コラム

再就職しようとする場合準備しないといけない履歴書に関してですが、…

再就職する際に絶対に用意する必要がある履歴書に関してですが…

転職をする際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書などについてですが、だいたいはパソコンで作るというのが通常です。今の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで用意するというのが当然だと思われることもよくありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートについてであって、転職の時は履歴書は100%手書きじゃないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書の方を高く評価する場合もありますけど、そうじゃないケースがどんどん増えてきているようなので、手書きでなくても大丈夫な場合は意外にも大量にあるのです。

転職というものについて考えた場合、転職先となる職場における…

転職というものを考える際、そこでの自身の給与を過剰に気にする人がわりと多くいるでしょう。ほとんどの方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を得るために仕事するでしょう。したがって年収の額は自分自身の価値を測る指標という側面もありますから、とうぜん大切なものとして扱うのは至極当然です。それにしても愚かにももらっている年収の額にとらわれすぎてしまうのも虚しい気がします。この世には収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向くときに…

クールビズの格好で転職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットはさすがに着用しなくても安心であるとはっきりと分かりますが、ネクタイはした方がイメージが悪くなりません。ネクタイなしでもOKだとする企業もあるケースもあるにはあります。ですが、ことネクタイにおいてはクールビズであっても身だしなみとしてつけて行く必要があると思っているところがまあまああります。それゆえに、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が悪い印象を与えないということはお知らせしておきます。

「就職エージェント」の大手ほど、豊富な案件を扱って・・

大きな転職エージェントは、様々な案件を抱えているという魅力がありますが、同時に転職を希望するライバルも大勢います。したがってあなたが、気になる企業を見つけても、そのエージェント担当者が不可能だと判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、あなた以上に転職が成功しやすい別の人がいたとしたら、そのライバルを優先しやすいのです。このように大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いけっこう難しいので、発想を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。

転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に出向きました。登録するときのカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員のようで、私が説明した話の5割ほどもわかってはいない模様だったのです。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みを明確化するべきです」とか、一丁前に偉そうに言い散らかすから大変不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこカウンセリングのスキルがある人にするべきです。

転職活動では、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が大切です。大半の企業は、履歴書と職務経歴書に記載されていることを見た上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が重要といえます。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが大切です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入しましょう。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく記しましょう。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを頼ること転職を成就するための有益な方法です。

転職活動する場合、準備は不可欠です。

再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも身だしなみ、に含まれる服装は重要だと感じてしまいます。しかしながら、今の面接に関しては、形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、スーツを着て出向かなくても良いケースもあります。会社の創立してすぐの企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手に良い印象を与えられます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。そうして、私服だと時には面接時にファッションの事で話題が広がることがありますから、面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今から転職は会社の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動をする際の最後に残る難関として、今勤務している企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後の問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先から採用の内定をもらえても、現在勤務中の企業が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくあることです。そうなってしまった場合、絶対に退職をあきらめない、という強い信念を持つことが大切といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。その後、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動の重要なポイントです。

転職の時の面接で必要となるスーツの色は、新卒の人たちが就職活動の…

転職の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の人たちが就職活動の際にに着用しているカラーが基本的です。ということは、黒とか紺色の暗い感じのカラーになるわけです。転職であっても、スーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の人はほとんど見かけることはありません。その他の色で言えば、まれにグレーが少しいるほどで、ほぼ紺色や黒色が多数派なので、人事側からしてもそういった色であるほうが普通です。ですから、見た目の印象という面ではおすすめということになります。

転職活動で面接時に例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動中に、面接で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、ありのままを話して差し支えないですが、これとは異なり転職理由についてストレートに話すのはよくありません。転職理由でよくある収入に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。加えて、この企業に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。ただ、仕事を続けつつ求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担がかかるといえます。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分で直接、応募したとしても応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と理解しておくべきです。

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付を求職活動を行っていなければならず、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンでハローワーク職員との面談を通じて、本気で就職活動をしていると判断されれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。因みに真剣に就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度の職員との面談に参加しない場合は、問答無用で給付が見送られたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、気をつけておきましょう。

いよいよ転職を考えているのなら、今の仕事・業務の何に対して不満を感じているのか・・

来週からでも転職しようと考えるのなら、現在の仕事・業務で感じている不満点をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不平が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えていまある職場・業務の不満な点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は未然に防ぐことが容易になるはずです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って…

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動することは今では当たり前のことです。さらに、転職活動の成果をもっと高めたいなら、その上に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加することで一度に複数の企業の情報を得ることができ、そして、説明員等の雰囲気から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。仮に、転職フェアに行くときには、1次面接に臨むつもりでしっかりと準備をしておきましょう。運よくフェアの期間中に自分の能力や人柄が評価されれば、後日応募して採用面接でかなり有利になります。

このようにここ数年の労働環境の慌ただしい変化において、全世代の・・

昨今の企業の雇用に対する考え方の激しい変移をにおいて、社会人の中で若年層は鋭敏に感じ取って、おそらく、次に備えようとしている段階のような気がします。こういった背景からサラリーマン・労働者といった層の労働力の「流動化」が年々増えてきているので、ますます今後、世代に関わらず転職への関心が増えると予想されます。この様な情勢の中、転職することは一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」機能していた頃は、「会社を辞めて転職」というとそのことで評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人もたくさんあったのです。ですが、社会が変化し今の会社に執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほぼあり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になる状況も考えられます。

将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(OR 職種)…

転職活動をするという時は、良いと思える求人(業種)を見つけたときに絶対「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職サイトの担当者からは業界のデメリットなどは、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索によってカンタンにいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういった検索をしないまま、会社に入ると、あとになってしっぺ返しを食らうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」といった場合が少なくないため、目に留まった案件・業種については、下調べをした上で応募しましょう。

転職する前には、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

もし再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、残業時間を増やされることもあるので、軽率に転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、今現在の仕事場では、真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を退職できます。加えて、円満退職で終えられたなら、辞めた会社に相談にのってもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりがとても大事なので、会社を辞める際のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

転職先であなたの過去の能力を発揮できれば、即戦力として扱わ…

新しい環境下でそれまでの実力をフル活用できれば、即戦力として仕事をすることができ割と早く職場にも馴染めるし、また会社側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、難なく採用されるでしょう。更に過去の働いていた仕事と似た業界であれば、確率はおおいにあります。とはいえ、まずまずの実力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に左右されることなくかなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職の際に欠かせない採用面接での、してはいけないの…

転職先での面接で多数のひとが思い違いをしているのですが露骨なまでの猫をかぶることは正直なところ採用を逃してしまいます。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「給与」などの、通常であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って尋ねておいた方が、絶対に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすることで選考結果に悪い結果になるのではないか」と危惧するかもしれません。しかし、意外なことに、プラスの結果になることは結果的には可能性が高いといいます。こうした「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、不採用を恐れるあまり、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかし、あなたがあえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」ということで自己アピールになるのです。

-コラム