コラム

転職するにも全てがスムーズに進行する確証はどこにもありません。

転職を考えたとしても、全部が都合よく運ぶ確証はどこにもありません。

転職活動をしたとしても、万事スムーズに進行する保証はありません。もしも転職するのなら、可能なら出来るだけ早い時期に考えておくべきでしょう。たいていの場合、20代のうちはかなり有利ですが、これが30代後半から40歳代に達してしまってからの転職というのは厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、重要なポジションにいる場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の会社に籍を置くことも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、今の仕事は続けながらじっくり探すほうが失敗することもありません。

新しい職を探す際、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

就職活動には、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もあるでしょうが、仮にそういった場所で登録してその結果仕事に就くことができたとしても、失業保険は給付されない。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険の給付対象にはならないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。なお、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就業したときは、就業のための準備費用として一時金が支給されます。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きは取ってくれません。このような点を無視していると、失業中に給付金をもらえなくなるので、注意が必要です。

ついこの間、転職したというのに、何ヶ月もたっていない・・

ちょっと前に転職をやっとしたばかりだというのに、わずかしかたっていないのに退職を決断する人が意外と多かったりします。何故そうかと考えてみると私の考えでは自分に合った職場を見つけたものの、「自分の理想としていた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」というワケで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならばこういった、転職先選びで繰り返さないために、第一に、事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、などあれこれ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

前の求人情報に雇用主の希望する「性別」が記載されているのがほとんどでした。

一昔前の求人誌には、雇用主の希望する「性別」が当然のように書かれていました。けれど今現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が雇用の際にしてはいけないルールとなり、応募条件の概要に男女の性別を記載しないようになりました。しかし働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。そんなわけで、実際は男手が希望のジャンルに女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といったようなトラブルが少なくありません。もし、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容の案件は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方がべきです。

転職した場所では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職する企業で、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職して1年目は大方試用期間が含まれることもケースが多かったりもします。私自身の転職したときは、どうにかして転職したのに、なんと以前の職場での稼ぎと大方イコールでした。それに加えて、仕事はとてもキツく、たいへん責任も重大だったために、1年目を乗り越えるのに本当に労力を伴いました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、状況が許す限りやれるだけ転職するよりも前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

活躍の場を広げたいと、転職サイトを利用してあなたの可能性を広げてく…

現在の仕事に不安があり、転職サイトを利用して自分の活躍の場が広がる働いてみたいと思えるような仕事情報を見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは異なります。その答えは、どう比べても、比較対象にならないほどとても質が良いといえます。しかも、自分に合ったものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望通りの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに探すのと比べれば非常に効率的です。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

転職先を決めるにあたって、やりがいのある仕事か考えるとも大事だけ・・

転職するならば、もちろん仕事におけるやりがいのアップと共にさらに年収が増えることも大事なポイントになるので「年収サイト」というところに登録して事前に調査をしています。同一の会社でそして一緒の職種、社歴であるにも関わらずすごく人によって幅があることも多数あり、ぶっちゃけて言うと面接で質問をしたことがあります。面接官も同じサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた方も誰だろうとそこそこ予想がついてるんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

今の自らの職場・仕事内容について大半の人は不満を感じていると思います。

今現在の自分の仕事や業務に関して、何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキルや仕事での能力を正当に評価されていない」そして、「賃金は変わらないし、昇進の見込みもない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分自身の本来の技量を過剰評価している場合が多いものです。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職するまでに長い時間がかかる可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性があります。ですから転職を円滑に行うためには、「本来の自分のスキルや能力」を厳しい目で客観的に評価してみてください。

経験したことがない業界などに転業したいと思っている場合には・・

経験したことがない分野などに転身したいと思っている場合には、自分が前の業界で養われた力やこれまでやってきたことを生かすことができるという訴えがいるようになります。その分野の未経験者はその分その業種の経験者よりも損にはなりますが、自らの持っている力がそのジャンルでも十分に生かせるということをうまく相手に言えば、勝負になることもあり得ます。したがって、経験したことがない分野に挑戦するときには、その業種と前の職場でやっていた職務とのつながりをできる限り考えましょう。

派遣で会社で働いています。派遣法とかのからみでやむを得…

派遣として働いています。派遣法とかの関係で不本意にも長く務めてきた就業先での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣の方の中には、派遣先の会社で正規社員の条件をつかみ取った方もいるのですがはっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いが上手な人でお引き立てがあったよう。業務上のスキルより上司にゴマをするスキルの方が大切なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣の仲間と派遣先の職場で毎日愚痴を言ってます。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社も増加しています。

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、あなたに特許出願の経験があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を発表したことのある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような勧誘をされた際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。たまに、「ヘッドハンティング」と称し、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、そのような会社は完全にサギであるので引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が支払うものではありません。

転職活動中は、無意識のうちに時間があるため、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。

転職期間中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。だとしても、そのような過ごし方はおすすめしません。人間というのは、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。そのうち、働く意欲がなくなり、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事が決められなくなるのは、お金を一番に考えてしまうからです。もらえるお金を一番に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

転職時の面接で使う腕時計について申し上げますが、目立つタイプ…

転職する時に行われる面接でつける腕時計のことなのですが、明らかに目を惹くようなものは着用は避けたほうが最善です。この場合の目立つというのはブランドの腕時計とか、といったことだけではありません。それとは逆にチープなものに見えてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって真反対の目立つのだと捉えておいてください。転職時の面接にしていく腕時計においてもポジションとしてはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接に適切なものを選択した方が確実だと言えます。そうはいっても、自身の年齢に適しているということもとても肝心であって、新卒で受けた面接のときに準備したものよりはほんのわずかであっても値段が高いものにした方が好ましいとはっきりと断言できます。

近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり…

昨今では、株・不動産投資といった、不労所得で生計を立てたり、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった背景もあり、「起業することは怖い」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、どう転ぶかわからない株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働くほうが堅実でした。人生の花形として、またそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。そんな成長期は過ぎ去り、現在は、「成熟期」といった名称で付けられています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が必要なくなると言われています。

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される数も多くなるの…

転職サイトは、大手であるほど案件が多いため、約2~3社ほどともかくメンバー登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、加えて条件に合った案件が自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。ただ、最初は登録するのがそこそこ大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、初めにきちんと準備しておくことを心がけましょう。

もしあなたが、転身を意思を固めたのなら、徹底して会社の人に…

仮にあなたが、とらばーゆの思い立ったのなら、徹底して会社の人にはひそかにその意思がばれないように、首尾よく転職活動していき、現職期間中には、可能なだけ同僚に知られないように淡々と仕事をする方がもっとも安全です。現職中、その姿勢でいれば、条件に沿う転職先が見つからなくても、転職予定を引き伸ばしながら、今の職をそれまで通りにし続けても簡単にできます。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人間は、その言葉に合わせて動き出します。また会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あの人は転職する予定の人」と確定します。その後で転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中は、肩身の狭い思いををする可能性が高いです。

近頃パソコンやスマホで調べればネットのエリアには、転職系のサイ・・

どうもパソコンは便利でインターネットで見られる世界には今では転職系のサイトが数多く存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを見いだすにはなんといっても情報を集めることが欠かせません。こんなサイトを上手く使いこなすことで、効率的な転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを他と比べつつ、チェックしてみてください。

転職したい会社の採用面接に希望先の会社へ訪ねました。

転職のための採用面接に転職したい会社へ訪ねました。会社の会議室が空いていないというわけで社外で面接官と待ち合わせで採用面接をし、その場所で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま帰宅するとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が一緒だったのです。なので電車の中でも面接官とずっと話をしながら帰ることとなり、すっかり緊張がなくなり面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったからなのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。

求人サイトをチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、…

求人誌を見る際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そうした人には「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解しているはずです。実際に、製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する部門も結構多くあります。しかし、製造業にはありがちですが、ビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。ただし、自身の執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。

転職活動のコツは企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接係員…

転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより、どっちかというと「担当面接官」との勝負といえます。面接官に良い印象を与えるために、初歩として面接だからといって冷静に対応しましょう。たとえばお見合いするかのような姿勢でいる向かうと問題はありません。また面接ではまずはじめにあなたの人となりを見られるのでマイナスな印象につながる行動は注意しゼッタイに避けましょう。また良識ある社会人らしく綺麗に整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

-コラム