コラム

転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで何回も連絡が入ります。

転職サイト一旦登録すれば、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これに関して初めて利用された人はとても驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務なため、非常に積極的な姿勢でいます。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることによって企業からお金が入る仕組みといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。加えて、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。自身の希望や意思を明確にしておき、転職に妥協しないように気をつけておきましょう。

私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今・・

私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務を選択しなかったので毎月の収入は安いのですが、しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく思ってしまいます。前までは、成功している人と自分とのギャップにガッカリすることが多かったのですが、しかし現在では、結婚して生活そのものが大きく変化し、明確な進路ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

これはシフトの業務についてです。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休む手順については、面接時にたずねておいた方が良いです。以前に私自身が、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任の方が土日に必ずでれる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。振り返るとよく我慢したなと思います。

知人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

知っている人の紹介で転職する先を見付ける人がいます。とはいっても転職先の労働環境やそれから労働条件などを友人からの口コミ情報のみで信じすぎてしまうのは、問題になるかもしれません。そういうのは一人の個人による口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。要するに紹介者にとって、かなり良い職場に映っても、あなたにとってはストレスだらけの環境、、、という場合だってあるのです。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、最後は自身の目で確かめておくことも大切です。

大半は一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

一般的に大手企業は定期採用中心です。ですから、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。おまけに、都会エリア外だとその見込みはたいへん少なくなります。例外的に、「製造業」に関連する企業であれば、地方の工業団地界隈に製造工場を持っていることも可能性が高いです。さらに、そういう地方の工場は、事業分野の拡大時に「人員募集」をしていることがよくあるので、この機会に転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する企業の情報を得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、スタッフの募集予定はないか、しっかりと確認してみましょう。

転職の時にする面接では企業側からクールビズで良いとと連絡が来る場合もありますが…

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズで面接するのは減点対象になるのでは?と感じてしまう人もいます。そのような考えを懐に背負いこんでいる人に言いたいのが、会社側からクールビズを指定された面接に関しては伝達事項をそのまま実行したほうが不安要素がないです。悩みすぎて、夏真っ盛りの時期にびしっとスーツを着込んでいくと相手側に暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれていたらクールビズで良いのです。

良い転職先を見つけるためには、事前の情報を集めることが必須です。

転職することをスムーズなものにするには、最初から徹底した情報を集めることが不可欠です。ですから今では会社の名前を聞いたことのない中小クラスだってホームページを作っているところが当たり前になっているから、インターネットで知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社についてわからない点等を整理しておくと転職に役立ちます。公式サイト以外にも転職サイトなどを上手く利用することも効率的ではありますが、また、インターネット以外の手段として、転職の候補にしている企業を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。

働いていた会社で感じの悪い上司に神経を削られ、その結果…

新卒後最初に働いた会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ、ついには我慢ができなくなり退職し、同業である別の会社に職を移しました。新しい会社ではパワハラもなく非常に満足の毎日でしたが、月日の経過とともに業績が悪くなって、結局はある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にもその統合した会社がなんと前勤務していた会社で、転職のきっかけとなった上司がまた私の上司となることに。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがもう一度転職活動をスタートしています。

再就職の面接などの場面で名刺を差し出されたとしたら…

転職の面接などにおいてもし名刺を手渡されとしたら、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、たいていの場合は差し出さないもの、と思っておきましょう。転職のための面接においては仕事内ではなくて、職に就くための就職活動の一部です。ですから大方は名刺を交換する時間ではありません。合わせて、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。なので、もしも相手から名刺を渡さても、あなたのほうは名刺をもらうだけで大丈夫で、相手にあげる必要は少しもないと言えます。

いい職場につきたいと転職をしようとがんばっている場合…

違った職場がいいと転職で活動している人というのは、「ちょっとでもはやく内定を手にしたい」と考えるものです。が、それで採用通知が欲しいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、その逆に過小評価するかのような言動はゼッタイによしましょう。大事なのは焦る気持ちをグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を選択してみましょう。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが高じて、かつては、料理店(レストラン)に勤めていた時期があります。その飲食店での業務内容は、その飲食店で担当していた業務は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが理由で、仕事をやめることになったのですが、そのせいで、食べることやその店で扱っていた食べ物も苦手になってしまい、似たような飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと思うのは悪いことではありません。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、改めて自分と向き合う必要があります。

派遣の仕事が決まりました。勤務初日に営業の担当者と派遣先の会社に近い…

派遣会社でのお仕事が決定しました。就業1日目に営業担当の人と勤務先の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、営業担当者がどういうわけかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのだろうと思い店の中に入ったところ、担当者はなんと雑誌売り場の所でしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けてじっと見ているのを発見!こんな人が担当者だなんて絶対嫌だと感じ、声もかけずにこっそりと店の中から出て速攻派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの仕事の記憶は大方、美化されます。

転職した場合には、大体の場合、以前の会社の仕事でのは美化されるはずです。本来は今の仕事に自分に合っていないと感じたから、前向きにやっとのことで退職を決め、転職することになったのに、過去を振り返るとなぜか転職後の会社よりも「前の職場のほうがよかった」と感じ始めるのです。というのはそれもそのはず、以前の職では仕事を把握していて、今よりも苦労なくやるべき仕事があっさりとこなせていたのが、というのもあります。しかし、「やっぱり退職するんじゃなかった」と感じるほど、前職のほうが職場の雰囲気が良い事もあります。

転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合する…

再就職で仕事先を一新するということは、自分自身に合う自分の理想に近い場所を見つけたほうが良いということです。仕事を変えれば、あなたにうってつけの仕事に出会うかもしれません。しかしながら、苦しいことも少なからずあって、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。他の言い方をすると、自分の価値をあげることで、「天職」に巡り会える、ということなのです。最近では職業選択の自由が一般的に認識されているので、転職を決断しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。今のような事態のもとでは、今現在では「価値ある人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、この好機を有効活用してみてください。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、かなりの確率で質問されます。この時に、いくらあなたが正しくとも、過去の職場の「人間関係」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる返答などは、絶対にするべきではないでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の可能性を無駄にしてしまうことになります。そのため面接時には前向きな発言が必要があるため、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような未来志向での返答が良い印象を持ってもらえるのです。

昔から「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在の社会で・・

昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に転職するつもりなら、適した時期を捉える必要があります。はじめに、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、不満を強く感じていることを10個程度、メモしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職を決断することです、そしてあなたが、いつか決断した時には早めにより良い仕事ができるように自分なりに努力してみてください。

これまでの私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を活用していました。

かつての私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」で探していました。理由は、大手「転職サイト」は、システム上、都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、転職は「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、掲載されるどうしても知名度は低くなりますが、地域密着なので、とても信頼性が高いです。「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と先入観を持っている方も多くいるかもしれません。思いのほか、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、もしも転職したい場合は、参考までにハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。大手転職サイトのようなこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

あなたが再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」にて都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考える人が増加しています。昔と違って求人情報サイトを駆使すれば、地方・郊外での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。けれども、地方での求人は大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのがデメリットといえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもしっかり確認し、そうした機関の就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

自らが転職を考えていた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私が勤め口を探していたころかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルに関しても多様でほぼ物足りないと感じるアドバイザーばっかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと熱心にに臨んでほしいという落胆した気持ちが積もり積もってそのことが契機となって自らキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーの資格取得はお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面に関してもとてもきつかったのですが、お仕事を探している人から頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるために努力しています。

これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にチェックしていただきたいポイントが複数あります。まずはじめに派遣というと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりとイメージされる人が多いはずです。本音を言うと私自身もまさにそう思っていました。「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応がメインです」と面接で説明を受けました。しかし、働き始めると、辞めた正社員さんの穴埋め業務を頼まれました。毎回振り回されますし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々困っています。今はとにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

-コラム