コラム

とある古物商にて、書類選考をクリアしました。すぐに相手方から面接日時を告げられました。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。そ…

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。2、3日して先方から面接日時を告げられました。けれど、当日行ってみると行き違いがあったのか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、終始けだるい表情を見せ、かろうじて面接が終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、気になったので、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、仕方がないので再度問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れて言葉を失いましたが、採用されなくて良かったと思っています。

転職活動時に特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、…

転職活動をするときに気を付けるすべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合が非常に多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので最初から給料形態に残業代を入れておく、といったものになります。(合法です)例えば『みなし残業代35時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料です」という求人になるわけです。が、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』という言葉自体がない可能性もあるので気をつけておきましょう。

会社で何かあって精神的なダメージがあり、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には・・

働くことによって精神的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況となったなら、そのときは、相談するのは職場の人でなく家族と話し合い、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。仕事をするのは自身のことでもありますが、同時に家族の問題でもあります。どれだけ高給をとっていても精神的にボロボロになるほど働くことは、好ましいはずがありません。現在の社会では、経済的なことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方が尊重される社会です。ですから、あなた自身の家族や、あなたの心と体をいたわりましょう。

失業保険の給付は、仕事を見つけようとしていることが条件になります。

失業保険の給付について、職を探していることが条件になります。だとしても、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でものんびりしたい」と思うのが現実でしょう。というワケで、心から次の仕事を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は不可避ですが、そこで、求人票の閲覧は必ずやっておきましょうまじめに探したくないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が見つけられませんでした」と話して、次の機会まで待つという方法もあります。

昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは働く者としてどうして…

その昔は看護婦と言った看護師というのはどうしても女性のすごく多い職です。厳しいことに気力それに体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。そのため、職場での人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職希望者が多いのが現状です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足になっているのです。最近は特に、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、さらに転職に拍車を掛ける状態に拍車を掛けています。

転職しようと思っているなら多様な企業の採用情報を定期的に調べてお…

転業を予定しているのなら、まめに多種多様な企業を日常的に調べたり比較したりしておくと転業先を大いに選びやすくなります。あなたが今現在の仕事に満足感がないケースでは、転職活動を開始したとき、どの会社もいいように見えてしまいます。そんな状況に陥ってしまうと、どの会社に決めればよいのか判断できなくなり、選択をしくじりかねません。すると、最終的にはあっという間に退職してしまうおそれもあるので、見る力を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い会社は、取引先を公開していますし、反対にそうではない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、覚えておきましょう。さらに、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

転職の活動中はとにかく、まず何よりも自分の心が急がな・・

転職活動中はとにかく、まず必ず自分自身の内心が静かであるということを大切にしましょう。在職中に転職をするための活動を行う場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職の後にする際は、内心が焦燥感が出るものです。であるので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致してるか、冷静になって見極めることが重要なのです。しっかり考えることで満足いく転職が実現します。

今ある自分のスキルを活かして転職を検討しているな・・

今あるスキルをふまえて転職を検討する場合は、再就職し易い業界とそうではない業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職がカンタンといわれる業種は、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士の資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、何かしらの理由によって他の業界に転職しようと思う場合は、注意が必要です。他の業界では流動性は決して高くはないのです。したがって、簡単に考えない事が必要です。再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業であれ…

転職時の面接では、中堅企業クラスの場合、おおよそ「人事」が面接官となりますが、それ以外の場合もあります。例を挙げるとしたら、これからともに仕事をする作業部署の責任者、言い換えれば役職クラスである部長や課長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。また事務・営業といったジャンルでは、資格などで判断がしづらいので、自信をもって自分自身をアピールしていくようにするべきです。面接担当者たちから「この人はしっかり自己主張するし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

再就職をする場合、かなり重要となるのが間違いなく「面接」です。

再就職する際、重要なのがまぎれもなく「面接」である。普通の面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職の動機などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして必ず、面接終了の直前に面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官から、「何か弊社について聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後々後悔しないように面接を受ける前に面接官からの問いに対する、聞きたいことを考えておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

今後の社会では着々とシンプルな作業は機械に入れ替・・

将来、私たちの労働環境においてより一層簡単な労働は機械に変換されてそれによってそういう仕事をする人員はどう考えてもカットされていきます。なぜかというと、簡単な仕事という観点では機械で作業するほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントするとか、同じ作業をずっと反復したりすることは機械では当然何の苦もないのです。もちろん人と違って文句も言わず、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確だし均一だし、そして、人と違って給与が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化の流れは自然の流れなのです。

派遣社員になってもすぐ辞められるというわけではないこ…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職活動を経験して学びました。私は結婚した後、落ち着いたらすぐにでも子供が欲しかったので、妊娠するまでの期間のために数年だけ今の仕事出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、収入は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。しかしながら、入社してみると一緒に働く方たちは大半が派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣社員であってもすぐ辞められる雰囲気もなく、これが今の悩みになっています。

看護師のほかの職に転職の原因は一人ひとり違います。

ほかの仕事に転職の理由は人それぞれです。さまざまな理由がありますが、看護師が他の職業への転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産さらに子育て加えて家族の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じようには仕事が難しくなってしまった」「給与体系に不満がある」といったような悩みが考えられますね。しかし、実際に転職される前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、改めて時間を掛けてそして客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」ともう一度考えたうえで決断してみてください。

女性が転職する際、セクハラが社会的に問題になる前と今とで…

女性の再就職に関しては、現在とセクハラが問題視される前では少し状況が変わりつつあります。かつては面接の際に、結婚の予定や結婚後の仕事に関して、質問していました。しかし、最近では、こういった内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社が増えています。名の知れた大きな会社の場合は、かなり神経を尖らせているようです。ただし、面接する側としては、YES・NO、の2択でなく、その人の人生観、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っているものです。自らの価値観を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して表現することで、相手方にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。ですので、聞かれていないことでも、こちらが先んじて配慮し、答えてみることを考えてみてください。

転職をしようとするときに、今の会社を辞職してからという人もいますが…

転職において、とにかく勤務している会社を辞めてからという人もいるでしょうが、そのような場合にはボーナスがいつ支給されるかについて前もって調べておきましょう。ボーナスのある企業は星の数ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが振り込まれる日が近づいているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞める意向を伝えるという考えもうまいやり方です。ボーナスはそれなりにたくさんもらえると思うので、頂いておいた方が良いとはっきりと言うことができますから、退職の時にはいつボーナスが入るのかを知っておくほうが賢いやり方です。

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が本当に強いものであるなら…

『転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれば、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしていると、上司に必ず言いくるめられます。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、なぜか退職が受理されたのが同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やっぱり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがになんだか失望しました。

こういう転職というのは友達の話です。

これは兄の知人の話です。就職活動を始めて学生時の就職活動でなにがなんでも働きたかった憧れていたA社の最終の面接で不採用になり、それから先他の会社に就業しました。そのあと約1年半経過した頃に派遣求人サイトを閲覧していた際A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、どうにかしたくなり当時働いていた会社を直ちに辞めて、A社での派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってその後計画通りにA社で正社員として採用されて、今ではやりがいを感じながらいきいき仕事しています。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

転職先の会社見学は、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるので楽しみです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、通常通りの仕事現場を見せてくれることはまずありません。その最たるものが、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社してみないと、本来の姿がわかりません。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことが賢明です。ましてや、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、注意しておくべきです。入社していない段階では万が一何かトラブルが発生しても、保証が一切ないので、スタッフから勧められてもていねいに断りましょう。

今やっている転職活動の際に「自分はかつて、このよ…

励んでいる転職活動中に、「これまでずっとこのような内容の仕事をしました」「過去の仕事によって、こういったスキルを身につけることができました」と実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしようと考える人はかなり多いです。が、志願し再スタートを狙う企業で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私があげたような内容の事ならぜひ貢献できるに違いない」と将来的なビジョンを話して自分をアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな・・

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど厳罰を処する流れにありますが、完全には至っていないのが現状です。したがって、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問していきましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になるでしょう。中でも「給与」「残業」「休日」においては、詳しく聞いていくと、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

-コラム