コラム

再就職を目指そうとしても、全てがうまくゆくという確証はどこにもありません。

仮に転職を考えたとしても、全てが首尾よくいくとは言い切れません。

再就職を目指そうとしても、理想通りの成果があがるとは言い切れません。それはそのうちに転職しようと考えているならできれば早い時期に変えたほうが良いでしょう。普通は、30代前半までは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代となってからの転職活動は、かなり厳しいといえます。もしも、管理職などを任されているのなら、転職の気持ちが強くなっていても現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。ようするに、会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが良いということです。

就職活動において、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

転職を行うに際しては、ネットでのエージェントを使う場合もあるでしょうが、あなたがその種のエージェントに登録し、幸運にも転職先が決まった場合でも、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険をもらうことはできないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。一方、ハローワークを通じて斡旋してもらい、就職できたのなら、就業のための準備金として一時金を受け取ることが可能です。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。このような点を踏まえておかないと、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまう人というのも思いの外多いものです。何故そうかと思うと私の思うところをいうと新たな気持で良い環境で勤務を始めてみたものの、「自分自身の期待していた職場環境とだいぶかけ離れていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」と考えてしまって去っていくみたいです。可能ならばこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、とにかく事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、昇給システム、などいろいろ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

かつては求人誌に雇いたい人の「性別」まできちんと書かれていました。

今までの求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、書かれていました。しかし今現在では、男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が採用時にしてはいけないとして、募集要項の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。なので、男性が欲しい案件に、女性の採用希望者がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。例えば、「女性が活躍する職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方ができます。

転職を考えているのなら「年収」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、一年目の段階ではほとんど試用期間を入っている企業が多くあります。自身の転職したときは、尽力して転職して悲しいかな以前の会社での年収とあまり同じということがありました。それに加えて、業務内容もきつく、立場上責任を伴い、最初の一年を乗り切るのにひどい状態でした。そのような経験をしてみると、初年度は、勉強する年と割り切ってしまい、状況が許す限りやれるだけ転職前の段階で貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

今あなたが、「転職サイト」を利用して自身の希望条件に合・・

活躍の場を広げたいと、転職サイトで自らの活躍の場が広がるストレスを感じずに働ける企業を探しているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないレベルでたいへん質が良いといえます。そして何より、あなたにフィットしたものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。ですから、良質な案件を求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、自身の力で最初から探すのと比較すると効率は良いです。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

転職先を決めるにあたって、むろんやりがいのある仕事をすることも重要だけ・・

転職先を決める際、言うまでもなくやりがいを考慮することも大事だけどさらに収入が増えることも大切なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録していろいろと調査をしています。全く同じ会社で全く同じ職種、経歴であるのにすごく人によって違いがあることも多数あって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者について誰なのかそこそこ予測はついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

今現在の自らの勤め先や仕事に対するほとんどの人は不満を感じていると思います。

今現在の自身の勤め先や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身の持っているスキルや能力をきちんと評価されていない」さらに、「賃金は増えないし、昇進の見込みもない」と言う愚痴を漏らす人もいます。ですが、上記のような不満を持っている人のなかには自分の持っている実力を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と転職するまでに長い時間がかかるおそれがあります。可能性も少なくありません。なので転職活動で好結果を出すためには、あなた自身の能力を把握することが大切です。

全く経験したことのない業種とかに転業する際には、以前の職で、自分・・

今まで経験したことのない業種とかに転業を行う際は、以前の会社で養われた腕前や今までの経験を発揮することができるといった内容の自己アピールが必要になります。その業界で経験をしたことがないという人は経験していない分その分野で勤務したことがある方よりも不足することはありますが、自分の持っている力がそこでも生かせるということをしっかりと話すことができれば、戦うことができる場合も十分にあります。という訳で、未経験のジャンルに挑む場合は、その業種と前の職場でやっていた職務との関係性を必ず見つけ出しましょう。

派遣で就業しています。派遣法と労働契約法により長くお世話にな・・

派遣で会社で働いています。労働契約法が原因で不本意にも長く勤務してきた派遣先の会社での勤務があと数週間で終了します。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先から正社員のポストをつかみ取った方もいるのですがそれはぶっちゃけ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方でそのおかげで採用されたみたいです。仕事のスキルより上司正社員を転がす能力の方が大事なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間の友人と愚痴る毎日です。

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を世に出したことのある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる誘いを受けたなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。たまに、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、明らかにイカサマであるので相手しないのが正解です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が負担するものではありません。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのにだれた生活を送ってしまいがちです。

転職期間ではついだれた生活になりやすいですよね。だとしても、そんな風な生活はキケンです。なぜならば、緊張感のない、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。そのうち、働く意欲がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そうすると、生活も仕事も悪循環になり次の職場が見つからなくなります。転職先が決められなくなるのは、給料を最優先に考えるようになるからです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけるような生活は止めておきましょう。

転職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計においては、…

転職する時に行われる面接でする腕時計についてですが、明らかに目立つ腕時計はやめておいた方が最善といえます。この場合の、目立つを詳しく言うと明らかに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなくそれとは逆に安い腕時計に見られてしまうとか、そのような目立つということで両極端な意味で目立つ、ということで捉えておいてください。再就職の面接の際の腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイのようにとらえて、安全なものをつけるほうが良いと言えます。とはいえ、自分の歳に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の時に面接で着けていた腕時計よりはほんの少しでも値段が高いものにした方が好ましいということは断言できます。

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けた・・

近頃、株・不動産投資などといった不労所得のほかに個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような移り変わりもあるせいか、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、将来が不安定な株式投資・個人事業より組織の一員であるほうが大いに将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認識されてはいました。しかし、そういった成長期は終わり、現在は、「成熟期」という名がいわれます。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど豊富な数の企業が掲載されているた…

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される企業の数も多くなるため、気に入った2~3社を、とりあえずはサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職に関する情報収集が簡単になります。最初に限っては登録するのにそこそこ時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録初日はけっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、初めの準備を抜かりなく行うことを心がけてください。

例えばあばたが、現職からの転職を決意したなら、まっ・・

万が一あなたが、現職からの転業を決心を固めたなら、完全に会社にはその意思を伝えずに、うまく活動していき、転職先が決定していないのなら、可能なだけ同僚に知られないようにいつもと同じように業務をこなすのがとても良い形といえます。その姿勢を保っていれば、仮に希望に知った転職先をすぐに見つからなくても、転身を保留しながら、現職をそのまま継続してもトラブルがありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はその言葉に合わせて動き出します。それに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、同僚からは「あの人は転職する人」という位置付けになります。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、肩身の狭いと感じる可能性が高いです。

いわゆるパソコンやスマホを見ればネット上では、今・・

最近はPCやスマホを使えばインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうにあります。その多くのサイトから自身が欲している転職先というのを見つけるためには、最初は情報を集めることをする必要があります。こういう「転職サイト」をうまく利用することで効率的な転職先を探せます。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

転職のための面接に転職希望の会社へ伺いました。

転職の採用面接を受けるため向かいました。その日に限って会社内の面接ができる部屋が空いていないということで外部のある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散、面接担当者も会社には帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車内でも彼と一緒に話をしながら帰宅することとなって、すっかりリラックスして話が盛り上がり、それが原因か問題なく採用も掴むことができました。

求人サイトを見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人を見る場合、例えば、デスクワークが希望だからと、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんな人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。現に、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する職も多数あるのです。製造業の仕事場自体、オフィス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。とはいえ、自らのこだわりを捨てることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転職活動は、企業とのやりとりよりも採用担当の面接官と…

転職とは、希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員との勝負ともいえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。たとえばお見合いのようなつもりでいる望むのも大事でしょう。とくに面接ではまず第一に自分の人間性を観てもらうわけですから、余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけて控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしく整った服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

-コラム