コラム

ある古物商の社員募集にて、書類選考に合格しました。す…

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。す・・

とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。2、3日して先方から、面接日時を教えてもらいました。だが、当日、行ってみると、手違いがあったのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、非常に面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接を終えました。約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、ガマンできなくなり、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので再度問い合わせてみた結果、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったとホッとしています。

転職のため職探しをする場合に注意すべき求人の募集内容は、…

転職活動するときに気を付けて欲しい求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んでいる場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(ちなみに、これは合法です)もしも『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という話になります。でも、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので気を付けてください。

仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしま・・

働く中で回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、相談するのは職場の人にするよりも身内などの近しい存在の人と相談し、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜかというと、働くことは当事者であるあなた自身のためでもありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく報酬が良くてもメンタル面がダメージを負うほど我慢して仕事をするのは好ましい状況とはいえません。現在では、金銭的なことよりも、働きやすさを重視する生き方も徐々に増えつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の身内や、自身の心身の健康を考えていきましょう。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることの証明が必要になります・・

失業保険の給付に関して、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、が、「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。そこで、真剣に働き先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月一回のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、その場にて、「求人票」を確認することを必ず行わなければいけません。本気で探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、面談の際に、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が見つかりませんでした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。

以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者として…

昔は看護婦ですが看護師というのはどうしても女性のたいへん多い職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力への大きく消耗する職場ともいえます。とうぜん職場環境での人間関係がうまくいかなかったり、結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、人材不足な状態になっています。常にそれぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

再就職を考えているなら、労を惜しまず頻繁に企業の募集案…

転職を近いうちにするつもりなら、まめに色々な会社の採用情報の詳細を日常的に調べておくと再就職先を選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の職場に満足感がないと、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社も魅力的に映ってしまいます。そういった状態だと、どこを選ぶべきか迷いが出てしまい選択を誤りかねません。よって、ごく短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」も要チェックです。良い企業は、取引先情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によって個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。

転職をするための活動を効率的にやっていくには、最初に…

転職をする活動を行う際は、最初に必ずあなたの心のうちが静かであることを意識しましょう。働きながら転職の活動を行う場合はたいしてないかもしれませんが、退職したら行う場合には気持ちが焦燥感が出てしまいがちです。そのため、冷静になりつつ、活動することを忘れないようにしましょう。自分がやってみたい業務や、自分が働いてみたい職場のイメージを具体的にしてみてください。実際の職場とのそれらが合致しているか否か、改めて冷静に見極めましょう。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。

自分のスキルや資格を活かして転職活動を検討する場合は、…

自分のスキルや資格を活用しながら転職する場合、比較的、転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、常に人手不足になっている「医療・介護」系がおなじみですね。医療・介護の職種では看護師や介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、異業種へ再就職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は決して高くはないのです。ですので、容易に考えないことが大切です。転職を本気で考えるのであれば、異業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけておきましょう。

転職時の面接では、小企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが…

転職の際の採用面接では、中小企業だったら大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、例外もあるはずです。直接、ともに仕事をしていく責任者、言い換えれば役職クラスである部長や課長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とりわけ営業系や事務系に転職する際は、資格での人の評価が難しいのできちんと自分を売り込んでいくことが大事です。面接担当者たちから「この人は、堂々と自己アピールしてるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

転職する際、比較的重要視されるのが「面接」です。

転職をする場合、重視されるのが「面接」です。多くの場合面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そして、面接終了の直前に次は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。面接官から、「何か聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が緊張しすぎて何も聞けずじまいになるかもしれません。こんな場面に備えて、面接の前に不安に思っていることなどの質問の内容を準備しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

近い将来、労働力という観点においてみるみるうちに短絡的な仕…

今後、労働力という観点においてどんどん考えなくてもできる作業は機械によってその変化によって人手は少なからず縮小させられてしまいます。簡単な作業は人間の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動作を反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、正確だし均一にこなせます。また、人と違って報酬が発生しません。ですから、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械化されるのは自然の結果といえます。

派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職活動を経験して感じました。結婚生活が落ちついたら、できればすぐに子供を持ちたかったので、それまでの期間のために1年半~2年ほど現在の職場でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、収入は少なかったですが、時間的な融通のために、この道を選択しました。しかしながら、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの人が派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、悩みが増えました。

看護師という職の人のそれと違う仕事に「転職しよう」と思う理由…

それと違う仕事に転職に至る理由は、人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産それから子育てなど、環境のいろいろな変化など、仕事が難しい」「現在の給与体系に不満を感じている」といったような理由があるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、改めてリラックスしながら現状を見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断してみてください。

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今と…

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは多少の変化があるようです。過去には面接の際に、結婚と出産についての考え方などについて、自然に女性に質問していました。ところが、近年では、そういった内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問を避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、あからさまに避けるようになっています。しかしながら、会社側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の価値観結婚後・出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っているものです。あなたの考えをわかってもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら言い表すことで、企業側にもしっかり伝わり、安心できると思うわけです。ということで、質問されていないことでも、あなたの方から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。

新しい職を探すのに、とにかく会社を辞めてからという人もいますが…

転職活動をスタートするときに、まずは今の会社を辞職した後でという考え方もありますが、そういった場合ボーナスの支給日を見積もっておきましょう。ボーナスの支給がある会社は多く存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをもらえる時期まで長くないのなら、ボーナスを手に入れた後で退職届を提出するというやり方もおすすめしたいです。ボーナスは結構たくさんもらえると思うので、手に入れなければ損ということも言えるでしょうから、退職をする際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを確実に頭に入れておく方がボーナスをもらい損ねないと思います。

『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いなら…

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が固いならば辞職したいということを即、上司に伝えておきましょう。しかし、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられます。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本来、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底前の会社に対してのガッカリしました。

こういう転職という話は兄の話です。

この話は知り合いの話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動でなにがなんでも入りたかった憧れていたA社の入社試験で、最終面接までいきながら採用されず、後に泣く泣く他の会社に就業しました。それから3年経過したぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していた時A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなりその時働いていた会社を即退職して、A社で派遣での就業を開始、死ぬ気で頑張ってその後どうにかA社で正社員として働くことができ、現在においては仕事のやりがいを持ちながらいきいき勤務しています。

転職先で見学などがあるとすごく参考になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られて楽しくなります。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、本来の現場を見せることはまずありません。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のクセが強い業種であるため、実際に働きだしてからでないと、実際の姿はわからないものです。そのため、「見学現場=仕事現場」と思わないことがとても大切です。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので正直言って、「論外」です。正規雇用が結ばれていない場合、もしトラブルが発生しても保障もないので、進められても丁重に断るとこが大切です。

いい転職をしようと転職活動の際、「私は今まで、こういった職場…

励んでいる転職活動で「私は振り返るとこのような種類の仕事をしてきました」「仕事の中でこのような技術に磨きを掛けました」と実績・セールスポイントをがっしりアピールしなくちゃと考える人はしばしば見かけます。ですが、志願し新たな職場で「機会があればこういった仕事をしたい」「これこれの内容の業務なら貢献できると思う」と将来的なビジョンを話して自身をアピールする方が過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり…

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。そこで、面接で見破る必要が生じます。求人票などの労働条件を事前に調べ、それらを使ってあれこれ質問してみましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になることがよくあります。中でも「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問をしつこくしていると、渋い顔をする場合が多いです。それでも食らいつくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

-コラム