コラム

転職エージェントに一旦登録すれば、執拗に電話やメールをしてきます。

転職サイト一旦登録すれば、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。

転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが執拗に掛かってきます。これに対して初めて利用された人は結構びっくりする場合が少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが目的とされるので、大変積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることによって企業側からお金が支払われる仕組みであることから、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れると間髪入れずに、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように注意することが大事です。

私は20代で転職を2度経験して、今現在は資格の勉強をしながら、…

これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格をゲットするべく派遣社員になりました。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり給料は安いのですが、しかし、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事をできる人はとても少ないです。また、きちんと資格を活かしている人を見るとうらやましいなと思います。以前までは自分と比べてしまうことが劣等感を感じる日もありました。しかし、結婚し、生活環境も大きく変化し、前よりも将来の目標も決まり、自ずと生活が充実するようになりました。

これはシフト制がある仕事についての話です。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、シフトの出し方や、休む方法の詳細を前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前産休で休む人の助っ人として、正社員として入ったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思うとよくやってこれたなと思います。

人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

友人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。それはいいけれどその場の労働環境、労働時間などの大切な部分を友人知人からの口コミだけをあんまり信用しすぎると後々後悔するかもしれません。どうしてもある特定の人による口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に友人の立場では今よりずっとベターな職場環境だったとしても、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性かもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、最終的には自分の決断を信じるしかありません。

多くの場合大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか…

多くの場合一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事はとても難しいものです。また、地方でとなると転職の見込みがたいへん小さくなります。とはいえ「製造業」に関連する企業であれば、都市部でない地方の工業団地で工場を構えていることが可能性があります。さらに、そういった工場は、事業を拡大する時に「中途採用」をしていることが多々あるので、そういったチャンスを利用して転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての情報をまえもって収集しておきましょう。ホームページにアクセスし、スタッフの募集予定はないか、頻繁に確認しておきましょう。

再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでもO・・

再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズ可とと言われる場合があります。しかし、クールビズで伺うのは社会人として常識に欠けるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズについての迷いを懐に抱いている人に言いたいのが、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接は言われたことを素直に聞き入れるほうが大丈夫です。色々考えてしまい、汗をかく時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手に暑苦しいと思われます。ですから、会社側からクールビズでもOKと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

転職することをスムーズなものにするには、前もって意味のある情報を集めることをしておきましょう。

転職することをスムーズなものにするには、事前の徹底した情報収集が不可欠です。ですからインターネットを見ると例えば中小零細企業であろうともHPに企業の紹介を書いている場合が多いから、ネットを駆使して色々と必要事項をチェックしておくとまたその会社のよくわからない点をチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。また、公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、何よりも希望している職場を自分の目でチェックしてみることも大切です。

新卒で採用された会社で嫌な上司に悩みを抱え、ついに我慢することができなくなってその会社は辞め、…

働いていた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を削られ、耐えることができなくなって退職し、ある他の同業の会社に職を変えました。居心地よく働くことができ非常に満足していましたが、時が経つにつれて会社の業績が悪化して、結局はとある会社に経営統合されることになったのです。そしてその経営統合先の会社がなんと以前いた会社で、それどころかすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。ここまで縁があるとは。当たり前のことですが新しい転職活動を始めています。

再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された場合・・

再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきたら、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのか?と悩んだら、基本的には渡さないもの、と理解しておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事ではなく、就職活動内のことになるので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは違います。それに、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。という事で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなた自身はもらうだけで問題なくて、相手側にあげる責任はないと言えるのです。

いい職場に入りたいと転職希望者のとき、「ちょっとでもはやく…

今と違った会社に入りたいと転職で活動している場合、「ちょっとでもはやく内定が手に入れたい」と思ってしまうものです。しかし、その気持ちが強くて通知が欲しいあまり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、反対に自分を能力を安く見積もったマネはぜったいに避けるべきです。焦る気持ちをこらえて、落ちついてあなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を選択してみましょう。

大好き、を仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きで以前は、飲食の世界で勤務していた時期がありました。そのお店での仕事内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。ですが、職場の人間関係ですごく嫌になりました。ということが原因で、仕事をやめたのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物すら苦手になってしまい、似たような店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことです。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真剣に問いただした上で行動するべきです。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣での仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社で営業を担当している人と就業場所に近いコンビニエンスストアで待ち合わせたら、コンビニの前にいないので店の中にいるのかもしれないと思いお店の中に入ってみたら、彼は大胆にも雑誌売り場の前に座り込んで成人向けのグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな人が担当者だなんてやってられないだと感じ、挨拶することもなく気付かれないように店を出て即座に派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。

職を変えた場合には、だいたいの場合は以前の仕事での記憶は美化されます。

転職すると、高確率で前の会社の仕事でのほとんどの出来事は美化されます。現在の会社に自分に合っていないと感じたから、次の仕事を見つけてやっとのことで退職を決め、再就職すことになったのに、いつしかなぜか転職後の会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と感じます。それというのも普通で、前の職場では仕事を把握していて、今よりもわけなく与えられた業務が淡々とできていたのが、根底にあるはずです。でも、「やっぱり転職なんてしなけりゃよかった」と後悔するほど、過去の職場のほうが仕事に対してのやりがいや職場の雰囲気が良い事もあります。

再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に見合・・

再就職によって職場を一新するということは、自分に見合った職業に就職したいものです。勤務先を変えることによって、あなたにぴったりの仕事にありつくことができるかもしれません。けれども、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、自分の価値をあげれば、「天職」に出会える、ということなのです。近年は、職業選択の自由が普通に常識として認められていて、転職を決断したとしても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。終身雇用制度が死語となりつつある今現在、「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業も多くなっているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

転職時の面接で面接官から「転職理由をお聞かせください」といった形で、ほぼ訊かれます。こういった場合、いかなる訳があったにせよ、前の仕事場での労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた返しは、できれば話すのはやめておきましょう。というのも、そのような不満を口にすると、採用されるチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時には前向きな発言がとても大事で、本当の理由でなくとも、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような売り込みの形が担当者の心証はよくなります。

古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

古来より日本には「石の上にも三年」という教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」はとても身近なものになってきました。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような甘い考え方は禁物です。再就職を検討する際は、適した時期を図る必要があります。ますはじめに、現在の職場、仕事について全般的に、不服を感じる点を5~10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。そうしておくと、再就職を決断することです、そして、おおまかな進路が見いだせたら、迷うことなく、より良い仕事を手に入れるべく努力していきましょう。

これまでの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく…

これまでは職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」に通っていました。というのは、有名な「転職サイト」は、なぜか都心の企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職時は「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載される多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある方もいるはずです。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもし転職について不安がある方は、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。人気の転職サイトのように多くのニュースレターの心配もありません。

仮にあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」におい…

再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にて都会から地方に移住した上で転職したい、と考える方も少なくありません。今のネット社会では転職サイトを使用することで国内のあらゆる場所の求人情報にも手軽に知ることができますが、しかしながら、地方での求人は大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですから、求人サイトを利用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所のサイトもマメに確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

勤め口を探していたころ割と多くの人材紹介会社に登録していました。

自らが求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質においても様々あって大抵はいまいちだと感じる担当者ばかりでした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと熱心にに臨んでほしいという願いが積もり積もってそのことが契機となってキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーの資格の取得はお金がかかりました。また資格取得のための勉強に関してもかなりきつかったのですが、求職中の方から担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるべく努力しています。

転職で、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してほ・・

転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしていただきたいことが数点あります。派遣社員の業務については、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事内容を連想する人がおそらくいるはずです。実は私自身もそう思ってました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「担当してもらう業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。が、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明と大きな食い違いがあるのでかなりきついです。とにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

-コラム