コラム

ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。す・・

とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。2、3日・・

ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。その後面接の日時について先方から連絡をもらい、しかしながら、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。ようやく、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始めから終わりまで、呆れるほど面倒くさそうな態度を見せて面接が終了しました。ですが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着でまた問い合わせたところ、驚くことに、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、率直に、採用されなくて良かったと思っています。

就職活動に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで…

就職活動をする場合に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長いものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料に残業代を含んでおく、といったことです。(この仕組みは合法です)もしも求人に『みなし残業代30時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という求人になるわけです。でも、悪質な求人情報では『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。

働くことによって精神的な負担が増え、会社を変えなければという気持ちになったなら…

職場環境のせいで回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そのときは、相談するのは職場の人でなく自身の家族と相談して、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのは自分のためでもありますが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく報酬が良くても心的ダメージを負うほど、働くことは、良いことではないはずです。昨今は、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も段々と増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内とあなた自身の心と体も大切にしましょう。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、しかしながら、現実は「会社を辞めしばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。なので、本当に求職活動をしているように見せる方法は、あります。毎月の「ハローワーク」での面談は当然ながら必要として、そこで、求人票のチェックは最低限やらなければいけません。真摯に探す意思がないときには、「求人票」を軽く見て、ハローワーク職員との面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して見当たりませんでした」と話して、次の機会を探すという方法もあります。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は資格として歴史的…

以前は看護婦と言った看護師というのは資格として女性の割合がかなり高い職種です。さらに、気力それに体力へのかなり消耗が激しい傾向にあります。それ故に、職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスを取りづらい仕事でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いといいます。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。

転身しようと思っているならこまめにさまざまな企業の採用情報…

転職するつもりなら、こまめにたくさんの企業の募集案内をチェックしておくと転業先を選ぶのに役立ちます。あなたが今現在の職場に満足していない場合、いざ転職活動をはじめたとき、どんな会社でもいいように思えてしまします。そうすると、どこを選択するべきか、選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も少なくありません。よって、ごく短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性ある良い企業は、取引先を公表していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前で調べ、確認しておくのも手です。

転職の活動を行う際は、なにはともあれ常に自分の心のうち…

転職活動をしている最中は、最初にゼッタイに自分の内心が落ち着いていることを強く意識しておきましょう。今の会社で働きながら転職のための活動をする場合はあまり気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う際は、やはり心が焦ってしまいます。なので、気持ちを落ち着けながら活動することを忘れないようにしましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージを明確にしておき、そして、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に考えてみてください。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。

今あるスキルや資格を有効活用しつつ、再就職を考える際・・

今の自分のスキルや資格をふまえて転職する場合は、転職し易い業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」がとても有名ですね。医療・介護の職種では看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。今、看護師や介護士として活躍している人が、ワケあって、他業界に転職したいと思っているなら、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職を実際に行う際は、すんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職の際の面接では、中堅企業であれば概ね「人事」が面接担当になります・・

転職のときに行われる面接というのは、規模の小さい企業であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、例外もあるはずです。たとえば、これから一緒に仕事をする作業部署の一番偉い人、言い換えれば中間管理職である課長や部長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。とくに事務・営業といったジャンルでは、資格を通じた判断がしづらいので、きちっと自分自身を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。面接担当から「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

転職をするときに比較的重要なのが間違いなく「面接」である。

転職活動では、重要視されるのが「面接」になります。よくある面接の際は面接官が当人に対して転職の経緯や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そして、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官側が、「なにか弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまう可能性もあると思います。そうならないためにも、面接の前には疑問点などの質問の内容を考えておくのがベストです。実際に働く前の段階で、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

これからの社会ではぐっと短絡的な作業は機械化が進歩していき…

私たちの労働環境は、今後今以上に思考を必要としない労働は機械化が進行し、その移り変わりによってそういう仕事をする人員は少なからずカットされていきます。なぜなら、単純な仕事という観点では人間が作業するよりも機械のほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数を数えたり同一の手順を延々と繰り返すことは、機械では当然へっちゃらです。人間とは違って言い訳もしないし、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。加えて、賃金も発生しません。なので、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械化が自然の流れなのです。

派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはな…

派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動を通じて実感しました。私は新婚し、生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の会社で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員であるために、年収は安かったですが仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、入社したあとに、一緒に働く人たちの多数のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣を選択したとしても、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、ちょっと困っています。

看護師という職の人のそれ以外の職業に転職に至る原因は…

看護師という職の人の他の仕事に転職の理由は人によりけりです。看護師が他の仕事への転職には「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚してから家庭環境の変化によって出産それから子育てなど、いろいろな環境の変化など、今までと同じようには仕事が難しい」「収入面で不満がある」というような悩みが考えられます。しかしながら、転職を決める前に転職したいと、ゆっくりリラックスしながら客観視してみることもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考したのち、決断してみてください。

女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは…

女性の転職に関しては、数年前と今日とでは少し状況が変わりつつあります。一昔前は面接の際に会社側から、結婚観や出産後の方針について普通に質問されることは珍しくなかったのですが、今ではそういった内容は「セクハラ」と捉えられ、聞くのを避ける企業が増えています。名の知れた大企業ほど、露骨に避けるようになっています。でも、企業側は、〇か×で返答するのではなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自分自身の価値観を伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して表現することで、相手方にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えられます。そういうわけで、聞かれていない箇所もこちら側から気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。

転職を考え始めたときに、まず今働いているところを辞めて…

転職において、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、そういった場合会社がいつボーナスを出すかを前もって調べておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はほとんどですが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが入る日まで少ししかないのなら、ボーナスが振り込まれた後で辞めるというのも得をする方法です。ボーナスは月々の給与と比べて多くの額が入るはずなので、もらわないのはもったいないとも分かりますから、転職しようと思ったらボーナスについての規定と支給日を最初に調べておいた方が損をしません。

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば…

『今すぐ転職したい!』と思っていて、その意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。このときに相談という形を取ると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私もそういった経験があり、スンナリと受理されずに結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には退職届けを出せたのは同年の11月です。予定としては、年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほと職場に対してガッカリしました。

これは知り合いから聞いた話です。

兄の友人の話です。始めに新卒時に死んでも入社したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、ですから他の会社に就業しました。そのあと3年経過した頃に派遣の求人サイトを見ていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、じっとしていられなくなりその時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社で派遣就業を開始、必死のパッチで頑張ってそれから後幸運にもA社で正社員になり、今は仕事に誇りを持ちつついきいきと勤務しています。

転職したい会社で見学などがあれば、かなり勉強になります。

転職したいと考えている会社での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。とくに、技術を必要とされる業種なら、スキルを近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に働きだしてからでないと、本来の姿はみえません。そのため、「見学現場=仕事現場」と思わないことがとても良いです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人間には、仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障など一切ありません。スタッフから勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。

やっている転職活動の際、「私はかつて、こういう内・・

やっている転職活動で「自分は振り返るとこういった仕事に尽力しました」「今までにこのような経験に磨きを掛けました」と過去の自分の実績をしっかりアピールしなくちゃと考える人はかなり多いです。しかし、転職先となる再スタートを図る環境下で「近い将来こういうような仕事をしたい」「私があげたような内容の仕事をするのならぜひ参加したい」と未来の姿を通して自分をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、まだ完全とはいえません。だから、面接で見破る必要が生じます。最初に、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらを使って聞いてみることです。「ブラック企業」の場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。その場での回答を避けるなど逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、詳しく聞いていくと、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも食い下がっていくと、ふてくされたような態度になってくるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

-コラム