コラム

転職する場合は、予め、求人雑誌を見たりして気になる会社を調べるとは思います。

転職を行うとき、はじめに、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして…

転職活動をするとき、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したりして転職したい会社をチェックするでしょう。当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。その種の「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、こんなはずではなかったと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々なイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

ずっと接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれて…

長く接客関係で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれ立った仕事は体力的に耐えられず、座り仕事である事務系のお仕事への転職を志して行動しました。事務未経験だと少々難しくて、接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格を取得して個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばかりさせられて、接客業時代よりも家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、まずはキャリア形成の時だと受け入れて頑張ります。

雇用期間中なら、状況が許す限り、周りの人間に悟られないよう、…

雇用期間にあるときは、極力悟られないよう、(自身の場合)在職期間中に転業の考えだけを早期に周りの人間に知らせたことがあります。しかし、それから、転職情報を色々とみていったのですが、結局就職のあても仕事を変えるタイミングも何一つ決まらずズルズル時間だけが経過してしまいました。そして会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就業先を探すハメになりました。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です・・

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権下ではアベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・企業間でも新しい変化が巻き起こりつつあります。そのこともあり一般の企業では若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足がクローズアップされています。将来、「外国人の労働者」の総数を増やしていくつもりでいる前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用や転職といった状況にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

もしも転職するのなら、転職する前に資格を取るのがおすすめです。

もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職時に有利に働くので転職の幅がグッと拡がります。なので、在職期間中が資格取得においての最適といえます。もしもあなたが転職を目指しているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも後悔することなく前に進めるはずです。そして、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で面接官に即戦力になる人材だと認められ、これまでより待遇アップも期待できます。

派遣会社で働いています。サイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕・・

派遣会社で働いています。サイト内で自分に向いていそうな仕事を発見し問い合わせを行ってみると「その仕事はすでに他の方が採用されました」という答えが返ってきて一瞬ウェブサイト上から仕事の情報が消滅するのですが、翌日にそのページを見るとまた載っています。ということは要するに私ではよくないのだという意味ですよね。それであれば初めからカドが立たないようにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければ偽りのお仕事なのでしょうか?

転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方…

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は働いている会社側でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、場合よっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらに「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算されるので、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

生まれてはじめて転職を行う際、なぜ今の仕事を去る必要があるの…

人生初の転職を試みる際は、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現職を辞めたいかを頭の中で整理しておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。問題を解決できそうな企業を決定するのです。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは違って、働きながら転職活動を続けなくてはならないため、時間と体力が必要でしょう。だからこそ理由がはっきりとわからないまま転職活動を始めると、途中で息切れしてしまうことがあります。どんなことがあっても転職したい、現状を変えたいという強い情熱がない場合は,転職活動を行うのはやめておくのが賢明です。

転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強化することができます。その最たる例は「外国に行くこと」ですね。海外に行くと、言葉も文化も違うので、逐一、勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま、面接に臨めば、今までとは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職間もないあいだは、精神面が弱くなっているので、その後のために休暇も必要です。

将来に目を向け、楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合っていけば、…

将来に目を向け、楽しみながら再就職と向き合えれば、メンタルに負担を感じることもないので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。それにメンタル部分が健全な状態のままであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。そのためには、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい職場を見付けることです。現在の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのが良いでしょう。また、ブランクをつくらなければ退職後もすぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

安定を求めて正規の雇用社員として働くことを意識している…

より安定した暮らしを求めるべく正規社員として働くことを意識している人がかなりいます。ですが、努力しても、正社員のためのキャリアアップが叶えられないケースも少ないはずです。派遣社員の求人情報があるのに正社員の求人募集以外には目も通さずエントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正社員に応募することも視野に入れてみてください。企業によっては、成果次第で数年で契約社員から正社員にステップアップが図れることもあるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを質問しておけば、人生設計が立ちやすいはずです。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を費やすことに加え・・

転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。会社が決まり、復帰した時に、趣味に夢中になっていたことによって気付かない間に集中力がアップしています。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員たちと比べるとスタミナがあると認識することができます。そのため、退職したら自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。勤め先が決まり、職場にてあなたと同様の趣味の方と巡り会えれば、会話が盛り上がります。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職を始める際、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、…

転職活動をする際、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に役に立ちます。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。でも、本当のことが書いてあるので会社側としては、「マズイと考え早く火消ししなくては!」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いということは、それだけトラブルが発生する確率が高い、といえるでしょう。人もそうですが、本当にいい会社であればトラブルとは無縁です。

転職をする時にマークする募集事項は、目安として載せてい…

再就職を考えている際に見ることになる募集要項は、一般的なものとして記載されている可能性も少なくはありません。ですから、情報として載っていることを100%正しいことだとは考えない方がいいと思います。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、一般的な金額なのか?最低額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった見解ができる人は少なく、自分で適当に解釈してしまうと、悔しい思いをする確率もあり得ます。そのため、嫌な思いをしないために、募集事項の情報というのは、うのみにせずに、そのようなたいへん重要なことは会社に直に確認した方がよろしいでしょう。

求人についての情報では、たいていの企業では月の給与が明記されています。

求人広告には、まともな職場では月の給料の記載に目が行きますよね。しかしこの月収の欄をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。その数字だけ見て納得しないようにしましょう。実は案件によっては、月収の金額の中に「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。つまり残業代を入れて金額が高く見えるようにしている場合もあります。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。だから、そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

転職をする場合でかなり高確率で質問されるのは退職…

転職をする時に面接でだいたい聞かれるのが前に働いていた会社を辞職した原因なわけです。このような質問に回答する際には話の内容を辞職した会社に向けない方が賢明です。前職を辞めた理由にスポットを当てると絶対にマイナス面を含んだ話題になってしまいます。ポイントとしては、以前働いていた会社を辞めたのはこちらの会社にどうしても入社したいと思っていたからといった話の中身に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社に焦点をもっていくべきなのです。転職理由でも、こういった内容ならば悪い面ではなく好印象の前職を辞めた事情にすることが可能です。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、永久に給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんと知らないで失業を続ける限りもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて就職先を探しても好条件のところを探すのは困難です。会社の面接官も無能では無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、受かりません。

転職に先立って今勤務している会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、…

転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もし自分のほうから退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が確認されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

働くのに派遣会社に登録する人が近時は増加しています。

派遣会社を利用して働く人が近頃増えてきていますが、今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを極力面接のときに聞いておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムといえますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされないところも多く、ひどいケースでは、労働者に2割しか還元しなかった、という場合も少なくありません。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、なるたけ異なる派遣業者を利用されることを推奨します。

新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職することにしました。

新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職を決意しました。実際に転職する前後は、想像以上に悩んだりもしました。ですが、社会に出て数年経てば転職をして大半の人が中途採用で働いていることを自身の転職活動で知り、いつの間にか安心しました。なにより転職をしたことで自然と肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。やはり「続けてこそ意味がある」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、私の転職活動は転職を決断して良かったと思います。

-コラム