コラム

転職サイトで登録したあとに、電話やメール連絡がしつこく入ります。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何回も来ます。そのため「転職エージェント」の利用が初めての人は結構驚くことが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが役割だとされるので、大変積極的です。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業から報酬を受け取るシステムであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。彼らは、成約数を増やしたいがために内定を得た瞬間に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように注意することが大事です。

20代前半に転職を2度行い、現在、資格の勉強をしなが・・

私はこれまでに20代で転職を2回した為、現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」として働いています。常勤の勤務とは違うのでやはり毎月の収入は以前よりも少ないです。しかしその分、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生の頃に資格を取り、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際、そのような人を見ると羨ましく思います。前の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、現在は結婚し、生活そのものが大きく変化し、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、毎日が充実しています。

これはシフトがある仕事についての話です。

シフトがある仕事についての話です。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、休み方やシフトの出し方を面接時にチェックしておきましょう。以前に私自身が、出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の方が「土日」に必ず出勤することができたので、私もそのように思われていたみたいです・・・。なので「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分でお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると腹が立ってきます。

友人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。

知人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけどそこでの労働環境や、その他の労働条件といった部分について知人からの口コミ情報を判断してしまうとあまりキケンです。なぜなら、そういう口コミというのはその人の主観に基づいているからです。友人・知人にしたら居心地の良い働く場所だったとしても、あなた自身の主観で見た場合、イマイチな場合なのかもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目でしっかり確認しておきましょう。

たいてい大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。

多くの場合大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。そして、都会以外だとその確率はとても小さくなります。ただ、製造業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地の近所に運営していることが少なくありません。また、そういった工場に的を絞れば、事業拡大などの節目に「中途採用」をしているので、このチャンスに転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業の情報をまえもって仕入れておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人がないか暇があればチェックしておきましょう。

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでもO・・

再就職の時にする面接では企業側からクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは失礼なのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを心に抱いている人に伝えたいのは、クールビズで良いとされた面接なのであれば、書かれていることを守った方が堅いです。色々悩みすぎて、暑い季節にクールビズでないのは不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズで構わないのです。

転職をスムーズなものにするには、最初から情報収集をしておきましょう。

後悔しない転職を目指すのなら、戦略を立てながら行動するようにしましょう。今ではいくら中小クラスでもホームページで企業を紹介しているというのが当たり前になっているので、インターネットを活用して知りたい情報をチェックしておくとそれとその企業のよくわからないこと等をチェックしておくと転職の助けになってくれます。また、公式サイトに加え、「転職サイト」を利用するのも有りだと思います。また、インターネット以外の手段として、何より転職の候補にしている企業を自分の目で見て判断してみましょう。

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存・・

新卒で採用された会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ、ついに耐えきれなくなりその会社は辞め、同じ畑の別の企業に行くことにしました。その会社では気分よく働くことができ非常に満足のいく日々でしたが、だんだんと業績が悪化し、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にもその経営統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がまた私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動をやり始めています。

転職の面接などにおいて名刺を渡された時、あなたも名刺を相手に…

再就職の面接などの場面でもし名刺を渡された場合、あなたも相手の方に名刺を渡すべきかどうかと対応の仕方に迷ったら、ほとんどは差し出す必要はないと思っておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長ではなく、仕事を得るための就職活動の一環なわけですから、大体の場合は名刺をやりとりする時間ではないのです。また、会社の人としてその場にいるのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。なので、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらに関しては、ただもらうだけで大丈夫で、相手側にあげることはまったくないと推測できるのです。

もっと良い職場の社員になりたいと転職活動をするときの場合に…

もっと良い会社につきたいと転職をする活動をしている中のときの場合には「ちょっとでもはやく内定(採用通知)をものにしたい」と思っているものです。が、それで吉報を欲しいばかり、自分自身をより大きく見せたり、またその逆で自分を過小評価するかのような行動はできるだけ避けるべきです。大事なのは焦る気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。

自分自身の大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意です。

自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、以前は、飲食業界(レストラン)で勤務していた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係でとても嫌になってしまったのです。ということが引き金になり、仕事をやめましたが、その結果、好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になってしまい、よく似た飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵だとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に自分に問いただした上で行動するべきです。

派遣先の会社が決定しました。就業の初日に営業を担当している人…

派遣でのお仕事が決定しました。勤務1日目に営業担当の人と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、担当者がどうしたことか約束のお店の前にいないので店内にいるのだろうと考えコンビニの中に入ってみたところ、担当者は大胆にも雑誌売り場の前でしゃがみ込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな人が担当者だなんてまっぴらごめんだと感じ、挨拶することもなく店の中から出て即刻派遣会社へ辞退の連絡をしました。

仕事を変えた場合には、高確率で以前の会社の仕事は記憶は大方、美化されます。

転職すると高い確率で前の会社の仕事での美化されます。現実には現在の仕事に問題点があるから、良い方向に進みたいと退職を決め、再就職したはずなのに、過去を振り返ると不思議と転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じる機会が増えてきます。当たり前で、前職は仕事をこなすことに慣れきっていて今よりも楽に与えられた業務もこなせていたのが、もっともというのもあります。けれども「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」というほど、以前の仕事の方が待遇や全体的な雰囲気が良いケースもあります。

転職によって勤め先を新しく替えるということは、自身に合…

転職することで職場を一新するということは、自分自身に合う新たな就職先を探したいものです。職場を変えれば自分にうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。しかし、デメリットもあって、即戦力となりうる能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、あなたの才能次第で、「天職」にありつくことも可能、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会通念上として認知されているので、転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業も多くなっているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接では面接官から「転職理由は?」と質問されるのはほぼ間違いありません。この場合、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の人間関係や労働環境についての回答は、意識してしないことをお勧めします。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいかねません。面接では「前向き」な返答に徹するのが肝要です。たとえば「新しい職場ではスキルを生かしながら、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような内容で自分を売り込むことが良い印象を持ってもらえるのです。

「石の上にも三年」という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと…

昔から”石の上にも3年”という教訓があります。「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ですが、「転職」する人が増えているとはいっても、安易にそれを選択するのは考えものです。転職したいなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。最初に、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと強く感じていることを、箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は書き出してみてください。そうすることで、再就職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、素早く、今よりキャリアアップできるように、努力することも大切です。

前は新たな仕事を探す時は「ハローワーク」で探していました。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で探していました。理由は、有名な「転職サイト」は、構造上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。なので、求人を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。掲載されているどうしても給料や労働条件で差がありますが、地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークは地味なイメージがある」という先入観がある人が多いかもしれません。有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、もし転職しようと思うのなら、お近くのハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」みたいにこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に…

仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んで再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。一昔前とは違い求人情報サイトをうまく活用すれば、国内全エリアの求人募集も閲覧できるようになっています。けれども、地方や郊外での求人情報では、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが痛いところでもあります。ですので、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも定期的にチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートのイベントにも見ておくと間違いがありません。

私が勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

私が転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても本当に多様でたいていの場合、不満足を感じるアドバイザーばっかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという考えが膨れ上がりました。それがきっかけとなり自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。その資格取得までにはお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面に関しても大変でしたが、求職中の方から頼られるように頑張っています。

転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しいポイントが数点あります。なんとなく派遣に対して、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのようなものをぼんやりと考えてしまった人が多いとは思います。はじめはかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに電話応対と聞いていました。直接説明を受けました。しかし、業務に掛かると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

-コラム