コラム

とある古物商の求人に応募し、書類選考に受かりました。2、3日し・・

とある古物商にて、書類審査に合格しました。その後先方から、面接日時を教えてもらいました。

とある古物商にて、書類審査を通過し面接の日時について先方から連絡をもらい、しかしながら、当日、行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。待たされたのち、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、面接は終わりました。けれど、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、気になったので、自ら問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでもう一度連絡をしたところ、驚くことに、「今回は見送らせてもらいました」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。私はしばらく何も言えませんでしたが、内心、採用されなくて良かったとホッとしています。

就職のため職探しをする場合に気を付けて欲しい求人は…

転職活動に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という風に求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を入れておくという仕組みです。(違法ではありません)例えば『みなし残業代30時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という意味になります。けれども、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を表記していないことも少なくないのでよく注意をしておきましょう。

仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしま…

職場環境のせいで精神的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人に相談ではなく家族と話して、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜならば、働くということは当事者であるあなたですが、同時に家族の問題でもあります。どんなに高い給料を手にしたとしても、メンタル面がボロボロになるほど仕事をするのは好ましいわけがありません。現在の社会では、金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も徐々に増加傾向にあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族や、あなたの心と体も大切にしましょう。

失業保険の給付については、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。

失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、「就職活動」している姿勢を見せる必要があります。とはいえ、「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずはゆっくりしたい」と思う人が多いとは思います。というワケで、心から職を探しているように見せることができるので教えておきます。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は当然のこととして、その場で「求人票」をチェックすることを必ず行わなければいけません。まじめに探す意思がないときには、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や続けられそうな仕事が意に反して見つけられませんでした」と告げて次の機会を探すという方法もあります。

昔は看護婦と言った看護師というのは務めとしてやはり女性の割合がすごく大き・・

その昔は看護婦と言われていた看護師というのは仕事として歴史的にも女性比率がすごく高い職場です。知られていると思いますが気力それに体力への大きく消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場の人間関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚・出産などによって仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。つねに医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

転職を検討しているのなら、小まめに色々な会社の採用情報の詳細…

転職を考えているなら、こまめにたくさんの会社の募集案内を調べておくと転職先の判断がしやすくなります。あなたが今現在の職場になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動をする時にどんな会社でも魅力的です。そんな状況に陥ると、どこを選択していいのか判断が難しくなり、選択を間違える可能性も少なくありません。ヘタをすると、最終的には直ぐに不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引先を見る事です。透明性ある会社は、取引先の情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前を調べ、詳細に目を通してみてください。

転職の活動をしている最中は、必ず自身の心が慌てないこと…

転職の活動を行う際は、最初に必ず心が静かであることをとても忘れないようにしたいものです。働きながら転職の活動をするのであれば、あんまり気にしなくても良いですが、退職してしまってからするのであれば、人というものは焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自身でやってみたい仕事や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。実際の職場におけるそれらが矛盾していないか、再度、冷静になって確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

今の自分のスキルや資格をふまえて転職活動をするつもりな・・

あなたが持つ現在のスキルや資格を武器に転職活動する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を事前に知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」が、その最たる例です。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、何かしらの事情によって異業種へ再就職してみたいと思う場合は、要注意です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。なので、安易に考えない事が必要です。異業種への転職を実際に行う際は、他の業界では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だっ…

転職の際の採用面接では、中堅企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、別の場合もあります。例えば、今後職場でかかわりの深くなる一番偉い人、というような課長や部長などが担当することになるでしょう。とくに営業や事務に再就職する場合は資格での見極めが難しいので、きちっと自分という人物を売り込んでいくことが必要です。面接担当の人たちに「この候補者はハッキリ主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

再就職において、重要となるのが「面接」になります。

再就職では、かなり重要となるのが「面接」というものです。普通、面接の際は、面接官が応募してきた人に対し、転職理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「なにか弊社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と。こんなときは、面接者本人が対応できず、慌ててしまうかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前に面接担当者からの質問を想定し、聞きたいことを考えておきましょう。よく考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

この先、私たちの社会的環境においてぐんぐんと単純労…

この先、私たちの労働環境において、ぐんぐんと短絡的な作業は機械に変更されていきその結果、そういう仕事をする人員は少なからず縮小していきます。そのワケは、単純労働については、機械で進めたほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数を数えたり同じ動作を延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わない、疲れ知らず、誤魔化すこともないし、早いし均一化できるメリットもあります。そして、人と違って給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械に移行していくのも自然の結果といえます。

派遣社員であったとしても、1年ごとにすぐ退職できるというわけではないこと…

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年ごとにすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職したことで気付かされました。私は新婚し、生活が落ちついたあとできればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでと思い数年くらい現在の部署で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員ということもあり、正規よりも月収は少なめでしたが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんど10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。結論として派遣社員といえども、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、困ってしまいました。

看護師のほかの職に転職する原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人のほかの職に転職に至る原因は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。ちょっとみると転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産・子育て加えて家族の介護など、いろいろな変化によって今までのような仕事が難しい」「現在の給料に不満を感じている」というような問題が考えられますね。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくり沈着冷静に現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。

女性が再就職するに当たって、今現在とセクハラが問題視される前で・・

女性の転職は、今日と数年前では少し変化があるようです。前は面接のなかで、「結婚の予定」や「出産後の仕事」など、質問されることが多々ありました。ところが、現在の流れとしては、その手の内容は、セクハラと会社側が捉え、質問をしない企業が一般化しつつあります。そして、名の知れた大きな会社ほど、NG質問として扱われています。しかし、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の生き方結婚後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの人生設計を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機とともに言い表すことで、面接官にも考えが伝わり、安心してもらえると考えられます。そういうわけで、質問されていない部分も、あなたの側から気遣いながら答えてみると良いでしょう。

転職をするのに、とにかく勤務中の会社を辞職してからと考える人もいるでしょう・・

転職を考え始めたときに、とにかく今勤務している会社を辞めた後でという人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスが入る時期を事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが手に入る時期が近いときには、その後で辞める意向を伝えるというやり方も賢明な方法です。ボーナスだとそこそこ多くもらえるはずなので、もらっておかないともったいないともはっきりと言うことができますから、会社を辞めるときにはボーナスが入る日を知っておくほうが良いです。

『今すぐ転職したい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら…

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、必ず言いくるめられます。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本来なら、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。思うようにはいきませんでした。職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、かなり心の底から愛想が尽きました。

こうした話は友達からの話です。

これは友人の話です。新卒時の就職で入社を強く望んでいた最終目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、その先仕方なく別の会社に就労しました。その後3年経過したぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、気持ちを抑えることができなくなってその時の会社を直ちに退職し、A社で派遣での勤務を開始、死ぬ気で頑張ってそれから後問題なくA社で正社員になり、今では仕事のやりがいを感じながら楽しく勤めています。

転職したいと考えている会社で会社見学などがあれば、たいへん参考になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。とくに、「職人」がいる会社見学は、腕を見るのがワクワクします。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、通常通りの姿を見せてはくれません。例えると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので入社後でないと、本来の姿は伺えないものです。なので、見学内容イコール仕事現場、と思わないことが賢明です。それに加えて、見学時に仕事体験ができる会社は危険ですから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。正規雇用が結ばれていない場合、仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切無いので、仕事体験ができる、と言われても角が立たないように断るとこが大切です。

転職する活動時、「自分はこれまでずっとこのような価値のある…

今励んでいる転職する活動で「私は経験としてこういった種類の仕事に従事してきました」「過去の仕事では、このようなスキルを身につけました」と過去の自分自身の実績・セールスポイントをしっかりアピールしようと考える人はときどき目にします。ところが、転職先の新たな環境下で「将来、こういったことをしたい」「私が話したような内容の仕事をするのなら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンでアピールしていくほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなった…

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、罰則も強化されていますが、まだまだパーフェクトではありません。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。はじめに、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目を順番に遠慮せずに質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、その場では答えられないなど逃げるような姿勢になることが多くあります。中でも「給与」「残業」「休日」においては、質問を重ねていくと渋い顔をするケースが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

-コラム