コラム

再就職しようとしても万事順調に運ぶ確証はありません。

転職するにも万事順調にいくというわけではありません。

転職しようとしても全てが順調にいくという確証はありません。できれば支障がないなら状況が許す限り早いうちに行動に移すほうが良いでしょう。たいていの場合、20代の若いあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職活動は、かなり厳しいものと考えておくべきです。此の様な場合は転職を考えていても思いとどまることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。要するに、退社してから転職活動を行うよりも、現在の仕事は続けながら慎重に行動したほうが後悔することもありません。

新しい職を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

仕事を探すのに、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手もありますが、たとえそのような業者に登録した結果仕事に就くことができたとしても、失業保険を受け取ることはできないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付されないので注意する必要があります。なお、ハローワーク経由で斡旋してもらい、就職できたのなら、就職のための準備金として、一時金を得ることができます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。無視していると、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないの・・

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職を決意してしまう人がわりと多いといいます。何故かと思うと私の考えをいうと気持ちも新たに、良い仕事を手に入れたものの、「自分の想像していた職場と大きくギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」というワケで退職を決意することが珍しくないといいます。でもこのような、転職に関しての失敗を避けるためにははやり事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、通勤時間、などあれこれチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

以前は求人誌に募集要項の中に「性別」まで、ハッキリと記載されていました。

かつては求人誌に求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。しかし現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女の求人・採用差別をしてはいけない事が決まり、募集要項の中身に「性別」が無記載となりました。でも、求人を出す側としては、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。そのため、実は男手が希望のジャンルに募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、といった問題も無関係ではありません。例えば、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、女性の働き手を希望しているのだと捉えておいたほうが良いといえます。

転職する企業で、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、はじめの年はおおむね「試用期間」が含まれていることも少なくありません。自身の例では、やっと手にした職場だったものの、悲しいかな以前いた会社での年収とほぼ同じ額で変わりませんでした。しかも仕事内容もきつく、とても責任が伴うものだったので、二年目を迎えるまでひどく厳しかったです。そのような経緯から転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職する前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

あなたが現在、「転職サイト」で自分がストレスなく働・・

あなたがもし転職サイトを利用して自らにぴったりの働いてみたいと思えるような企業を探しているのなら、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる求人は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質が良いといえます。また、あなたの希望にふさわしいものを調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望通りの紹介してもらえたりします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自分で手当たり次第に調べるのと比べればかなり効率的です。そのうえたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

転職先を考えるにあたって、もちろん仕事のやりがいアップも重要だけ・・

転職を行うなら、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけど給料が上がることも大切なことなので「年収比較サイト」というところに登録していろいろと研究をしています。同一の会社で加えて同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく違いがある場合も多数あり、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間も予想がついてるんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

今現在の職場や業務内容について大半の人は不満を感じていると思います。

現在の自らの職場や仕事の中身について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の能力(スキル)を真面目に評価してくれない」あるいは、「賃金アップも、将来昇進する見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。でも、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、自分自身の力量を実際よりも過大評価していることが少なくありません。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職するまでに長い時間がかかるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。再就職で良い結果を出すためにも、実際の自分のキャパシティを把握することが大切です。

経験のない分野などに転業するときには、自分が以前の会・・

全くの未経験である分野などに転職するときには、前の職で、自分が身に付けた能力や今まで経験したことを発揮できるといった内容の自己アピールがいるようになります。初めて挑む人はその分その業界で勤務したことがある方よりも正直、不利な状態になりますけど、自分が保持している能力がその業種でも十分に生きるということを相手に話すことができれば、戦うことができることもあります。それゆえに、経験したことがない分野に挑む際には、その業界と自分がこれまでやってきた仕事とのかかわりを徹底的に探しましょう。

派遣で就業しています。労働契約法のせいで残念ですがずっと働いて・・

派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみで残念ながら長く勤務してきた就業先でのお仕事を終了しなければなりません。同じく派遣で働いている人の中には派遣の勤務先から直接雇用の位置をつかんだ方もいるのですが正直なところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのごますりがうまい方で引き立てがあった模様。業務処理能力よりもおじさんを転がすスキルが大事なんじゃないのと派遣仲間達と派遣先の職場で愚痴を言う毎日です。

最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。あなたに特許を取った経験があるなら、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を出した経験がある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンディングのような連絡をもらったのなら、そのような心当たりを考えましょう。まれにヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする業者もありますが、そのような会社はむろんサギであるので相手しないのが正解です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないの・・

転職の間は、どうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そういった生活を習慣にするのはキケンです。それは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、経済的に困る未来がやってきます。そうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の職場が決められません。転職先を決められないのは、お金を一番に考えるためです。給料を最優先に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラケタ生活は、意識して避けるようにしてください。

転職の面接でつける腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹く…

転職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計のことなのですが、明らかに目を惹くようなタイプの時計は着用をやめた方が悪い印象にはなりません。この目立つという意味はブランド物の腕時計であるとか、といった意味合いだけではなく反対にチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった意味であって正反対の意味で目立つのだと認識しておいてください。転職の面接のときにする腕時計に関してもポジションとしてはネクタイやスーツと一緒で、ビジネスの場にふさわしい堅実なものをしたほうが賢明だと言えます。しかし、歳にあっている腕時計ということもとても大切なことで、新卒の頃に準備したものよりはわずかであっても値段が高いものにした方が好印象であるということははっきりといえます。

現在では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだ・・

近頃、株・不動産投資などといった不労所得のほかに自営業や起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「自営業は安定しない」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、個人事業という生き方よりも組織の一員のほうが堅実でした。人生の花形として、一般の人々に認識されてはいました。そんな時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

転職サイトは有名なサイトであるほど多くの転職情報が掲載されているため…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載数も豊富なため、だいたい2~3社ほどウェブ登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、加えて自動で案件の通知が入るようにすると、転職活動がスムーズに行えます。ただ、最初だけは登録するのに少々手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録初日は少し時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後のことを考えれば、初回の準備を怠らないことを頭に入れておきましょう。

万一あなたが、転業の決めたのであれば、徹底的に周囲の人間に・・

仮に、とらばーゆを決意したなら、徹底して周囲の人にはこっそりとその意思を悟られないように、うまく活動を進めていき、転身先が決定していないのなら、徹底的に周りの人間に気づかれないように平常通りに振舞うのがたいへん合理的です。現職中、その状態を保っておくと、もし希望に沿った働き先が容易に見つからなくても、転身の予定を見送って現在の仕事をそのまま続けてもできます。でも口にしてしまったら社内は、それに合わせて応対します。そのうえ周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あいつは退職する人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じるリスクがあります。

近頃パソコンを使えばわかるけどインターネット上には、…

この頃はPCを使えばネットで見られる世界には今では転職に関連するサイトがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?その相当な数のサイトから自身の目的にあった転職先というのを探すためにも、なんといっても情報を集めることが欠かせません。このような「転職サイト」をしっかり活用することで、効率的に転職先探しができます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

転職の面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。

転職の面接に希望先の会社へ伺いました。会社にある会議室が空いていないというわけで外の会場で面接官と待ち合わせをして採用面接をし、その場で解散ということになり、面接をした方もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、驚くことに自宅からの最寄駅が一緒。そのため電車の中においても面接担当者と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになり、そのためお互いリラックスして面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのか何事もなく採用を獲得することができました。

求人誌を見る場合、例えば、事務系の仕事がしたいからと・・

求人誌をチェックする際、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業を見ようとしないものですが、そんな人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしていたりします。実際に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集から、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる部署も結構な数あります。製造業の仕事場はオフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。そうであったとしても、自身のこだわりを捨てることによって仕事の選択肢が拡がるはずです。

転職活動では、希望する企業そのもの、というよりも採用担当の面接官と…

転職のための活動は企業そのものというより、採用担当の面接係員との勝負と言ったほうが正しい気がします。希望する職種に採用してもらえるように、第一歩として面接が始まるときに平常心で対応することを心がけましょう。例えれば女性とお見合いをするような意識で望むのも大事でしょう。また面接によって第一にあなたの内面的な素質を見られるので悪い評価になるような行動は気をつけて控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて身だしなみや服装を整えながら、あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

-コラム