コラム

転職をする時に書かなければいけない履歴書などについてですが…

転職をしようとする時に必ず必要となってくる履歴書…

再就職の際に絶対に書く履歴書や職務経歴書においては、基本、自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが通常です。日本の社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで用意するというのが当たり前と捉えられている面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、転職の場合は必ず手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。自筆の方を高く買うケースもありますけど、違う会社が徐々に多くなってきているので、パソコンで作成した履歴書でも良いケースは多くあるのです。

転職を考える際、そこでの自分の年収ばかりを気にする人は・・

転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自分の給料ばかりを気にする人は、わりと多くの方のようです。もちろん大半の方は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐために精を出すと思います。したがって年収がいくらかは自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから、大切なものであることは至極当然です。ですが、ひどく年収というものばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも寂しい気がするでしょう。この世には年収が期待できない業種でったも精神的に満たされる可能性があるからです。

クールビズで再就職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはや・・

クールビズで再就職の面接に臨むときには、ジャケットはさすがに着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かるわけです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが印象が良くなるのでお勧めです。タイなしで大丈夫だと認める企業も存在する可能性はなくはないです。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズだろうと必ず着用する必要があるとしている企業が一定数存在します。そんな訳で、クールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイをしてから面接に行った方が安全であるということをお知らせしておきます。

大きな転職エージェントほど、いろんな案件を扱って・・

転職エージェントは大規模なものに限って、様々な案件を持っているというメリットがあるといえますが、その反面、転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当者が望みがないと判断すると応募してくれないこともザラですし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。大規模なエージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いかなり難しいので、考えを変えて比較的規模の小さなエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と相談すると自分のために働きかけてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。

数日前転職先を見つけるために人材会社へと登録に行きました。

先日人材会社へ登録に行きました。カウンセリングを行いに出てきた担当者が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちら側が説明している話の半分ほども彼はわかっていないようでした。それに加えて「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大切です」等、一丁前のことを偉そうに言い散らかすので大変不快でした。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと思います。

転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえるでしょう。

転職活動を行う際には、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。ほとんどの会社が履歴書や職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。単に穴を埋めることにとどまらず、記載内容を充実させることも考えてみましょう。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書いておきましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。初めてで難しい場合は転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのためにうまく活用することもよい転職をするための有効な方法です。

転職活動を進めるには、準備は必須です。

転職にあたって準備は欠かせません。なかでも、目に見える「服装」は気にしている人は多いはずです。とはいえ、最近の面接では、形式ばらない服装を許可しているところもあるので、スーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の設立したての会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接の際に、洋服について、盛り上がる可能性もありますから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職活動を行う際の最後に残る難関として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして引き留めることは多々あります。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強固な気持ちを保つことが大切です。たとえ引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、堂々と伝えます。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。

転職の面接でいるスーツの色については、新卒の方が就活・・

仕事の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付ける色合いが無難です。言い換えるならば、黒とか紺色といった感じのような暗めの色になります。それが、再就職の場面においても、スーツの色味はこのようなダークカラーが多数を占めていて、他のカラーを着ている転職者はほとんど見ることはありません。その他の色で言えば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても黒や紺色のスーツ派がほとんどを占めているので、面接担当者も黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前であるかのように感じます。ですから、見た目の印象という面ではおすすめです。

転職活動で面接において「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。このうち志望動機については、率直に話してもかまいませんが、転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。転職理由でよくある給料の不満、上司と相性が悪いことなど、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。けれども、仕事を行いつつ求人をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面も負担が大きいといえます。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく自分で直接応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人・・

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは誤りです。実際は、失業保険を希望通りに受け続けるためには、職探しを行っていることが必要で、その上に、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でハローワーク職員と面談をして、本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。対称的に、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さないときは、アッサリと給付が一時停止となったり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう注意しておきましょう。

これから転職活動を予定しているのなら、今の業務や…

いよいよ転職活動を予定しているのなら、現在の仕事での不満に思う部分を明確にしておく必要があります。もともと不満なことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。しかし「きちんと現在の業務や仕事の不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は未然に防ぐことができると思います。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、加えて転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのなら複数の企業についての情報を得ることができ、加えて、説明を担当するスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。もしも、転職フェアに参加する場合は、1次面接に臨むつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。運よくフェアのあいだに企業側(の担当者に)認められれば、その後応募して採用面接時にアドバンテージになります。

このようにここ数年の会社や企業の雇用形態の激変ぶりについて、全世代の中・・

ここ数年の労働環境が目まぐるしく変わってきたことに際して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若い人たちは鋭敏に感じ取って、おそらく、自らのキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。従って、サラリーマンや労働者といった労働市場の流動化が進行しているようで、それに応じて後々世代に関わらず転職についての関心が高まる気がします。このような社会情勢の中、労働者の転職は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」はそれだけで印象が悪く、転職が思ったようにいかないケースもあったのです。けれども、社会的な変化とともに現在の会社だけに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。面接時には、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

これから転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業・・

あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(または業界)を見るたびに忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票・転職エージェントでは、その業界のマイナス点は、教えてもらうことは不可能です。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索を活用することでいとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そうした手間を惜しんで入社すると、後々に入ったことを後悔してしまうかもしれません。その求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」といった場合が多くを占めます。気に入った案件や業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。

転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしま・・

もし転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。加えて、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、むやみに転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。上記のような状態を避けるために、いまの職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を退職できます。また、トラブルなく退職できれば、退職後であっても、あなたが困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業界に関係なく、どんな会社でも、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める際のトラブルは、可能な限り控えましょう。

新しい仕事で、今までのスキルを活かせられれば、即戦力として仕事をすることが…

新しい職場で、今までのスキルを生かすことができれば、即戦力として迎えられ、早々に職場にも馴染めるはずです。また会社側も即戦力となる人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。加えてかつての仕事内容と同じジャンルであれば転職はかなり楽になるでしょう。ですが、即戦力となるスキルがあったとしても大手の事務系、公務員系(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なくかなりの難関であることは間違いないでしょう。

転職のための会社での面接での勘違いしている人が多いのです…

転職の際に必須となる会社の面接に関して、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりは、残念ながら逆効果になります。そうなる前に例に挙げるならば面接の際は「休暇」など、普通はかなり質問しにくい内容を思い切って率直に訊いておくと、結果的に絶対に自身のためにもなります。実際には「入社前の段階でずけずけと質問をすると、面接結果に響くのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、しかしながら、意外なことに、プラスに作用することは最終的には可能性が高いのです。これらの実は面接時に仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。その反面、面接応募者の多くは、大半の人が質問を躊躇しています。それを一歩踏み出しておくと、「ほかの人とは違うな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

-コラム