コラム

転職をしようとする場合、必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書についてですが・・

転職をしようとする際に準備しなくてはいけない履歴書においては…

転職をする場合絶対に準備しないといけない履歴書や職務経歴書などについてですが、たいてい、パソコンで作成するというのが一般的です。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで作成するというのが当然だと思われることもよくありますが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトについてであって、実は、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書を評価する時もあるようですが、違う場合がどんどん増加していていますので、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でもよろしいケースは大量にあるのです。

転職をする場合、転職後の年収を気にしすぎる人がそこそ・・

転職をする場合、転職先での自分の給料について気にする人がわりと多くいます。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として得るべく精を出すはず。年収がどれだけかは自身の価値を測る指標という面もありますからとうぜん大切なことは無理もありません。とはいえ、ひどく年収の額に気にかけすぎる人生というのも寂しい気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。

クールビズ(軽装)で転職の面接に臨む際には、さすがにジャケットまでは…

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは着ていかなくても大丈夫だとはっきりと言い切れますが、ネクタイだけは着用しておいたほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。タイなしで大丈夫だと認めている企業もあるとは思いますが、ネクタイにおいてはクールビズであろうと身だしなみとしてするべきだと考えているところがある程度存在するわけです。そんな訳で、例えクールビズの恰好ではネクタイだけはしていく方が良いというのは分かっておいてほしいです。

「就職エージェント」の大手になると、多くの案件を抱えてい・・

大きな転職エージェントほど、様々な案件を持っているという強みがありますが、その反面、転職を希望するライバルも大勢いる可能性が高いです。気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフの側が不可能だと判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいると、その人を優先することも考えられます。大手転職エージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱いとても難しいので、方針を変えて中小規模のエージェントに応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか相談すると自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

先週仕事を探すために人材会社に登録に行きました。

転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングを行いに出てきた担当者が見たところ入社間もない新入社員のようで、私の説明の2分の1も彼はわかってはいない模様だったのです。それでいて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが大切でしょう」とか、一丁前の話を横柄に言うから大変不愉快でした。カウンセラーはそこそこ能力のある方に、してほしいと感じます。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。

転職活動を行う場合、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。大半の企業は、履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを判断材料にして面接するかどうかを決めるため、なによりもこの書類が重要アイテムです。単に記入するだけでなく、記載内容を充実させることも大切です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などかなり具体的に書いていきます。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのために利用することも満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。

転職活動する場合、準備は欠かせません。

転職活動を進めるには、それなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見えるファッションは気になりますよね。しかし、ここ数年の、企業面接については私服がOKな企業も多いので、きっちりビジネススーツを着て赴く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服であれば面接の間に、洋服の事で話題が広がることがありますから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

転職活動をする上での最後に残る壁として、今の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、今いる会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくある話です。そういったケースでは、何としても退職する、という強固な意思を保つことが大切です。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権のある上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とはっきり伝えます。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色に関しては・・

仕事の面接で必要なビジネススーツのカラーにおいては、新卒の学生が就職活動の際にに準じている色合いが基本的です。言い換えるならば、紺系や黒系といったダークな色になります。それは転職の場面であっても、着用していくビジネススーツのカラーはこういった色が多数派になっており、それ以外の色の転職者は少ないです。他のカラーで言えば、ごくたまにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。ほぼ黒や紺が圧倒的に多いので、人事側からしても黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく感じるので、見た目の印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。

転職活動をしていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

転職活動を行っていると絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのはよくありません。収入面の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そのあと、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、その希望が叶うのは御社しかありません、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。けれども、忙しく仕事を続けながら求人情報を探し応募したり、面接に行くのは心身ともに苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておく必要があります。

生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると思っている…

生涯初の失業保険をもらう際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人がたいへん多いですが、それは誤解です。実は、失業保険をもらうためには、仕事探しを続けていることが必要で、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。これに対し、きちんと就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、アッサリと給付を一時的に止められたり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、十分注意しましょう。

そろそろ転職をするのなら、今いる仕事・業務の何に不満を感じているのかを…

今からでも転職をするのなら、今いる業務の何に不満を感じているのかを明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと気に入らない点があるから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと現在ある職場や仕事の不満なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐことが可能なはずです。

転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動すること自体、一般化してきました。とはいっても、その上に転職フェアに参加することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、そこに足を運べばいろんな企業について知ることができますし、それに加え、その場で説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行く心構えで準備することを怠らないようにしましょう。それによってフェアに参加している間に、企業側の担当者に気に入られれば、後日実際の面接時に非常に有利となるからです。

このようにここ数年の会社や企業の雇用形態が大きく変わったこ…

このように現代の企業の雇用に対する考え方が変化したことについて、社会人の中で若者の世代は鋭く感じ取って、十中八九先行きを見据えようとしているのでしょう。ですから、労働者やサラリーマンの労働力の流動化が進行しているようで、さらに後々若い世代の転職への関心が強まっていくでしょう。「流動化」によって転職は当たり前となりつつあります。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「会社を辞めて転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。けれども、時代の変化もあり、今現在の会社に執着する意味も必要性も段々と薄れてきています。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

転職活動しているとき、良いと思う求人(OR 業種)があれば、…

転職活動をしているなら、気になった求人(業界)を見つけた際には必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス要素について、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を活用することでいとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そうした面を知らずに入社してしまうと、あとになって入ったことを後悔してしまうかもしれません。その求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、スタッフの出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、気になる案件・業種については、注意したほうがいいです。

転職することを、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしま・・

もし再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の空気が悪くなる可能性があります。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。時には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、転職を口に出すのはお勧めしません。上記のような状態を避けるために、現在の職場では、真面目を装いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を辞められます。さらには、円満退職となったなら、辞めた会社にあなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるかもしれません。業界や規模に関係なく、どういった会社であっても、人との縁はとても大事なので、辞める時のトラブルは、できるだけ控えましょう。

新しく就いた仕事でこれまでの資格やキャリアをフル活用できれば…

転職した会社で過去の実力を発揮できれば、即戦力として迎えられ、早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している会社としても、即戦力となる人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職は容易だといえます。それに加えて過去の業務内容と似たような業種であれば、転職は非常に容易になります。ですが、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手企業の事務職、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代や景気に関係なく中々の難関であることは間違いないでしょう。

転職時の会社の面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいとあからさまな…

転職の際に欠かせない面接で多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり過度に猫かぶりしていると、予想に反して逆効果になります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「ボーナス」など、普通であればかなり聞きづらいことも勇気を出し訊いておいた方が、結果的に間違いなく自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に悪い結果になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。ところが、意外とマイナスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いといいます。この手の「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実際には、多くの人が気になっています。ですが、面接応募者の多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかしながら、ほんの少し勇気を出して質問することで「ほかの人とは違うな」ということで面接官に印象づけられるのです。

-コラム