コラム

仮に転職を目指そうとしても、万事順調に運ぶという確証はありません。

転職を考える場合、全部が首尾よく運ぶというわけではありません。

転職しようとしても万事首尾よくいくワケではありません。もしも転職するのなら、可能なら年齢が若いうちになるべく早く変えてしまった方が良いです。たいていの場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職というのはとても厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、管理職など、要職を担当している場合、転職を考えていても会社に残ることも選択項目に入れておくべきです。退職してから転職活動するよりも、現在の会社には残ったまま慎重に行動したほうが賢明といえます。

求職活動においおいて、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

職を探すのに、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もありますが、そういった場所で登録し、幸運にも就労先が見つかったとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないように注意しておきましょう。一方、ハローワーク経由で斡旋された会社に就業したときは、就職の準備金として一時金が支給されます。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて知らないでいると、失業中にお金がもらえないことになるので注意が必要です。

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに…

ほんの3ヶ月まえに、転職したというのに、少ししか仕事もしてないのに退職届を提出する人が意外とよく見受けられます。たぶん気持ちも新たに、新しい仕事環境に飛び込んだものの、「自分の理想としていたものと違っていた」「会社独自のルールになじめない」ということがワケで別の仕事を探すのだとか。でもこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、とにかく前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、給与体系、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

かつては求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」ま・・

数年前は求人誌に雇用側の希望する「性別」がきちんと書かれていました。ところが今では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用において、男女の差別がないようにしないといけないという決まりになり、求人情報の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そのような変化があったのですが、募集情報を出す企業側は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、実際は男性希望の企業に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、会社側が働き手は女性を必要としている、と捉えておく確実です。

新しい仕事についてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐはすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。はじめの年度はほぼほぼ「研修期間」を含んでいる企業も多数で、自分の事例では、なんとか転職したのに、悲しいことに以前の会社での年収と大方イコールということがありました。それに、仕事内容はとてもキツく、たいへん責任も重大だったために、1年目を乗り越えるのに本当に厳しかったです。そのような経験から転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、状況が許す限りやれるだけ転職前からお金をためておくべき、と思います。

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを利用して自らが新たなチャレンジのでき…

あなたが現在、「転職サイト」を利用して自らのやりたい分野のある働いてみたいと思えるような仕事情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介してもらえる求人情報は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較にならないほどとても質が良いといえます。そればかりでなく、自分に合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想のあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で最初から調べていくことと比べれば、相当に効率的です。ですから使ってみる価値はあります。

転職をするならば、やりがいのある仕事をすることも重要だ…

転職先を決める際、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれに加えて収入のアップも大事なことなので「年収サイト」というところに登録して事前に研究しています。全く一緒の会社でそして全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって大きな違いがあることも複数あって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた者について誰か予想できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

今の自身の仕事や職場に関して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

現在の自らの職場・業務内容について何かしらの不満点があるはずです。「自分のスキル・能力が誠実に評価してくれない」あるいは、「賃金は平行線だし、出世も出来ない」といった不満を挙げる人が少なくありません。けれど、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には自らの能力を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかないことになりかねません。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職活動で良い成果をあげるためにも、実際の自身の能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

全くの初挑戦となる分野などに転職したい時には、自分が前の・・

全くの初挑戦の業種などに転職したいと考えているときには、前の業界で、自分が身についた力やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要です。未経験の分野の場合、その分だけその分野で勤務したことがある方よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている力がそのジャンルでも発揮することができるということをしっかりと伝えれば、勝負になることも十分に考えられるのです。そのような訳で、経験が全然ない業界に挑戦する際には、その業界とこれまでに自分がしてきた職務とのつながりを必ず見付けましょう。

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のせ…

派遣として働いています。労働契約法の関係で不本意にもずっと働いていた勤め先での仕事がもうすぐ終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社から正社員の待遇をつかんだ方もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのごますりが得意な人でそれで採用されたとしか思えません。仕事を遂行するスキルよりもおじさんに媚びる能力の方が大事なんだねーと他の派遣の仲間と派遣先の会社でいつも愚痴っています。

近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。あなたに特許出願の経歴があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を提出したことのある人や、雑誌で紹介されている人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる連絡があった場合は、そうなったキッカケを思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングだと思わせて、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、その手の業者は完全に詐欺ですから相手しないのが賢明です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要などありません。

転職の間は、ついつい時間がある分、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。

再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、だれた生活になりやすいですよね。が、そのような過ごし方を常習化させるのは危険です。人間というのは、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。なので、いつの間にか働く気力がわかず、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。そうしているうちに、負のサイクルができてしまい、次の職場をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

再就職時の面接を受ける時につけていく腕時計ですが、どう見ても目立つ…

再就職する時に行われる面接でつける腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目立つものはつけないほうが悪い印象にはなりません。目立つというのは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではないのです。それとは真逆で安物に見られてしまうとか、そのような目立つという意味であって両極端な意味で目を惹く、ということで認識しておいてください。転職の面接のときにする腕時計についてもネクタイやスーツと同じように考えて、面接に適切なものを選ぶのが悪い印象にはなりません。とはいっても、年齢に適しているということもとても肝心であって、新卒の時に買った腕時計よりはほんのちょっとでも値段が高いものにした方が良いと断言できます。

今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほ・・

近頃、株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、独立、起業等、そういった社会的背景もあり、「起業することは不安定であぶない」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長の時代には、不安の残る自営業よりも雇用されて働くほうがずっと安定性にすぐれており、人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、広く世の中に浸透していました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」という風にも呼ばれます。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載され案件の量も多くなるの…

転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される会社の数も多くなるので、2つか3つ、とりあえずサイト登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、次に条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。しかし、最初に限っては登録するのがそこそこ大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録を行う初日は、多少時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、最初の段階できちんと準備することを、頭に入れておきましょう。

例えば、現職からの転業を決心したなら、徹底して会社の人間に・・

一度あなたが、現職からの転業の決意したのなら、徹底して周囲の人にはその気持ちがばれないように、首尾よく活動を進め、働いている間はできれば社内の人間に気づかれないようにいつもどおり仕事をする方がとても堅実です。その状態をキープしておくと、もし仮に希望に沿った働き先が行き詰ったとしても、転職時期を延ばしつつ、現職にそれまで通りに継続しても何ら問題がありません。でもついうっかり「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はその言葉を受けた態度をします。しかも会社内で「辞めるつもりです」と口にしたら、社内では「あの人はもうじき転職する」と広まります。そうなってから転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、肩身の狭いと感じるリスクがあります。

世の中は変わっていてPCで調べればネット上では、今で・・

世の中は便利になったものでPCを見ればインターネットで見られる世界には要するに転職系のサイトがかなりの数存在しています。その数限りないサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけたいなら、とりあえず情報を収集することが欠かせません。転職サイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

転職のための面接を受けにある会社に訪ねました。

転職のための面接にとある会社に訪ねました。その日に限ってその会社にある部屋が空いていないというわけで会社外で採用担当の人と待ち合わせて面接をし、その場で解散をし、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅最寄駅が同じ。それで電車の中でも面接担当者とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなり、おかけで緊張がほぐれ面接よりお話が弾んで、それが奏功したのか最終的に採用を勝ち取りました。

求人誌を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」という人・・

求人関連の情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人は、製造業を見逃してしまっています。そのような人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と早合点しているこ可能性が高いです。事実、製造業の求人募集でも、人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に関するお仕事もとても多いです。ただ、製造業の大半はビジネス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。しかし、自分のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

転職活動といえば、企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」との…

転職活動で重要なことは希望している企業そのものよりも、採用担当の面接係員との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、第一歩として面接の時間になる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで向かうと問題はありません。とくに面接官はまずはあなたの人となりを判断されるので悪い印象を与える言動は気をつけてぜったいに控えましょう。良識ある社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

-コラム