コラム

転職サイトで登録したあとに、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

「転職エージェント」では、登録後、電話・メールが何回も掛かってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。初めて利用された人はかなりびっくりする場合が少なくありません。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事だと考えられるので、非常に積極的に行動します。中でも大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬がもらえるシステムなので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが多いものです。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職に妥協しないように気をつけることが大事です。

私は20代で転職を2度行い、現在、資格取得のために「派遣社員」を選択しています。

私は20代の時点で転職を2回し、現在、資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務でないため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。しかし、心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時に資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。資格を活かして働いている方と話すと私もああなりたかったと感じてしまいます。これまでの私は、自分と他人を比べてしまい、悩んでしまうこともありました。しかし、結婚を経験し、私の生活自体が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

シフトの仕事に関する話です。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を…

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については面接の際に確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の穴埋めとして、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任者が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更の必要があり上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「本当によく耐えたな」と。

友人・知人による紹介で転職する先を探す人もいるでしょう。

知っている人からの紹介を通じて転職を叶えようとしている人もいるでしょう。…が、転職の先の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると面倒なことになるおそれがあります。口コミである以上、ある特定の人の口コミというのは誤解・齟齬が多くなってしまいます。紹介者にとって、働きやすい職場だったとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性があります。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、最後は自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの・・

多くの場合大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には向いていません。おまけに、地方ではその機会はずっと厳しくなるでしょう。しかし製造業においては、地方の工業団地のあたりに工場を持っていることも少なくありません。さらに、その地方工場では事業拡大とともに「中途採用」を行っているので、そのチャンスを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する会社の情報をまえもって仕入れておきましょう。ホームページをチェックし、求人の予定がないか、マメに確認されることをお勧めします。

転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくだ・・

転職の面接において企業側からクールビズでお越しくださいと言われることがありますが、なかには、クールビズで行くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を心に感じている人にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われたのなら、書かれていることを素直に聞き入れたほうが間違いないです。迷いすぎてしまい、暑い時期にクールビズでないのは相手側に暑苦しいと思われますから、クールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで構わないのです。

転職を成功させたいのなら、最初から情報を集めることをしておきましょう。

転職をスムーズなものにするには、あらかじめ、徹底した情報収集が不可欠です。そうしようと思うのなら昨今はほんの中小零細企業の意地でかHPで企業のことをわかるケースが普通だから、インターネットの機能を活用して自分が知りたい情報を調べておくとまたその会社について疑問を解消しておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも意外な発見があるはずです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも希望している職場を自分の目で判断するのも大事です。

昔働いていた会社でのことですが嫌な上司に嫌な気分にさせられ…

在職していた会社で嫌な感じの上司に悩みを抱えて、ついに耐えきれずに退職し、同業他社に職を変えました。そこでは居心地よく仕事ができ非常に満足していましたが、月日の経過とともに会社の売上が悪化し、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。その統合先の会社がなんと転職前に働いていた会社で、加えて反りが合わない上司がまた私の上司になることになりました。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょう。当然新しい転職活動を始動しています。

転職の時の面接などの際に名刺を差し出されたとしたら、…

再就職の面接などにおいて名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に迷った際は、大体は渡さないもの、と知っておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための採用活動の一部です。ですから普通に考えれば名刺を交換する場とは違います。合わせて、会社の人としてではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。ですので、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらは名刺をもらうだけで問題なくて、担当者に相手にあげる義務は少しもないと言えます。

転職をする活動をする人の大半は「ほんの少しでもはやく、…

今の会社を辞めたいと転職を希望する人の大半は「できるだけはやく、内定(採用通知)が欲しい」と思ってしまいがちです。とはいえ内定通知が欲しいばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、またその逆で自分を安売りしてしまう売り込みをするのは可能な限りよしましょう。焦る気持ちをぐっと抑えて、落ちついて自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く見極めていきましょう。

大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。私が実際に体験したことなのですが、私は、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で飲食店(レストラン)で仕事をしていた期間があります。その飲食店での業務内容は、その飲食店で担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金になり、仕事をやめる羽目になりましたが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランでメニューとして扱っていた食べ物すら苦手になり、同ジャンルの店には現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に向き合う必要があります。

派遣として働く会社が決まりました。

派遣会社での仕事が決まりました。就業1日目に営業の担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、約束した店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思って店内に入ってみたところ、なんと雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んで卑猥なグラビアページを開いて読んでいるところを発見しました。自分の担当者がここまで酷いのはまっぴらごめんと判断し、声をかけることもなく気付かれないようにコンビニの外へ出てすぐに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

転職した際には、だいたいの場合はそれまでの仕事での美化された記憶となります。

転職した際には、だいたいの場合は以前の会社の仕事はは美化されるはずです。そもそも今の会社に問題があるから、それを払拭するためにやっと転職を決意したはずなのに、気付けば「前の職場のほうがマシだった」と思う機会が増えてきます。というのは当然のことで、前の職では業務を把握していて、簡単に日常の業務がたやすく消化できていたのも一番のというのもあります。実際は「転職しなけりゃよかった」といえるほど、過去の会社のほうが環境や高く評価されていたことがあります。

転職で勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合す…

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った居心地の良い場所を見つけたほうが良いということです。職場を変えればあなたに適した仕事にありつくことができるかもしれません。しかしながら、プラスの面だけではなく、即戦力となりうるスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に巡り会える、ということなのです。今の時代は「職業選択の自由」が社会通念上として認められていて、仕事を変えても特に問題はありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある昨今、「即戦力になる人材が欲しい」と願う企業も増加傾向にあるので、このチャンスを有効活用してみてください。

転職時の面接の時に人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?…

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由をお聞かせください」といった形で、かなりの確率で質問されます。この場合、どんな事情があっても、前の職場の「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴を絡めた返しなどは、できるだけ口にしないことをお勧めします。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大切です。、とりあえず「新しい職場ではスキルを生かしながら、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のように仕事に対して前向きな受け答えが良い結果につながるのです。

昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、現在、「転職」が自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかしながら、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職するつもりなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。はじめに、今やっている職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと思う点を、5~10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みすることなく、より良い仕事を手に入れるべく頑張ってみましょう。

これまでは求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」を利用していました。

今までは、新しい職場を探すときは主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に寄り添った企業が多く、安心して面接に進むことができます。「どんな求人があるかわからない」というイメージがある人もいるかもしれません。ですが、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、近いうちに転職したい場合は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたいにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

もしあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」など・・

もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。この頃は転職サイトを見れば、国内のどの地域の求人も手軽にアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないのが正直なところです。ですから、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもきちんと確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポート系のイベントについても注視しておきましょう。

以前はかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自分が転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。サポートしてくれる担当者の質が驚くほど様々あってそのほとんどは物足らないと感じる人ばかりでした。こっちは人生がの大事な事なのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという欲が積もって、その事がきっかけとなって私はキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得は費用もかかったし資格取得のための勉強に関してもかなり大変ですが、仕事を探している人から信頼される人間になるために努力しています。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている…

転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたい点が数点あります。一般的に派遣に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」などの仕事を思った人がおそらく少なくないでしょう。本音を言うと私もそう思ってました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「メインの業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを要求されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめに説明された内容とは全く違うので日々とても困惑しています。今は、契約期間が終わるのを待つだけです。

-コラム