コラム

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。

転職サイト一旦登録すれば、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。これに対して転職初心者は結構驚くケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事なため、本当に積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬を受け取るシステムのため、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、妥協した形の転職とならないように心がけるようにしましょう。

私は20代で転職を2度経験して、現在、いくつか資格を取得するた・・

20代前半に転職を2回経験し、いまは資格取得のために「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務でないため、給料が以前よりも少なくなりました。前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうとなんだか羨ましく見えてしまいます。前の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリすることもありました。しかし現在は、結婚を経験し、がらりと生活環境が変わった今、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので楽しく日々を過ごしています。

これはシフト制の業務についてです。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に働ける人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細をあらかじめ確認しておいたほうが良いです。前に私は産休で休む人の代わりにと正社員として入ったのですが、「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が土日に必ず出勤できる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、「本当によく耐えたな」と。

友人・知人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

知っている人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。しかしながら、転職先の労働環境、労働条件に関する情報について、友人からの口コミをあんまり信用しすぎると面倒なことになるおそれがあります。というのも、そういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。それ故に知人の立場では今よりずっとベターな働く場所であっても、自分の主観で見た場合、イマイチな場合なのかもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、自分の目でしっかり確認しておきましょう。

大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですか…

ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。さらに、田舎のほうでとなると転職の確率が低くなります。しかし製造業の企業の場合、都市部でない地方の工業団地を製造工場を置いているとても多いです。さらに、そういう地方の工場の場合、事業分野の拡大にあわせて途中採用することも珍しいことではありません。このタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する企業の情報をあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトを見て、人員募集の予定がないかときどき確認しておきましょう。

転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズで来てください・・

転職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズで伺うのは実際は失礼に当たるのでは?と考えてしまいます。そのような思いを心に抱え込んでしまっている人に関しては、企業側からクールビズで来るように言われたのであれば、言われた内容をそのまま実行したほうが正しいです。考えすぎて、暑い時期にスーツをびしっと着ると不自然に思われます。ですから、クールビズで良いと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

満足できる転職を希望しているのなら、前もって行動をするようにしましょう。

転職することを成功させるためには、最初に意味のある情報を収集することをしておきましょう。ですから今を見るとたとえ中小クラスといえどもホームページで会社を紹介している会社がよくあるので、ネット上で色々と必要事項を手に入れるとそれとその企業のわからないことを解消しておくと転職時に助かります。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」をチェックしておくのも有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。その職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。

在職していた会社で嫌で反りが合わない上司に悩まされ・・

初めて働いた会社で意地の悪い上司に悩みを持ち、ついにやる気がなくなってその会社を退職し、同じフィールドの別の会社に乗り換えました。新しい会社では気分よく働くことができ充実した毎日でしたが、時が経つにつれて会社の財務が悪化し、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ前にいた会社で、加えてとても嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが新たな転職先を探す活動を始めるつもりです。

再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された時・・

再就職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだら、たいていは差し出すことはないと頭に入れておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一環です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時間とは異なります。それに加えて、会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という事で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらに関しては名刺をもらうだけで問題なくて、担当者に相手側に渡す必要性は少しもないと判断できるのです。

今と違った会社につきたいと転職をする活動をしている…

新しい企業につきたいと転職を希望する人とは「1日でも早く、内定を手にしたい」と考えるはずです。ですが、そういう気持ちで採用通知を得たいあまり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは逆に自分を過小評価にしかならない行動はできるだけよしましょう。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながら自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く探していきましょう。

自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが高じて、以前は、飲食店(レストラン)で仕事をしていた時期があります。そのお店での業務内容は、そのお店で任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係にすごく疲れてしまいました。ということが引き金になって、職場を去ることになったのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べることやそのレストランで提供していた食べ物も嫌いになってしまい、似たような飲食店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは素敵なことですが、しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに自分と向き合う必要があります。

派遣でのお仕事が決まりました。

派遣会社での仕事が決まりました。勤務1日目に営業の担当者と就業場所付近のコンビニで待ち合わせたら、担当者が約束のお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思って店の中に入ったところ、彼はあろうことか雑誌売り場の所でしゃがみ込んで成人向けのグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当の人の仕事なんてまっぴらごめんだと思って、その場で声をかけることなくお店を出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転職後は、高確率でそれまでの会社の仕事は出来事は美化されます。

転職後は、大体の場合、以前の仕事でのたいていは美化された記憶となります。実際のところ現在の職に問題があるから、そういった思いを解決するべく思い切って再就職を決めたはずなのに、時間の経過とともになぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良かった」と感じるのです。至極当然で、前の職では仕事の手順に慣れていて、きちんと与えられた業務がたやすくこなせていたからというのがというのもあるでしょう。だが実際は「転職などするべきでなかった」と思うほど、前の仕事のほうが労働環境や、自分に向いていたケースも考えられます。

転職して仕事先を一新するということは、自身に見合・・

転職して仕事先を一新するということは、自分自身に見合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選びたいものです。勤め先を変えれば、自分の向いている仕事にありつくことができるかもしれません。ただ、プラスの面だけではなく、相応の努力やスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。逆をいうと、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつく、ということなのです。ここ最近は、「職業選択の自由」が社会的に当たり前になっているので、仕事場を変えても何の困難も生じないでしょう。この様な情勢下では、現代は「価値ある人材が欲しい」と感じている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を生かしていきましょう。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接官から「転職理由をお聞かせください」といった形で、高確率で質問されます。こういった場合、前の職場の「人間関係」「働く環境」についての不満に受け止められる返しは、できる限りしないほうが良いでしょう。というのも、此の様な内容の話は、採用される可能性を逃してしまうことになります。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても重要で、まずは「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のように将来を見据えた受け答えが良い成果につながります。

古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、現・・

”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。ただ、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。転職しようと考える場合、適した時期を捉える必要があります。まず、今現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、何が不服なのか、何が不適なのかを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探してみてください。そうしておくことで、将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、今より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。

これまでの私は、転職サイトを利用するよりも、私はハローワーク派でした。

前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの求人情報をリサーチする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、掲載される企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「どんな求人があるかわからない」というイメージがある方も多いかもしれません。思いもよらず、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、近いうちに転職を考えている人はお近くのハローワークに行って相談してみてください。有名な転職サイトのようなこれでもかというくらいの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都会から地方に移住した上で転職したい、と検討している人、実践している人が増えています。最近では求人情報サイトを見れば、地方・郊外での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ですが、地方や郊外での求人情報は、都心のような選択肢は期待できないのがデメリットといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも定期的に確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの関連情報もアンテナを張っておきましょう。

私が勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

私は以前かなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質に関してもまちまちでほとんどの場合、十分だと感じる対応をしてくれないアドバイザーばかり。私にとってはかなり重要なことことだからもっと真剣に向き合ってほしいという落胆した気持ちが募りました。そのことが発端となって私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格取得のためには経済的な負担も増えましたし資格取得のための勉強に関してもかなり大変なわけですが、仕事を探している方からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえる人になるべく努力しています。

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に注意してほしいことが数点あります。なんとなく派遣に対して、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」などの仕事内容をぼんやりと考えた人がおそらく少なくないでしょう。私自身も現在働いている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。が、実際に入社してみると、まさか「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とはかなり違っていたので全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

-コラム