コラム

とある古物商にて、書類審査に合格しました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。

とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。す・・

ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。2、3日して先方から、面接予定日を連絡してもらいました。けれど、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始驚くほどだらしない態度を見せられ、淡々と面接を終えました。だが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、待っていられず、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、そんなわけで再度電話をしたところ、「残念ですが不採用です」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、本心から、不採用で良かったと痛感しています。

転職活動をする際に気を付けたほうがよい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高め…

就職活動中に注意したほうがよい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めのものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておく、といったものになります。(注意・違法ではありません)例えば『みなし残業代25時間込』とあれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」というワケです。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していないこともあるのでよく注意をしておきましょう。

仕事によって精神的に相当につらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら…

仕事をするにあたり、精神的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況になったのなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、自身の家族と話し合い、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜかというと、働くということは当事者である自分ではありますが、家族の問題でもあります。どれだけ給料が良くてもメンタル面がボロボロになるほど無理して仕事をするのは良いとは言えません。今の社会では、経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの身内とあなた自らの心身をいたわりましょう。

実際に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を探していることの証明が必要になりますが、だとしても、現実的には「今まで忙しすぎたので、しばらくはゆっくりしたい」というのが現実でしょう。そこで、心から次の仕事を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談はパスできませんが、その場にて、求人票を閲覧することが必ず行わなければいけません。実際には探す意思がないときには、「求人票」だけ目を通して、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が今回はありませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという手もあります。

昔は看護婦という名前だった看護師という職業は、歴史的背景か・・

昔は看護婦と呼ばれていた看護師は資格としてやはり女性比率がかなり大きい職種です。さらに、気力それに体力ともにひどく消耗が激しい特徴もあります。とうぜんのように職場の人間関係のいざこざや、自身の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事ともいえます。実際、そういった問題によって転職される人が多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。というワケで、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

転業を予定しているのなら、労を惜しまずに様々な企業の募集・・

再就職を考えているなら、いろいろな会社を日常的に調べておくと就職先の労働環境の見極めがしやすくなります。あなたが現在の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、本格的に転職活動をする際に、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そんな状況下では、どこを選べばいいのか迷ってしまい、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。雑な行動を取ると、最終的にはあっという間に転職を考える羽目になるので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引先を見る事です。良い会社は、取引先を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからチェックをする目安になります。さらに、会社によって個人グループに入っているものもあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

転職のための活動を成功させるには、まず必ず自分自・・

転職活動をしている最中は、まずとにかく心が落ち着いていることをとても大切にしましょう。会社で働きながら転職をする活動をする場合はたいしてないかもしれませんが、退職後にする場合は心が焦燥感が出るものです。ですので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどをハッキリさせておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているか、改めて冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

今あるスキルを活用しながら就職活動を検討しているなら、…

今ある自分のスキルや資格を武器に再就職をしていく場合、比較的、再就職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を大まかに知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業種としては、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」が、代表でしょう。医療・介護は、看護師および介護士の資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって異業種へ再就職してみたいと思う場合は、要注意です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、簡単に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

再就職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業だったら…

再就職時の採用面接では、規模の小さい企業であればおおよそは人事担当者になりますが、それ以外にも例を挙げるとしたら、仕事をすることになる現場の一番偉い人、わかりやすく言うと部長・課長などの中間管理職が面接をすることもあります。とくに事務職や営業職などの部署に転職するのなら、資格を介した見極めが難しいですから、きちっと自身を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。担当者から「この候補者は、きちんと主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

転職をするときにとても重要なのがまぎれもなく「面接」である。

転職活動では、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」になります。普通一般的な面接の場合は面接官が当人に対して転職を決めた経緯や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接の終了間際に面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問というのがされるのが普通です。面接担当の人から「何か弊社について質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問をされたとき、緊張のあまり、何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。後々後悔しないように事前に不安に思っていることなどの答えを用意しておきましょう。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

私たちの労働環境は、近い将来着実に単純な仕事は機械に差し替えられてい・・

今後の社会では単純な仕事は機械に差し替えられていきそれに伴い、必要な労働力はどうしても縮小していきます。なぜなら単純労働に関しては人以上に機械のほうが圧倒的に強いからです。数をカウントしたり、同じ手順をずっと繰り返すことは機械ならへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わないし、疲れもしない、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。加えて、人と違って給与が発生しません。このような観点から人を使う理由がなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの注目されているのです。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら…

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職したことで気付かされました。私は結婚後、落ち着いたらすぐに子供が欲しかったので、その時が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の職場で継続で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員より月収は少なめでしたが、派遣社員という道を選びました。ですが、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。

看護師という仕事の人の転職する原因はその人それぞれではないでしょうか。

看護師でありながらそれと違う職に「転職しよう」と思う原因はその人によりけりです。どういう理由が多いかというと看護師を辞めての転職するには「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産、子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、今の仕事を続けられなくなっている」「今の給料に不満を感じている」など多種多様の理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と思うに至った理由を静かに客観視してみることもやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考し、決断すれば間違いが減らせます。

女性が再就職する時、今と一昔前では少し状況が変わりつつあります。

女性の再就職において、一昔前と現在とは若干、状況が変わりつつあります。過去には面接のなかで、結婚観や結婚後の仕事などに関して、ごく当たり前に女性たちに質問していたのですが、今はそのような内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社、が増加傾向にあります。名の知れた大きな会社ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。ただ、面接する側は〇か×で返答するのではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っているはずです。自分の将来設計を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と混ぜながら伝えることで、相手方も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。たとえ、質問されていない部分も、こちらから気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。

転職活動を行うときに、まず勤務中の会社を辞職してか・・

転職活動を行うときに、今働いている会社をきちんと退社してからと思っている人もいるようですが、その場合にはボーナスのことを事前に確認しておくのが無難です。ボーナス支給がある企業はたくさん存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる日までもう少し待てば来るのであれば、その日を待ってから辞める意向を伝えるという方法もうまいやり方です。ボーナスは結構大金なので、もらわないと損ということも明らかなわけですから、退職の時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを確認するのを忘れないようにするのが賢明なやり方です。

『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が固いならば辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本当は、仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、スムーズに退職できませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に以前にも増して呆れてしまいました。

こういう転職という話は友達からの話です。

この話は知り合いからの話です。就職活動を始めて新卒採用にてどうしても入社したかった憧れのA社で行われた最終面接で不採用になり、その後やむを得ず他の会社に就職しました。その後3年経たぐらいに派遣の求人のサイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、気持ちを抑えることができなくなって当時働いていた会社を直ちに辞めて、A社で派遣での就業を開始、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってその先希望通りA社で正社員として仕事をすることができ、今はやりがいを感じつつ明るく仕事をしています。

転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん参考になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社では職人技を間近で見られて楽しくなります。しかし、「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、本来の仕事現場を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの分野です。個人のプライドも高い業種なので、働きだしてからでないと、本来の姿はみえないものです。ですから、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことが大切です。さらに、見学時に実際に仕事体験ができる会社はキケンなので正直言って、気を付けるべきです。雇用契約を結んでない人には仮にトラブルが発生しても保証などありません。仮に、勧められてもていねいに断るのが無難です。

がんばっている転職する活動で「自分はこれまでずっとこういう内・・

がんばっている転職する活動で「私は今までずっとこういった職場の仕事をがんばりました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と自分の実績を強くアピールする人は多くいます。でも、志願し再スタートを狙う会社で「将来、こういった仕事をしたい」「私があげたような内容の業務をするのならぜひ参加したい」と将来のプランを話して自身をアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな…

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、会社名が公表されたりと厳罰化の方向に動いていますが、パーフェクトとは言い難いです。そこで、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票などで労働条件を見えておき、それぞれの項目についていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかされるはずです。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せる場合が多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、入社は止めるべきです。

-コラム