コラム

転職の際に用意する必要がある履歴書や職務経歴書は、たいて…

転職の時に必ず準備する履歴書についてですが、原則的…

転職をする際に絶対に準備する必要のある履歴書は、だいたいはパソコンで作成するというのが多いです。今の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず手書きで作成するのが常識だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実際には、転職をする時においては絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。手書きの方を良しとする場合もありますけど、違うところがずっと多くなってきていますから、パソコンで作成した履歴書や職務経歴書でも良い会社は意外にも多いのです。

転職というものについて考えた場合、転職先となる職場における…

転職を考える際、転職先となる職場における給与について気にしすぎる人が意外と多くいるでしょう。とうぜんほとんどの方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料としてもらうために仕事しているのだとは思います。したがって自分がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので当然大切なものとして扱うのは当然ともいえます。しかしながら、必要である以上に年収の額にとらわれすぎてしまう人生というのも悲しい気がします。年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

クールビズの服装で転職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやは・・

クールビズの格好で再就職の面接にチャレンジするときには、ジャケットはさすがに着込んでいく必要はないとわかるのですが、ネクタイに関してはつけて行った方がイメージが悪くなりません。タイの着用はなくても大丈夫だと思っている会社も存在することはあると思います。ですが、ネクタイは例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつける必要があると決めている会社が存在します。ですから、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイは必ず着用していった方がベストだということは認識しておいてください。

「就職エージェント」大手の場合、多くの案件を持って・・

転職エージェントは大手であるほど、豊富な案件を抱えているというメリットがあるといえますが、反面、転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。それゆえ応募希望の会社があっても、転職エージェント側が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。つまり大手エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い案外応募できないので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

先週仕事を探すために人材紹介会社に登録に行きました。登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1もわかっていない様子。さらに悪いことに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みを知る必要性があります」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄に話すからとてもイライラしました。カウンセリングを担当させるのはいくらか社会人の経験がある人にするべきです。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。企業のほぼすべては履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大切です。ただ記入しさえすればいいというわけではなく、内容の充実を図ることも大事です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出します。さらに、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成功させるための有益な方法です。

転職活動では、相応の準備が必要です。

再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備が必要となります。特に「服装」を誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、最近の企業面接については私服で良い会社もあるため、ビジネススーツで臨まなくても良い場合があります。会社の創立して間もない企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。そして私服なら、面接の際に、服装について、話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、これから転職するのなら、気になる企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動の最後の難関として、現在勤務している会社の退職があります。

転職活動の最後の難問として、今の仕事を辞めることがあげられます。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在勤務中の企業が退職を慰留するというのも起こりがちなことです。そういったケースでは、負けることなく退職する、という強い意思を保つことが大事でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とハッキリと伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動には必要です。

転職の時の面接で必要となるスーツのカラーは、新卒の学生が就職活動…

仕事の面接でいるスーツの色味については、新卒の学生が就職活動の際にに準じている色味が基本的です。つまり、黒系や紺系などのような暗い色合い、ということになります。転職の面接でも、着用するビジネススーツの色はこういったようなダークカラーが大多数を占めていて、黒色や紺色以外の色の人はほぼ見かけることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、たいていの場合は紺系や黒系のビジネススーツを着ている人が大多数なので、人事の方から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前であるかのように感じます。ですから、身だしなみ、という観点においてはおすすめしたいのです。

転職活動をやっていると、面接時に例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接時に高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由は、多くの人が現職の不満かと思います。給与に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、「御社に入ってから〇〇したいです」、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選択しました、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。ただ、仕事をしながら求人情報をチェックして応募したり、面接に行くのは時間調整も含めてハードです。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの信用を失いますし、直接応募していたとしても、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。

生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人が…

はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても受け取れると思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。実のところ、もらうためには、職探しを続けている必要があり、さらに、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真面目に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。その真逆に、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談欠席したときは、決まりとして給付が見送られたり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために充分に気をつけてください。

これから転職活動を予定しているのなら、今いる職場や仕・・

明日からでも転職やることに当たっては、直近の業務や業務の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が良いです。当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らない点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「現状である業務や業務の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが可能なはずです。

転職サイトや転職エージェントなどを利用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動される人は多くなってきました。ですが、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加したのなら多くの企業の情報が得られ、それにとどまらず、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。もしも、転職フェアに行くときには、1次面接を受けるつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それが功を奏してフェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、後に本格的な面接時にとても有利となるはずです。

このように今現在の企業の労働環境の目まぐるしい変移・・

ここ数年の会社や企業の労働環境の激しい変移をにおいて、若い世代は敏感に感じ取って転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンなどの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、一層、今後、若年層以外の層にも転職の関心が高まると考えられます。労働力の「流動化」の影響で転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思ったようにいかないケースもたくさんありました。しかしながら、時代も変わり今現在の会社のみに執着する必要も減少しているように感じられます。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接において、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収より多く言って、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

将来転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは業…

転職活動しているとき、良いと思う求人(OR 業種)を見つけた際には絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や転職エージェントでは、業界のマイナスにあたる箇所は、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索ですぐにおおまかな実態を理解できます。そのような実態を理解しないまま、会社に入ると、のちに入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースが多くを占めるため、興味をもった案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。

転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう・・

もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、雰囲気が悪くなる可能性があります。人間関係によって、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。酷い場合には、超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そのような状態を避けるために、今の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、気持ちよく仕事を辞められるはずです。さらに、円満に退職できたなら、転職後にも、何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業種に関係なく、どういった会社であっても、人との縁はとても大事なので、辞める時のトラブルには警戒しておきたいものです。

新たな勤め先でこれまでに培ってきた能力を最大限に活用できれば、…

再就職した会社でそれまでに身に付けたスキルが生かせれば、即戦力として周囲から扱われ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり雇用した側としてもそのような能力がある人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えて過去の仕事と似ている仕事内容なら転職自体は簡単にいくはずです。しかし、まずまずの能力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員系は昔と変わらず相当な競争率であることは間違いないでしょう。

転職の際に必須となる採用面接では、多数の人が考え違いをしているのです…

転職候補となる会社での面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると残念なことに逆効果です。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「残業」などの、多数の人がかなり質問しづらいことを勇気を持って訊いておくと、結果的に絶対に自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、質問をすることで面接結果に響くのではないか」と危惧するかもしれません。しかしながら、意外なことに、プラスの結果になる可能性が高いのです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたいと思っています。ついつい不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。なので、あなたがあえて尋ねておくことで「こいつは他と違う」と面接官に印象づけられるのです。

-コラム