コラム

仮に転職を目指そうとしても、全てが順調に運ぶという確証はどこにもありません。

仮に再就職を考えたとしても、何もかもがうまくいくワケではありません。

転職を考える場合、あらゆることが順調に運ぶ確証はありません。それはどっちにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く変えてしまった方が良いです。平均としてみると、30代前半までは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職活動全般は、相当に難しいといえます。此の様な場合は転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも選択肢に入れておくべきです。つまり、退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社に残りつつ、転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が賢明といえます。

転職において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

職を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を使う方法もありますが、たとえそういったところに登録し、めでたく就職先が決まったとしても、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就職しても失業保険は給付されないので注意しなければいけません。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したときは、就業の準備金として一時金を受け取ることが可能です。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。これを無視していると、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、わずかしかたっていない…

2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうケースがなんとなく多かったりします。何故そうかと考えてみるとおそらく心機一転、素晴らしい仕事環境を手に入れたはずなのに「自分自身の考えていた職場とかなり違っていた」「雰囲気が受け入れられなかった」ということが理由で別の仕事を探すのじゃあないかと思います。できればこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、初歩として、転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、職場独自のルール、通勤にかかる時間、などいろいろ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

今までは求人情報には、雇用主が求める人材の「性別」ま・・

数年前の求人誌に雇用主の希望する「性別」がハッキリと記載されていました。しかし現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用時、男女の差別をあってはならないルールができて、募集要項の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。なので、実は男性希望の企業に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、でも採用されないといった可能性が高くなります。例として、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、会社側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いといえます。

職場を変えたいと思っているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。ことさら、入社した年度は、ほとんど「研修期間」が入っているというのが可能性は少なくありません。自分の事例では、四苦八苦して手にした職なのに、なんと前の会社での年間報酬とあまり同じということがありました。それに加えて、業務内容は多様で忙しく、たいへん責任のあるもので、1年目を越すのもたいへん骨が折れました。そういった実体験をしたからこそ、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、可能なかぎり転職以前から貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用して自らの能力を思う存分発揮できるよう・・

現在の仕事に不安があり、転職サイトを利用して自らの希望条件に合った働いてみたいと思えるような企業情報をチェックしているのなら、絶対に「転職エージェント」も活用しましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介してもらえる求人情報は、誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないほどにとても質がいいといえます。それから、あなたの条件にふさわしいものを調査して紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想の紹介してもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが独自に最初から調べていくよりも効率は良いです。そのうえたいへん確実です。

転職先を探すにあたって、言うまでもなく仕事のやりがいアップも重要だけど…

転職なら、むろん仕事のやりがいのアップと一緒にそれだけでなく収入が増えることも重要なポイントになるから「年収サイト」に登録して事前に研究しています。一緒の会社で全く同一の職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅がある場合も数多くあり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問したことがあります。面接官もそのサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた側も誰だろうとそこそこは予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

今の自身の職場や業務についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今の自身の職場や業務内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキルや仕事での能力を正当に評価されていない」よって、「給与は変わらないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった点を挙げる人が少なくありません。気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の本当の才能を「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と仕事をしない期間が長くなると言う事に陥りがちです。可能性も少なくありません。なので転職で成果をだすためには、実際の自分のキャパシティを把握することが大切です。

今まで経験したことのない分野とかに転業する際には、以前の仕事で、自・・

今まで経験したことのない業種とかに転身をしようとするときには、前職で、自分が養われた力や経験したことを発揮できるという自己主張が必要です。勤務経験のないジャンルの場合、未経験の分だけその業界で勤務したことがある方よりも正直、不利になりますけど、自分自身が保持しているスキルがその業界でも生かせるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になることも十分にあります。したがって、経験のない業種にチャレンジするときには、その業種と前の職場でやっていた職務との関係性を探しましょう。

派遣で就業しています。労働契約法の関連で残念なこと・・

派遣で働いています。労働契約法のからみで長期間働いた就業先での仕事があと数か月で終了します。派遣の仲間の中には、派遣先で正社員のポジションをつかんだ方もいるのですが正直に言うと仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらいがうまい方でお引き立てがあった様子。業務上のスキルよりおじさん転がし能力が大切なのだろうと抜擢されなかった派遣仲間の友人と勤務先でいつも不満をたれています。

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近年、ネット上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。あなたに特許権取得の経験があるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を発表したことのある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする誘いを受けた際には、そういったことが無かったか考えてみましょう。ときとして、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そういったものは完全なイカサマであるので騙されないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

再就職先を探している間は、無意識のうちに時間が有り余っているため、…

転職期間ではついつい時間があるため、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。けれども、そんな風な過ごし方を常習化させるのは危険です。というのは、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。徐々に、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困る状況にも・・・。そうしているうちに、悪いサイクルができてしまい、転職先が決められません。次の仕事を決めることができないのは、給料を最優先に考えるためです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけた姿勢は、止めておきましょう。

転職をする際の面接のときに着用していく腕時計については…

再就職をする際の面接のときにする腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を惹く腕時計はやめた方が悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高価なものだったり、といったことだけではありません。その反対で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くということで真逆の目立つ、ということで思い浮かべておいてください。転職の面接の際にするべき腕時計に関してもポジションとしてはネクタイやスーツと同じように、面接するにふさわしい安全なものをするほうが賢明です。とはいっても、自身の年齢に見合ったものであるということも肝心であって、新卒の就活の頃に着けていたものよりはほんのわずかであっても高いものにした方が間違いないとはっきりといえます。

近頃、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。

近頃、株・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、独立・起業といった生き方も増えています。そういった移り変わりに伴い、「会社の下で働く以外は怖い」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長の時代には、先の見えない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれており、人生のもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように世の中に認識されていた。そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」という風にも付けられています。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される会社も多いため、…

転職サイトはよく知られたサイトの方がたくさんの案件が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、ウェブサイトに登録し、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、あとは自動で案件についての連絡が入るようにしておくと情報収集が容易になります。しかし、初めに限っては登録するのがけっこう大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録する初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後の応募を考えれば、最初の段階でしっかり準備することを心がけるのが賢明です。

一度あなたが、とらばーゆを決めたのなら、徹底して同僚…

仮に、現職からの転身を決めたのなら、まったく会社の人にはひそかにその意思を悟られないように、転職活動を進めていき、働いている間はできるだけ周囲に気づかれないように通常通りに振舞うのが妥当です。その姿勢を保っていれば、最悪希望に沿う転職先をすんなり見付けることができなくても、転職の予定を引き伸ばしながら、現在の職を続けることもトラブルがありません。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周りの人は、それに合わせた態度をとります。さらに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人は転職する人」と受け止められます。そういった状況のあとで、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするおそれもあります。

いわゆるスマホを見ればインターネットのエリアには、要する…

世の中は変わっていてPCは便利でインターネット上には、要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数存在しています。自身に見合った転職先というのを見つけるにはまず、情報収集から始めましょう。このような転職サイトを上手く利用することで効率的に転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用に足るサイトかどうかをよそと比較しながらチェックしてみてください。

転職の面接に転職希望の会社へ訪ねました。

転職の面接を受けに希望先の会社へ行きました。偶然会社の部屋が空きがないとのことで会社外部で面接官と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散、面接官もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、なんと下車する駅が私と同じだったのです。それで電車の中においても面接官と一緒に話をしながら帰宅することになって、おかけで緊張が解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったのか運良く採用を獲得することができました。

求人に関する情報をチェックする折、事務系の仕事がしたいから・・

求人をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業を見逃してしまっています。そんな人は「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしている場合もあります。事実、製造業であっても、製造マンだけでなく経理、総務といった従業員募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に属する部門もかなり存在します。ですが、製造業がある場所はビジネス街から外れた地域にあるのでそういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうだとしても、自らのこだわりを捨てることによって意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

転職活動は、希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員と・・

転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、どっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。しっかり採用してもらうために、第一歩として普段通りを意識して平常心で対応しましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうと良いと思います。面接官に対しては第一歩としてあなたの人柄や人間性をチェックされてしまうのでマイナスな印象につながる言動は注意しゼッタイに避けましょう。常識的な社会人らしい整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

-コラム