面接でいるビジネススーツの色合いについては…

転職の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の方が就活の際にに身に付ける色合いが安心です。言い換えると、黒とか紺色のような落ち着いた色になるわけです。それが、転職の場面であっても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこういう暗めの色が大方を占めそうでない色のビジネススーツの人はほとんど見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系を着ている方がわずかにいるほどで、ほぼ紺や黒が大多数なので、面接を行う人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が当たりまえに感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひともそのようにしてくださいね。

転職活動をしていれば、面接時に間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給与に関する不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、自分の得にならないことを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この企業に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。けれども、働きながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接を受けるのは精神も肉体も負担がかかるといえます。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり直接応募していた場合も相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると徹底しましょう。

生涯初の失業保険をもらうケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている…

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が非常に多いですが、それは間違いです。実際は、希望通りに受け取り続けるためには、職探しを続けていることが必要で、その上、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。もしも、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席したときは、決まりとして給付してもらえなかったり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために気をつけてください。

そのうち転職を予定しているのなら、今現在の業務や仕・・

そのうち転職を予定しているのなら、今いる業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不平があるから転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて今の業務の満足できない点を書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことが可能です。

転職サイトや転職エージェントなどを利用して、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動する人は年々増えています。としても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、同時に転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、一度足を運べば多くの企業について知ることができ、そして、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。今後、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けにいくつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによってフェアでの交流の中で企業に自分の魅力が伝われば、その後の実際の面接時に良い手応えを期待できます。

近年の企業の雇用に対する考え方の変移において、全世代の…

現代の雇用形態が大きく変わったことに関して、34歳ぐらいまでの若者の世代は鋭敏に感じ取って、それはたぶん、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そんなわけで、サラリーマンや労働者といった労働市場の「流動化」が活性化しているので、一層、将来、世代に関わらず転職の関心が高まる気がします。このような社会情勢の中、転職することはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が存在したかつては、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職しようにもうまくいかない人もあったのです。しかし時代が変わり今現在の会社のみに執着する必要もあまり無くなっているように感じます。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を多く偽って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば普通はありません。現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

今後転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業種…

将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(または職種)を見るたびに必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからは業界のマイナスとなる面は、教えてもらえないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索によってカンタンにすぐにおおまかな実態を理解できます。そうした現実を知らずに会社に入ると、あとから後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「業務内容が厳しく、すぐに人が辞めてしまう」といった場合も多くあります。興味をもった案件や業種については、注意したほうがいいです。

もしも転職前、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまう・・

転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると雰囲気がガラリと変わるかもしれません。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらに、残業時間を意図的に増やされることもあるので、うっかり転職のことを口にするのはお勧めしません。そういったトラブルを避けるために、在籍中は、真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を去れます。加えて、何の問題もなく円満退職に至れば、退職後も、相談できるチャンスも手に入るはずです。規模などに関係なく、どういった企業であっても、人との縁は重要なので、転職前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

新たな仕事で過去の能力を最大限に活用できれば、即戦力として仕事を任してもらえ…

転職先であなたの過去の資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として周囲から認識され、早々に職場にも馴染めるし、人を雇おうとしている会社側もそのような人材は常に必要なので、時期さえあえば、そんなに難しいことではありません。しかも、これまでの仕事と似た内容であれば可能性は十分にあります。ですが、それなりに実力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員といったジャンルは、いつの世でも相当な競争率であることは間違いないといえます。

転職時の会社での面接での多数の人が考え違いをしているのです…

転職の際に必須となる採用面接での、勘違いしている人が多いのですが必要以上に猫かぶりをすることです。すると残念なことに逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「給与制度」など、通常はかなり質問しづらいことを勇気を出し尋ねておくと、最終的にあなたのためにもなります。実際には「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると面接で不利になるのではないか」と危惧するかもしれません。けれども、かえってプラスの結果になることは最終的には少なくないようです。こうしたお金・労働環境に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいうものの、面接で緊張していると、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、勇気を出し一歩踏み込めば「こいつは他と違う」と思わせることができます。

-コラム