コラム

転職をしようとする場合、書かないといけない履歴書や職務経歴書などについてですが…

転職をする時に絶対に準備する履歴書に関しては、原則的に・・

転職の際に絶対に書く履歴書や職務経歴書などについては、たいてい、パソコンで作成するというのが多いです。日本では履歴書についてはパソコンを使ったものではなく手書きで作成するということが普通だと考えられている面もありますけど、それは新卒時の就活やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職に関しては履歴書は必ず手書きでないといけないと断言することはできないのです。自筆の方を評価する企業もありますけど、違うケースがずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作った履歴書でもよろしい企業は意外にも大量にあるのです。

転職する場合、転職後の自身の年収を過剰に気にする人・・

転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における自分の給与ばかりを気にする人は、どうも少数派でもないでしょう。とうぜん多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をもらうべく精を出すのでしょう。年収は自分の仕事に対する評価という面もあるから当然大切なものであることは否定できません。でも、愚かにも年収というものばかりを執着しすぎる人生というのも寂しい気がしませんか?収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向く際に・・

クールビズで転職の面接場に出向く際には、やっぱりジャケットは着ていかなくて良いとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが印象が良いです。ネクタイもする必要ないとする企業もあることもなくはないですが、ことネクタイに関してだけはクールビズであろうと着用する必要があるとするところがまあまあ存在するわけです。ですので、例えクールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイは着用していった方が安心であるということを知っておいてほしいです。

転職エージェントは大手であるほど、多くの案件を取り扱ってい・・

大手転職エージェントに限って、多数の案件を扱っているというメリットがあるといえますが、その反面、競合する転職希望者も多い可能性が高いです。そのため応募希望の会社があっても、担当スタッフのほうで可能性が低いと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大規模なエージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりかなり難しいので、策略を変えて少し規模の小さなエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか尋ねてみると転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

先日転職先の会社を探すために人材会社へと登録に向かいました。

この前転職先を探すために人材会社へと登録に向かいました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当者の雰囲気が見たところ20歳そこそこの社員のようで、私が説明している話の3分の1もその社員はわかっていない感じ。それでいて「キャリアデザインが全然ですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが必要でしょう」等、私のことをすべて理解しているかのように偉そうにのたまうからすごく不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと感じます。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。大多数の企業は履歴書及び職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類が大切なポイントです。ただ文字を書くだけでなく、内容が充実していることも必要です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きましょう。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。

転職する場合、相応の準備は必要不可欠です。

転職を進めるには、それなりの準備は必須です。とりわけ目に見える「服装」は気になっている人も多いと思います。でも、今の企業面接に関しては形式ばらない服装が良い会社もあるので、ビジネススーツで決めて行く必要はありません。とくに会社の設立したての新規の企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接中、洋服について、話もしやすいです。ですから、うまくいけばポイントが残るでしょう。というワケで、これから転職は会社の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動を行う上での最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社が決まっても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして引き留めることも珍しくありません。仮にそうなったとしても、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちをもつことが必要でしょう。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきます。それから、決定権のある上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動の重要な要素です。

転職の時の面接で必要となるスーツの色合いは、新卒の方が就活の際・・

転職の面接で必要となるビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活動の際に身に付ける色が一般的です。つまり、黒系や紺系などのような落ち着いた色味になるわけです。それが、転職の面接でも、スーツの色合いというのはこのような暗めの落ち着いたカラーが圧倒的に多くて、そうでないカラーを着ている転職者はあまり見ることはありません。それ以外だと、グレーの人がわずかにいるくらいです。だいたいは黒系や紺系のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通です。ですから、第一印象という面ではぜひおすすめします。

転職活動をしていて面接で例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、率直に話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由についてありのままに話すのは問題です。転職理由でよくある報酬に関する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面も肉体面も苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれてから辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると覚えておきましょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている人が…

生涯初の失業保険をもらうケースでは、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人がとても多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、職探しを行っている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。残念ながら、きちんと就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、決まりとして給付を一時的に止められたり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるので気をつけてください。

いよいよ転職活動しようと思うのなら、直近の業務の何に対して不満を感じているの…

明日からでも転職しようと考えるのなら、現状の職場や仕事の何に対して不満を感じているのかをリストアップしてみる必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らないことがあるから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて存在する人間関係などの客観的にみた満足できないことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事ができると思います。

転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職エージェント、そして転職サイトを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。でも、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、加えて転職フェアを活用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、また、そこで説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、1次面接を受けにいくつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。仮にフェアでの交流を通じて、企業に好感を持ってもらえたら、後に応募して面接等に進む時に大きなアドバンテージになるでしょう。

昨今の雇用形態の激しい変移をについて、働きざかりの世代の中・・

昨今の会社や企業の労働背景が変化したことにおいて、若い人たちが特に興味を持って見ているようです。それはたぶん、今後の転職とキャリアアップを視野に入れているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンといった層の労働力の「流動化」が活溌になっているので、次第に将来、より広範囲な世代で転職について考える機会が増えると予想されます。このような事情から、転職することはより身近なものとなっていくのでしょう。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「会社を辞めて転職」には悪いイメージがあり、転職が思ったようにいかないケースも多くあったようです。ところが、時代が変わり今現在の会社に固執する意味があまりなくなったように思います。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収はかなり大切な要素です。面接の時、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばないものと考えておくべきです。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職に追い込まれるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

今後転職活動をするのなら、良いと思える求人(業種)があれば・・

転職活動をするのなら、良いと思う求人(業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス部分について知ることはできません。ネットで調べれば簡易的なネット検索によっていとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような現実を知らずに入社した場合、のちにガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、人の出入りが激しい」といった場合も多くあります。興味をもった案件や業種については、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

もし転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知る…

転職することを、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。あなたの置かれている環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、今の仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで残したまま、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。さらには、何の問題もなく円満退職できれば、退職後であっても、何かあったとき、アドバイスをもらえるはずです。規模や業界に関係なく、どこの企業も人との縁は大事なので、会社を辞める時のトラブルは、可能な限り控えましょう。

あたらしい職場で自身の過去のスキルを活かせられれ…

新たな職場で今までに身に付けたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から評価されて、割と早く職場にも馴染めるし、同時に雇い主もそのような人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。それに加えてこれまでの仕事内容と似たような業種であれば、可能性はおおいにあります。とはいえ、それなりに能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公職については、時代に関係に左右されることなく相当な難関を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

転職の際に必須となる会社の面接に関して、してはいけない…

転職時の企業の面接に関して、してはいけないのは度を超えた猫かぶりしていると、はっきり言って良い結果にはならないことがあります。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「有給取得率」といったような、通常はかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に訊いておくと、絶対にあなたのためにもなります。実際には「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると面接結果に響くのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。しかしながら、意外なことに、プラスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。これらのことは実は面接時に仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。それなのに、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」と面接官に印象づけられるのです。

-コラム