コラム

転職エージェントに登録すれば必ず、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

転職サイトに一度登録すると、電話やメール連絡がしつこく入ります。

転職サイトに登録した場合、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。このことに対して初めて利用した人は結構驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事なので、とても積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が入る仕組みであることから、転職希望者の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。加えて、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定がとれた瞬間に入社を強引にすすめてくることがよくあります。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職にしくじらないように注意しなければいけません。

私はこれまでに20代で転職を2回した為、現在、資格取得の勉強をしながら…

20代のうちに転職を2回経験し、今現在は資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。しかしその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、実際に、そういった人を見る度、無性に羨ましく見えたりもします。前は、それなりに成功している人と自分を比べ、悩んでしまうこともありました。現在では結婚を経験し、過去と比べ生活環境もかなり変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので毎日が充実しています。

「シフト制」の仕事についての話です。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、特定の曜日に働ける人を募集する求人をよく見るのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については前もってチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は産休で休む人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・今思えばよく我慢してやってこれたと思います。

人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

友人や知人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。そうはいっても転職の先の労働環境やその他の労働条件に関する情報について、知人からの口コミ情報を鵜呑みに判断するのはあまり良くはありません。というのは一人の個人の口コミは主観が入ってしまうからです。要するに知人にしたら心地よい職場環境であっても、自分自身にとってはストレスフルな可能性かもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自身の目でしっかりチェックしてみてください。

ほとんどの場合一流企業は「定期採用」がメインなので・・

大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は容易ではありません。しかも地方でとなるとその可能性が低くなるでしょう。例外的に、製造業の企業においては、地方の工業団地等に工場展開している事も多々あります。さらに、そのような地方の工場の場合、事業拡大などの節目に「人員募集」をしていることが多々あるので、その好機を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する会社についての予備知識をはじめましょう。その企業のHPをチェックし、人員募集の予定がないか頻繁にチェックしておきましょう。

再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズで良・・

再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでも大丈夫ですよと連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは印象が良くないのではないか?と考える人がいます。クールビズに関する迷いを心に抱いている人々に伝えたいのは、クールビズで良いとされた面接においては伝達事項をそのまま行動に移したほうが正しいです。色々考えて、猛暑の中しっかりとしたスーツを着用していくと相手側に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズで良いと伝えられたらクールビズの格好をおすすめします。

転職することを成功させるためには、前もって情報を集めることをしておきましょう。

転職を成功させるためには、前もって情報収集を徹底してみましょう。今を見るとどんなに小規模な会社も公式サイトで宣伝しているところがほとんどですので、インターネットを駆使して色々と必要事項を調べておくとそれとその企業についてわからないこと等を整理しておくと転職に役立ちます。また、公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのもお勧めです。そのほか、インターネット以外の方法として何よりも希望している職場を自分の目で見て確かめてみるのも意味があります。

初めて働いた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、その結…

新卒で採用された会社で嫌な上司に嫌な目に合わされ、その結果耐えきれなくなりその会社は辞め、同業の別の会社へ移りました。転職先の会社では上との関係も良好で働くことができきわめて満足の毎日でしたが、ちょっとずつ会社の業績が悪くなり、とある会社に経営統合されることになったのです。そして経営統合の相手はなんと前勤務していた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がまた私の上司になることに。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが新しい転職活動をし始めています。

転職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を渡された時…

転職の面接などの場面で名刺を渡された時、あなたも相手の方に名刺を差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、普通一般的には渡すことはないと考えておいてください。転職のための面接というものは仕事内ではなくて、職に就くための採用活動の一部です。ですから基本的には名刺を交換する時間ではないのです。また、会社の者としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。なので、もしも相手から名刺を渡さても、あなた自身は、ただもらうだけで問題なくて、担当者に相手側にあげることはまったくないと言えます。

今と違った職場に入りたいと転職をする活動をしている中…

いい会社の社員になりたいと転職を希望するとき、「早く、採用通知が手にしたい」と思っているはずです。でも、そういう気持ちで採用通知ほしさのばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、対称的に安売りするような売り込みをするのは出来るだけよしましょう。そうではなくて、焦る気持ちを抑え、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く探していきましょう。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。これは、私が体験したことなるのですが、私自身、、食べることが趣味でそれが理由で、以前は、飲食店で仕事をしていた時期がありました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまいました。そのことが引き金となり、仕事をやめることになったのですが、そのせいで、大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供していた食べ物すら苦手になってしまい、類似の飲食店は現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の大好き、を仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵だとは思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、もう一度向き合ってから行動するべきです。

派遣先が決定しました。仕事の初日に営業を担当している方・・

派遣社員として働く会社が決定しました。勤務開始の日に派遣会社の営業担当者と就業先近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、コンビニの前にいなかったので店の中にいるのだろうと思いお店の中に入ってみたら、営業担当者はこともあろうに雑誌売り場の前に座り込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているところを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて絶対嫌と判断し、そこで声をかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転職すると、高確率で前の会社の仕事でのたいていは美化された記憶となります。

仕事を変えた際には、高い確率で前職の出来事は美化されます。本来は今の会社に不満を覚えるから、そういった思いを解消するためにやっと転職したはずにも関わらず、気が付けば不思議と新しい会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と思い始めるのです。それというのは極めて当たり前のことで、以前の職では日々の仕事に慣れ切っていて普通にやるべき業務もたやすくできていたからというのがもっとも大きい理由ですが、だが実際は「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で後悔するほど、前職のほうが職場環境や仕事に対してやりがいがあるケースもあります。

転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に適する…

転職して仕事先を一新するということは、自身に見合った自分の理想に近い場所を選択したいものです。勤務先、職場を変えることによって、向いている仕事に就く可能性もあります。でも、マイナスの面も持ち合わせていて、相応の努力やスキルが必須となります。他の言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。最近では「職業選択の自由」が権利として認識されているので、会社を変えても特にトラブルになることはないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつあるこんにち「とにかく良い人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。担当者から「転職の理由は何ですか?」とかなりの高確率で聞かれます。このときに、いかなる訳があったにせよ、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」に関しての愚痴を絡めた返事などは、絶対に避けましょう。此の様な内容の話は、採用される可能性を逃してしまうことになりかねません。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがかなり重要です。正直な理由でなくとも、「新しい職場ではスキルを生かしながら、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といったような未来形での話ぶりが大切です。

昔から日本には”石の上にも3年”という教訓があります。

日本には古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。現在、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職を検討する際は、時期を的確に捉える必要があります。初歩として、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を強く感じていることを10個、少なくても最低5個は箇条書きにしてみましょう。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、早めに良い職を手に入れられるように努力することも大切です。

かつての私は、職探しをする場合は「転職サイト」より…

前は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、大抵の転職サイトは、やはり都心の求人情報しかないからです。そのために、転職するときには「ハローワーク」のみ使っていました。掲載されている多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着という点ではとても信頼性が高いです。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると誤解している方も多いかと思います。以外にも、良い求人もありますので数年以内に転職するべきか悩んでいる場合は、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」のように、都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と考えている人が、近年増えています。ネット社会の今では求人情報サイトを使えば、地方の求人も手軽にアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが正直なところといえます。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもよくチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

私が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

自分が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々でほとんどは満足できない感じるアドバイザーばかりでした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという落胆した気持ちが膨れ上がりました。そんなことがあり自らキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格取得は費用も掛かりました。また、資格取得のための勉強に関してもハードですが、求職中の方から信頼されるように頑張っています。

これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方…

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えてほしいポイントが何点かあります。なんとなく派遣社員に関しては、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのようなものをぼんやりと想像してしまう人がおそらく多いとは思います。私も現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応がメインです」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、いざ業務に掛かると、なんと「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とはかなり違っていたので日々全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

-コラム