コラム

転職をするとき、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したり…

転職する場合は、最初に、求人票やパンフレット、WEBサイトなど…

転職活動を始めるとき、予め、求人票やパンフレット、WEBサイトなどで関心のある会社を調査するはずです。当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような社員の声や社長のインタビューについては、そのまま信じるよりも、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして入社した場合、「話が全く違う」と後悔することになりかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、そのあとは、あれこれと理由をつけて辞めさせないように仕向けてきます。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

ずっと接客業で仕事をしてきましたが、年のせいか立ったまま行う仕…

ずっと接客業で働いていたのですが、加齢とともに立ち続ける仕事は体力的にきついため、事務の仕事への転職を視野に入れて行動しました。事務の経験がないとわりと難しくて、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと資格試験にも合格し個人の病院に転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時より帰りも遅いわけですが、今はキャリア形成をするんだと観念して頑張ります。

在職中は可能ならば、周りの人間に悟られないよう、(私の例です・・

雇用期間中なら、できるだけ周りの人間にバレないよう(自身の転職活動では)雇用中に転社したいという考えだけを早期に会社内で言ってみたことがあります。けれども、その顎、転職情報をあれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に就職のあても仕事を変えるタイミングも無鉄砲に決まらないまま、知らぬ間に時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。今の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が次々と打ち出されています。経済政策共々金融政策との相乗効果によって、財界や企業間においても新時代となる社会的な変化が増えつつあります。その変化を受け、民間企業では、若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足がとても大きな社会問題となっています。将来的に「外国人労働者」の割合を今よりも増やしていく、つもりでいると安倍政権は語っています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実です。

将来、転職をするつもりなら、先に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

転職をするなら「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくのがお勧めです。転職活動の際にそれを生かせるので、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。そんなわけで、在任期間中での資格取得が良いといえます。もしあなたが未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。また、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で担当者に戦力になると判断してもらえ、待遇が良くなる可能性が高くなります。

このところ私は派遣会社に登録しています。

派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトを見ていて自分に合っていそうな仕事を探して問い合わせをしてみると「そのお仕事はもうすでに他の人が採用されました」と断られて瞬間的にウェブサイトの中からお仕事情報が消えるのですが、次の日には情報が閲覧可能になっています。ということは結局私だとダメだということですよね。それであれば初めからカドが立たないくらいではっきりと言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それともまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?

転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが勤めている会社がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐに貰える可能性もあります。さらに「失業手当」の額は、最後に働いた月の給料をもとに計算されるので、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

人生初の転職をする場合、注意すべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて…

生まれてはじめて転職を行う際、注意すべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかを頭の中で整理しておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。その後現在の問題を解消してくれる会社を決定するのです。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、今の仕事を勤めながら転職活動を続けていく必要があるため、時間・体力に余裕がないと難航します。理由がはっきりしないまま転職活動をしてしまうと、途中で挫折してしまうことがあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」といった強固な意志がない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。

転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を度々しないためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在は、ネットを使って精神面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そして、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を鍛えることができます。たとえば「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休業期間も必要です。

期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合うこと…

将来に目を向け、楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合っていけば、メンタルに負担を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられます。精神的な部分が健やかな状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。一番のおすすめは、やはり、休職によるブランクをつくらず転職先を見つけることが大事です。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける形がベストだと思います。そのうえ、ブランクをなくせば直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすることで、職歴の空白期間をなくせるため、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

より安定した生活基盤を求めて正規の社員を目指している人は…

安定した人生を送りたいと正規社員を目指す人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。だが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員としての転身が難しいこともあるでしょう。非正社員の求人情報は充実しているのに、正社員の求人募集以外には目もくれず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。仮にあなたが、正規雇用での転職が厳しいのなら、準社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、働き手の実力により、数年で正規雇用へのキャリアアップが図れることもあるからです。面接を受ける際に、こうした可能性を質問しておけば、将来設計が立ちやすいはずです。

転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしておくと…

転職期間では、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れるとベストです。転職先が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたことによって無意識のうちに集中する力が高められます。加えて、体力アップが図れていることで、一緒に働く人たちと比べると疲れにくい身体になっているということを認識します。というワケで、退職して転社先が決まるまでは自分の趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。今後、職場で同じ趣味を持った人と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職活動をするとき、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが…

転職活動をするにあたっては、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みであればやられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。でも、現実は『クロ』で「このままではいけないと考え、火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルが発生するリスクが高い地雷企業であると判断して問題ないでしょう。そもそも、本当にいい会社であればトラブルは起こりませんから。

転職をする際に閲覧する求人内容に関しては、目安と・・

職を変えようとしようとしている時に目を光らせる募集事項については、目安として、アバウトに載っている、という確率も少なくはありません。そのため、そこに記載されている内容は全部間違いのないものだと安易に信頼するのはやめておいたほうがよろしいかと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面においては、社員を平均した額なのか?最低保証の金額であるのか?最高の給料であるのか?というような評価ができない場合が多く、自分勝手に理解したつもりでいると、後からそのことを悔いる確率もあります。そういった訳で、そんな風にならないためにも、求人内容に関しては、参考程度に考えて、そういったたいへん大切な事は会社に直に問い合わせた方が妥当です。

求人についての広告には、ほとんどの場合、多くの株式会社で・・

求人情報には多くの職場では月の給料が明記されています。だけれどもこの部分を見る際は、深く確認する事が欠かせないです。その多い少ないだけで判断してはいけません。というのは会社によっては、月収の額のなかに「毎月30時間分の残業」が含まれているかもしれません。何があるかというと残業代を含めて計算することで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。ですから、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職で面接でほぼ100%質問されるのが前に働いていた会社を退職した…

再就職をする時に面接でだいたい聞きだされることが辞職したのかという話ですが、この質問に回答する場合には前職を話の中心にしないほうが無難です。退職した経緯を的にしてしまうと言うまでもなくマイナス面を伴った面接に進んでしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を退職したかという点をこちらの会社にどうしても入りたかった理由があるという話の中身にすべきということで、今、自分が面接している会社の方に話を向けていくべきなのです。面接を行っている会社の話であればマイナスではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた理由に変えることが可能です。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業している間もらえるが…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、給付される期間について規定があります。それまで働いていた期間によってかわり、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦って就職先を見つけようとしても好条件のところを見つけるのは難しいです。会社の面接官もバカでは無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、面接担当者からそのような質問を食らう可能性もあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて困難になります。

転職するにあたって、失業保険をもらうための手続きをしなければいけません・・

転職する際、現在働いている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の希望により退職願を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因でハローワークのスタッフと口論していたのを以前見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けてすぐ失業保険が給付となります。

直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が規制緩和以・・

派遣会社を利用して働く人がだんだんと増加する傾向にあります。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどれだけが自分の報酬になるのかを極力面接のときに質問しましょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらしないところも多く、悪い派遣業者では、3割しか支払われていなかったということも少なくありません。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、なるべく異なる派遣会社を利用されることをおすすめします。

新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職すると決めました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。実際にやめる前後は、非常に悩みました。でも、会社をわずか数年で辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で知り、無意識のうちに不安な気持ちが無くなりました。なにより転職をしたことで徐々に肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を見つけることが前向きに過ごせるようになりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。

-コラム