コラム

転職を行うとき、前もって、ハローワークの求人票を閲覧したり・・

転職活動の際は、前もって、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

転職を行うにあたっては、あらかじめ、ハローワークの求人票を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。ところが、その会社が情報を公表するにあたっては、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の会社や社員に関連する情報については、額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。美辞麗句を信じて会社に入った場合、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は文句をつけて、辞めさせないように仕向けてきます。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

長年接客業で勤務していたのですが、年齢的に立って行う仕事は…

長きにわたって接客業で働いていたのですが、年齢を重ねると共に立った仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを目標にして活動しました。事務の経験がなければ少々厳しくて、だから接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格試験にも合格し個人病院に転職をしました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた頃より家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、今はキャリアの形成時と受け入れ頑張ります。

在職中には、なるべく周囲にバレないように(自身のと…

在職中であるのなら、できれば周りの人間にバレないよう(ちなみに私のときは)在職中に転身したいという気持ちだけを活動初期の段階で社内で言ってみたことがあります。ですが、その顎、転職情報を色々とチェックしてみたのですが、結局転職先も転職するタイミングすら無計画なまま決まらないまま、ダラダラと時間だけが経過してしまいました。当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理による現政権によって…

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策が金融政策ともあいまって財界・民間企業側からも新時代となる社会的な変化が顕在化しつつあります。そのこともあり企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がかなり深刻な社会問題となっています。なお、「外国人労働者」の数を高めていくと安倍政権は方針として掲げています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

もしも転職をするなら転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしもあなたが近い将来、転職するのなら、あらかじめ資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくと、転職活動の際にそれを有効活用できるので、新しい仕事も探しやすくなります。ですので、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得がベストタイミングになります。あなたが未来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも躊躇なく次に進められるはずです。加えて、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の時には「即戦力」と判断され、それまでより待遇アップも期待できるでしょう。

派遣の会社に登録しています。ウェブサイト上で何の気なし…

派遣会社に入っています。ウェブサイト内でふと条件のよい仕事を見つけて応募しようとすると「その仕事はもう別の方の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報が見えなくなるのですが、翌日になればもう一度載っています。これは要するに私ではダメってことですよね。そうであるならば初めからカドが立たないくらいで正直に言ってくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはまたもしかすると偽りの仕事なのでしょうか?

年内中に転職予定がある人で、次までの仕事に期間がある方・・

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。これは今働いている会社側が「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、今の会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れることもあります。このときの、失業手当の金額は会社で最後の勤務月の給料がもとになって失業手当の支給する額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

人生はじめての転職をされるなら、気を付けなければいけないのは…

最初に転職を行う際、注意すべきことはどうして現職を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。その後問題を解決できるであろう企業を選んでいきましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を続けていく必要があるため、時間と体力がなければやっていけません。それがために理由を明確にせず転職しようとすると途中で行き詰まってしまう可能性もあります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という強固な気持ちがなければ、転職活動を行うのはしないほうが良いでしょう。

退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転社を度々しないための対策は至ってシンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を鍛えられます。たとえば「海外旅行」です。海外旅行に行くと、言葉も文化も違うので、刺激が山ほどあります。ですから、帰って来てから変化があるのです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、これまでとは比べようがないほどに自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ですが、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いので休暇も必要です。

将来に目を向け、楽しみながら再就職と向き合っていけば、…

楽しい気持ちを持ちながら再就職ができれば、精神的に負担を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。またメンタルにも健やかであれば、割と早く転職先も見つかるはずです。最良なのは、やはり、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の仕事を辞めずに新たな仕事を探すのが良いと思います。しかも、隙間をつくらなければ今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、上手に転職活動を進めていきましょう。

安定した暮らしを手に入れるために正社員として働きたいと思っている人は…

より安定した人生を欲しがり正規の社員になりたい人は相当数います。しかしながら、かなり頑張っているのに正社員としての転職が叶わないケースも少なくはいはずです。契約社員の求人募集が目につくのに正社員の求人情報以外には目もくれず落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしも、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員募集の会社のなかには、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので面接時に「正社員登用」の可能性を聞いておけば将来のプランも組みやすくなります。

転職先を探している間は、趣味に時間を費やすことに加え・・

転職期間では、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力の向上を意識しておくと良いです。転職先が決まり、復帰した時に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中力が高まります。加えて、体力アップが図れていることで、他の社員さんに比べるとスタミナがあると自ずと認識することができます。というワケで、退職後は興味のあるなことに力を入れることと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。そして、その職場であなたと同じ趣味の人と出会えれば、仲良くなるキッカケになるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職する際は、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思います・・

転職を行うにあたっては、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる角度から見ると、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。でも、実際には『クロ』で「これではいけないと思い、火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ関わったらトラブルに遭遇する可能性も高いと判断するのが妥当だと思います。というか、いい会社だったら煙など立たないものです。

転職をする際に見ることになる求人内容についてはおおまかなものとし…

転職を考えている時に見る募集事項に関しては、参考程度に記載されている、という事も少なくありません。そのため、そこに掲載されている情報はすべて正確であるとは簡単に信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。中でもとりわけ報酬の金額などにおいては、平均の金額なのか?最低保証の金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という読みができない場合が多く、自分判断で理解したつもりでいると、後から後悔することになる事もあるでしょう。ですので、悔いることのないように、求人情報というのは、うのみにせずに、そういったとても大事な事は会社の方に直に確認を取ってみた方が適切でしょう。

求人関連の情報では、大部分の場合は普通の会社では月収が記載されているはずです。

求人関連の情報では、多くの株式会社では月の給与等が記載されています。でもこの月収を頭に入れる時には、深く確認する事が大事です。その額の多い少ないだけを見てわかってしまわないほうが無難です。会社によっては、月収の金額の内訳で月10時間残業の場合が含まれているかもしれません。残業代をあえて含めることで好条件であるかのように見せ、人材を募集していることも珍しくありません。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている企業もあったります。だから、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職時の面接でほぼ100%問われるのは以前勤務していたところを退職…

転職をする際でかなり高い確率で投げかけられる質問が前の職を辞職したわけですが、この質問に答える時には話題を辞めた会社にしない方が無難です。会社を辞めた経緯を的にしてしまうと絶対にマイナス面を含んだ話の内容になってしまいます。ポイントとしては、どうして前職を退職したかという点をこちらの会社になにがなんでも入りたいと思っていたからといった話の中身にできたらベストという感じで、今、自分が面接している会社の方に話の内容を傾けていきましょう。そういう話ならば、マイナスではなくプラス面を印象づける辞職の訳にすることができます。

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

失業した人がもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。それまで勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険を受け取れる間は遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り慌てて仕事を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、面接の時にその手の質問をされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。

転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが…

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの意志で退職願を出して退職する、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が確認されてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってそれが原因となりハローワークの保険担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。

派遣会社を利用して働く人が過去の規制緩和以降、増える傾向にあります。

派遣会社を介して仕事をする人が近頃増加する傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをできるだけ面接の際に質問しましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、酷い派遣会社では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合もかなりあります。面接の際にきちんと返答しない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできる限りそこを利用するのを止めておくのが賢明です。

新卒で入った会社を辞め、転職を決意しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職することになりました。実際にやめる前後は、とても将来のことを考え不安になりました。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用として働いている人が大半であると私自身が会社を辞めたことで痛感し、いつの間にか不安な気持ちが無くなりました。また1度、転職したことでなにか肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが喜びになっていきました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような転職を否定する意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合、転職を決断して良かったです。

-コラム