コラム

転職活動を始める場合、始める前に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりし・・

転職を行うとき、前もって、ネット上の求人サイトを見たりし・・

転職をする際は、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりしてその会社のことを調べるはずです。その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。たとえ公開するとしても遠回しな表現に徹します。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、それをすべて信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。美辞麗句を信じて会社に入った場合、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな難癖をつけて退社できないようにしようとします。この手のブラック企業には気を付けましょう。

長い間接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねると共・・

長く接客関係で仕事を続けてきたのですが、加齢のせいか立ってする仕事は体力的にハードで、オフィスワークへの転職を視野に入れて行動しました。事務が未経験となるとけっこう厳しく、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格試験にも合格し個人のクリニックに転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰宅時間が遅くなったのですが、今はキャリアの形成時期と観念して頑張ります。

在職期間中は、可能なかぎり周りの人にバレないよう(ちなみに私のとき…

雇用期間にあるときは、可能なかぎり周囲が気づかないように、(私のときは)在職期間中に「転職するかも」という考えのみ活動初期の段階で同僚に話してみました。とはいうものの、その後求人誌を散々探してみたものの、転職先のあても、仕事を変えるタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないままやみくもに時間だけが過ぎてしまいました。そして一方の会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策に連れ立って日銀の金融政策とあいまって、財界・企業といった民間側からも今までとは異なった社会的な変化が現れ始めています。その影響を受け、企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足がかなり深刻化しています。また最近では、「外国人労働者」の総数を現状よりも増加させていく、つもりでいると安倍政権は語っています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく状況も大きく変わっていくはずです。

もしも転職するのなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。

転職をするなら「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職の際にそれを有効活用できるので、転職できる企業がグッと増えます。なので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがベストな時期といえます。もしあなたが転職を目指しているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りなく仕事を探せます。加えて、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには「即戦力」と見なされ、今までの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

派遣で働いています。ウェブサイトを見ていて条件のよい仕事を…

派遣会社に入っています。ウェブサイト上でなんとなく自分に合っていそうな仕事を見つけ出し応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもうすでに別の人が採用されました」と言われ瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報がなくなってしまうのですが、その翌日にはもう一度載っています。それって結局は私だとダメってことですよね。そういうことであるならば変に隠さない程度で正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。はたまた客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?

近いうちに転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのなら…

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。これはあなたが勤めている所属する会社が雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては会社都合の退職、または残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。このときの、受け取れる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の給料を基準に手当の額を計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

人生で初めて転職をするとき、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのか…

人生で初めて転職をするにあたって、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかを明確にしておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。その後問題改善が見込める企業を選択しましょう。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事をこなしつつ就職活動していくことから、時間と体力が必要になります。ゆえに明確な理由もない状態で転職活動を始めると、途中で挫折してしまうことがあります。何としても転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がないうちは、転職活動のスタートを切ることは待っておいたほうが良いでしょう。

転社を度々しないための対策が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今では、ネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はたくさんあります。さらには、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、言葉も文化も違うので、大きな刺激を得られます。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかし、退職してすぐは、精神面が弱くなっているので、気力回復のために休みも必要です。

楽しく転職活動と向き合っていけば、メンタル面での重荷も少ないの・・

楽しみを見出しながら転職と向き合っていけば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間に堕落はしないですみます。メンタル部分が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。理想とするのは、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の会社に勤めながら、次を見付ける形がベストだと思います。休職期間をなくすことで、今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。こうすることで、働いていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、転職活動を考えてみてください。

安定した暮らしを手に入れるために正規の雇用社員になりたいと考えている人は…

より安定した生活基盤を求めるべく正規の雇用社員になりたいと思っている人は多数だと思います。けれど、相当に頑張っているのに正社員として雇用されることがうまくいかないこともあるでしょう。非正社員の求人情報はたくさんあるのに正社員の求人に執着し、時間を空費している人が多いといいます。仮に、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員募集の企業のなかには、その人の頑張りにより、2,3年で正規雇用へのキャリアアップが図れることもあるからです。面接時に「正社員登用」の機会の有無を尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。

転職期間中は、自分の好きなことに打ち込むほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ…

転職先を探している間は、自身の趣味に没頭したり、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。勤め口が見つかり、仕事を再開した際に、趣味に没頭してたことによっていつの間にか集中する力が身に付きます。また体力アップしているために、他の社員と比較するとスタミナがあるということを自覚します。そのため、退職して次の仕事を始めるまでは趣味に打ち込むことと、体力アップを図ることをしておいて損はありません。また、その職場にてあなたと共通の趣味の人と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動を行うとき、様々な手段で情報を収集することが多いと思います…

転職を始める際、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の報復でそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、別の見方をすると、ウソの書き込みなら、会社としては気にする必要はないはずです。とはいっても、現実は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、なんとか火消ししたい」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない口コミが多いというのは、その分、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると考えてもいいと思います。人もそうですが、いい会社には煙も立ちません。

再就職をする時に閲覧することになる募集要項に関しては・・

転職を考えている時に注意を向ける募集事項の情報というのは、基準的なものとして、アバウトに記載されている、という確率があります。そのため、そこに記載されていることは全部間違いのないものだと思うのはやめておいたほうが好ましいでしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、平均なのか?最低額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という判断ができない時が多く、適当な判断で理解したつもりでいると、今後、後悔することになる事いなるかもしれません。それゆえに、嫌な思いをしないために、募集内容の情報というのは、目安だと思って、そういったとても大切な事は会社の方に直接連絡を取るのがよろしいです。

求人関連の情報では、大部分の場合は月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人情報にはほとんどの場合、普通の株式会社では月収が記載されているはずです。だけれどもこの部分を頭に入れる際は、注意深く確認する事が必要です。その額の多い少ないだけを見て判断しないほうが無難です。実はもしかすると、月収の金額の中に月15時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代を含めて魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている企業もあったります。そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

再就職の面接で絶対といっていいほど尋ねられることが会社を退職…

再就職時の面接でほぼ確実に問いかけられるのが前に働いていた会社を退職した経緯についてですが、この質問になった場合には話題を退職した会社のことにしない方が好ましいです。前職を退職した理由が話の中心になるとどうしても良くない面を取り込んだ内容になってしまいますから。ポイントとしては、なぜ前の職場を辞めたかという点をこちらの会社にぜひとも入りたいという考えがあったからといった感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて面接に来た方の会社へ話を向けていくといいでしょう。転職理由でも、そういう話ならば、マイナス面を隠し良い面を押し出した以前の会社を辞めた理由に聞こえます。

失業者が受け取れる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要です・・

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、延々と給付されるわけではありません。それまでに働いていた期間に応じて3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで就業先を探しても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。運が悪ければ、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

転職に先立ち現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです・・

転職を目前にしているなら、現在勤務している会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、あなたの側から退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職においては失業保険を即、受け取ることができません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因となりハローワークの担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてからすぐさま失業保険が給付されます。

派遣会社を通して働く人が最近では増加する傾向にあります。

派遣という形で働く人が最近では増える傾向にあります。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちの何割があなたに入るのかをなるべく面接のときに確認しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、悪い業者では、労働者に2割しか還元しなかった、という場合もあるのです。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できる限り別の派遣業者で登録されることをオススメします。

新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職しました。会社を退職したときは、かなり不安な日々もありました。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動を通して知り、いつの間にか気持ちは楽になりました。また1度、転職を経験したことによって不思議と精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を再確認できて楽しくなりました。いまだ「続けてこそ意味がある」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の人生においては転職をやって良かったと思っています。

-コラム