コラム

とある古物商の会社で、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパス…

とある古物商にて、書類選考をクリアしたため、相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。けれど、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。所長と思しき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、たいへんにだらしない態度を見せられ、面接を終えました。ですが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、待っていられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。そこでもう一度問い合わせると、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話を切ってしまいました。私はしばらく絶句してしまったのですが、正直なところ、不採用で良かったと思っています。

就職活動をする場合に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く…

転職活動するときに注意すべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込む、といった仕組みになります。(注意・合法です)例えば求人に『みなし残業代50時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」ということになるわけです。でも、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』を記載していないことも少なくないので気を付けてください。

会社が原因で回復が難しいほど心的にとても苦しくなってしまい、…

仕事のために回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、会社と相談ではなく身内などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜなら、働くことは当事者であるあなたのためでもありますが、家族の問題が第一でもあるからです。毎月、納得のいく報酬が良いからといって、心的ダメージを負うほど、我慢しながら無理しながら仕事をするのは良いことではないはずです。現代は、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを重視する生き方も認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内、自身の心のケアを忘れないようにしましょう。

現実に失業保険の給付を受けるためには、活動していることの証明が必要になる・・

現実に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが条件になります。ですが、「会社に行く必要もなくなったし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。ですので、本気で次の仕事先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのは言うまでもなく必要ですが、その場にて、求人票を見ることは最低限やっておく必要があります。本気になって探す気持ちがないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながら今月はゼロ件でした」と告げて次の機会を探すという方法もあります。

昔は看護婦という名前だった看護師という仕事は、どうして…

昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは職業としてどうしても女性の割合が高い職場です。加えて、気力あるいは体力のかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の対人関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい仕事といえます。実際、そういった問題によって転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。なので、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。

転職しようと思っているなら多様な企業を日常的にチェックしておく…

転身を念頭に置いているなら労を惜しまずにたくさんの会社の採用情報の詳細を日常的にチェックすることが、再就職先をとても選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そうなると、どの会社に決めればよいのか判断が難しくなり、判断を間違えてしまいかねません。その後、ごく短期間で退職の道に進んでしまうので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も要チェックです。透明性ある良い企業は、取引している会社を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

転職をするための活動をしているときは、最初に常に自・・

転職をするための活動を行う際は、最初にゼッタイに心のうちが急がないことを忘れないようにしたいものです。働きながら転職活動をしている場合、あまりそうでもありませんが、退職の後にする場合は内心が焦ってしまいます。そのため、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたいことや、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか、冷静になって見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

あなたが持つ現在のスキルや資格を活かして再就職をするつもりなら、…

今あるスキルや資格を有効活用しながら、再就職する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足である医療や介護系のジャンルが代表でしょう。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、とある事情によって他の業界に転職したいと考えているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、流動性は現業界よりも少なく、なので、容易に考えないことが重要です。再就職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

転職のための採用面接では、中小企業であれば概ね「人事」が面接官となりますが、…

転職の際の採用面接では、中堅企業クラスの場合、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるとしたら、今後仕事をすることになる部署の責任者、つまり課長・部長などの中間管理職が面接を担当する可能性も考えられます。その中でも事務職や営業職に転職する場合は資格による具体的なイメージがないので、積極的に自分を売り込んでいくことがとても大事です。面接官から「この人は、きちんと自己主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

再就職する際、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職において、比較的重視されるのが間違いなく「面接」になります。普通、面接の際は面接担当者が応募者に対し、転職事由などいろいろと聞かれることになりますが、そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「何か質問はありますか?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人は急なことなので何も聞けないこともあるかもしれません。そうならないためにも、面接の前に不安に思っていることなどの答えをいくつか考えておきましょう。冷静になれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

私たちの労働環境は、これから確実にシンプルな仕事は機械で処理されるようになっていき…

将来、労働力という観点において一段と考えなくてもできる労働は機械に変えられてそして、必要な稼働人口は少なからず削減されます。なぜなら単純な仕事は人よりも機械のほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返すことは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。そして、人と違って報酬が発生しないのもメリットといえます。ですので、人を使う理由が到底無いため、機械化の流れは当然の流れなのです。

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと…

派遣社員だからといっても、自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職活動を経験して学びました。新婚し、生活が落ちついたらできればすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでの間のために1年半~2年だけそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より収入は少なかったですが、やはり時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかし、いざ入社後、一緒に働く人たちのほとんどの人が派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

看護師という職業の人の違う仕事に転職を決断する原因は、…

看護師のそれ以外の職業に転職する原因は一人ひとり違います。それを見てみると転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって出産・子育て加えて家族の介護など、環境のいくつかの変化など、これまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の給料に不満を感じている」というような問題が解消したいために転職されるのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めてゆっくりと再度、現状認識をしてみることも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。

女性の転職に際して、今と一昔前では若干、状況が変わりつつあります。

女性の転職は、今と数年前では少なからず、変化があるといいます。前は面接の際に、「結婚観」や「出産後の仕事」に関して、ごく普通に質問していました。ところが、現在は結婚などについては、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞くのを避ける企業が増えています。また、名の知れた大企業ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ただ実際、会社側としては、〇か×かの2択ではなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思っています。自分自身の人生設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら話すことで、企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。そういうわけで、質問されていない箇所についても、あなた自身から気を遣って答えてみることを考えてみてください。

転職活動を行う際に、まず今の会社を退職してからとする人たちもいますが、…

転職活動を行う際に、今働いているところを辞めてから転職しようと考える方もいますが、そうするときには会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスの支給がある会社はいくらでも存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをゲットできる時期まで数か月しかないなら、ボーナスを手に入れた後で会社を去るという手も良い手です。ボーナスは月々の給与と比べて大金なので、手に入れなければ損ということも考えることもできるので、辞職する際にはボーナスの時期を確実に把握しておくとスマートな方法です。

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

『転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が固いならば辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的にはなぜか退職が受理されたのが同年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、心底なんだか呆れてしまいました。

こうした話は友達の話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動・・

このような話は兄の知人の話です。就職活動を始めて新卒時の就職でぜひとも入りたかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、そのため泣く泣く違う会社で働くことになりました。そのあと1年経った頃に派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、どうにかしたくなり当時の会社を即退職し、A社に派遣という形で就労しました。勇気がありますね。一生懸命頑張ってそれから先憧れのA社で正社員になることができ、現在は仕事に生きがいを感じながらいきいきと勤務しています。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、とても勉強になります。

転職したいと考えている会社での見学に参加するとすごく参考になります。とくに、技術を必要とされる業種なら、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学ではほぼ見学者には、本来の現場を見せることが少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社するまで本来の姿は伺えないものです。なので、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん大切です。加えて、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない人間には、何かあった時のそれに対する保証が一切ないため、仕事体験ができる、と言われても丁重に断るとこが大切です。

今やっている転職する活動をしているときに、「私は経験として…

がんばっている転職活動で「私は経験としてこういった価値のあるの仕事をしました」「これまでにこのようなスキルに磨きを掛けました」と過去の自分の実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はよく見かけます。ただし、転職先の新たな企業で「可能ならばこういった仕事をしたい」「私があげたような内容の業務をするのなら貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自分をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり・・

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど厳罰を与える傾向にありますが、完璧ではありません。実は、面接で見破ることができます。とりあえず、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらを使ってあれこれ質問していきましょう。相手がブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。その場での回答を避けるなど逃げ腰になることが多いです。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、渋い顔をすることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、入社を止めるのが無難でしょう。

-コラム