コラム

転職をする場合必ず用意する履歴書などにおいては、大方は…

再就職する際に絶対に書く履歴書や職務経歴書についてです・・

再就職しようとする場合絶対に書く必要がある履歴書についてですが、基本、パソコンを使って作るのが一般的です。現代の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で作るのが一般常識だと捉えられている面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、転職に関しては履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く買う会社もありますけど、違う場合がだんだん多くなってきているので、パソコンを使って作成した履歴書や職務経歴書でも大丈夫な場合はかなりあるのです。

転職というものを考える際、転職したあとの自分の給料ばかりを気にする人は…

転職を考える際、その職場の給与を気にしすぎる人が意外と多く見受けられます。とうぜん大半の人は、だから生活費を給与としてもらうために仕事をしているでしょう。ですから年収がいくらかは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので大切なのは至極当然です。しかしながら、愚かにももらっている年収の額に固執しすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?それより年収が期待できない業種でったも精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

クールビズの服装で転職の面接を受けに行くときには、さすがにジャケット…

クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に臨む際には、ジャケットはさすがに着用しなくても安心であるとはっきりと分かりますが、ネクタイは着用しておいたほうが好印象を与えてくれます。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だとする会社もある可能性はあるにはありますが、ことネクタイに関しては例えクールビズだろうと着用して行く必要があると考えている会社がある程度存在するわけです。そういった訳で、例えクールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイに関しては絶対に着用いく方が悪い印象を与えないということは認識しておいてください。

大きな転職エージェントほど、多くの案件を扱っているという魅力がありますが、…

大規模な転職エージェントほど、多種多様な案件を持っているという長所があるといえますが、その反面、転職希望登録者も大勢いる可能性が高いです。それゆえにあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフが「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先することも考えられます。大規模なエージェントの運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、発想を変更して中小規模のエージェントたちに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できませんか?と話しをすると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

3日ほど前転職先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。登録カウンセリングに出てきた担当の人が見たところ入社して間もない新入社員のようで、こちら側が説明している話の半分もその社員はわかってはいない感じです!にもかかわらず「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと強みと弱みを知っておくことが重要でしょう」とか、私のことをすべて理解しているかのように横柄にしゃべるから大変不愉快でした。カウンセリングをする人はいくらかカウンセリングの経験がある人にしてほしいと思います。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須です。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。多数の会社は履歴書や職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえるでしょう。ただ記入するだけにとどまらず、内容を充実させることが必要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入してみましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など具体的に記します。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための有益な方法です。

転職にあたって相応の準備が必要となります。

再就職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見える「ファッション」は大事な部分だと感じてしまいます。でも、最近の企業面接に関しては私服で大丈夫な会社があるので、ビジネススーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、考え方が柔軟でスーツでいかないほうが相手からの印象が良くなります。また、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服だと、面接中、洋服について、盛り上がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、これから転職する際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今勤めている会社の退職があります。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先が採用の内定を出したとしても、現職の会社が退職を慰留することも少なくありません。そのようなケースでは、負けることなく退職する、という強固な意思を維持することが大事といえます。会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきます。そのあとに、決定権のある上司と相談し、退職を撤回する考えはありませんと、正直に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要な要素です。

職を変える際にいるビジネススーツの色味については、新卒の就職活動…

仕事の面接で着るスーツの色は、新卒の就活に着用する色味が基本的です。ということは、紺色や黒色といった感じのような暗めの色合い、ということになります。転職の面接においても、着用していくスーツの色はこういった落ち着いた色が大方を占めそうでない色のスーツの人はほとんどいません。あえて言うならば、グレー系が少しいるほどです。だいたいは黒や紺とかのスーツがほとんどなのです。ですから、会社側から見ても黒や紺のスーツが普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という観点においてはおすすめということになります。

転職活動をしていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしていると、面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは異なり転職理由についてそのまま話すのはよくありません。転職理由でよくある収入に対する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向な志望動機に変えていきましょう。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。ですが、仕事を続けつつ求人を探し応募したり、面接に行くのは時間調整も含めて負担が大きいといえるでしょう。また、転職活動時は、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しておくべきです。

生涯初の失業保険を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと考えている…

生まれて初めて失業保険を受ける場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が大部分ですが、それは正しくありません。現実には、失業保険をきちんと受け取り続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。他方、真面目に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、問答無用で給付が一時停止となったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、充分に気をつけてください。

来週からでも転職することを希望しているのなら、現…

いよいよ転職をするに当たっては、現状の業務での不満に思う部分を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らない点があるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「しっかりと業務や仕事の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を抑えることは可能なはずです。

転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動する人は少なくありません。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動することは今では当たり前のことです。とはいっても、同時に転職フェアに参加するのがおすすめです。多くの企業が一堂に会し、参加することでいろんな企業について知ることができますし、そして、常駐するスタッフ(説明員など)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加される場合は、面接を受けに行くのだと思ってしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。その結果としてフェアを通じて、企業側から魅力的な人材、と思われれば、その後の面接等に進む時に有利になることが期待できます。

このように今現在の企業の雇用事情の慌ただしい変化に当たって、働きざかりの世代の…

ここ最近の会社や企業の雇用形態の目まぐるしい変移をに当たって、働きざかりの世代の中で若い世代ほど関心度が高いといわれています。十中八九今後の転職とキャリアアップを視野に入れているのでしょう。こういった背景からサラリーマンや労働者の「流動化」が年々大きくなっているので、加えて、将来、より広い世代で転職についての関心度が強まっていくでしょう。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は当たり前となりつつあります。終身雇用が蔓延していた時代には転職者には悪いイメージがあり、転職が思ったようにいかないケースもたくさんあったようです。しかしながら、時代の変化もあり、今現在の会社に固執する意味が特に無いように思います。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接時には、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはまず無理です。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

将来転職活動をされるなら、気になった求人(職種)を見つけたと…

転職活動をされているのなら、気になった求人(または業種)を見るたびに逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、業界に関するマイナス面について教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そういうチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとでガッカリしてしまうおそれがあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、スタッフの出入りが激しい」といった場合も多いので、興味をもった案件や業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

もし再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。加えて、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに転職のことを口にするのはお勧めしません。そういった状態を避けるために、現在の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、会社を退職することができます。そして、トラブルなく退職できれば、転職後に、相談にのってもらえる機会も出来ます。規模や業界に関係なく、どのような企業も人とのつながりが重視されるので、会社を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

新たな勤め先で今までに培ってきたキャリアが生かせれば、…

再就職した会社で今までに培ってきた能力をフル活用できれば、即戦力と見られて割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。また雇い主としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえあえば、すんなりと採用されるでしょう。それに加えて過去の仕事と同じなら転職は非常にカンタンになるでしょう。とは言っても、まずまずの実力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代や景気に関係なく中々の競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職を成功させるための面接に関して、してはいけない…

転職の際に欠かせない面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいとあからさまな猫かぶりしていると、正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないために思い切って面接時は、「育休」などの、普通ならちょっと聞きにくいことも勇気を持って率直に質問しておくと、最終的に確実にあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけとそういった質問をすると面接で良い結果が期待できないのではないか」と不安がるかもしれません。ところが悪い印象を持たれることは最終的には可能性が高いといいます。この手の労働環境やお金に関する内容は、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接で緊張していると、はっきりと聞けないものです。そこで、逆手に取って、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

-コラム