コラム

とある古物商の求人に応募し、書類審査に受かりました。すぐに…

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。す…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どういうわけか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、終始だらしのない態度で迎えられ、面接を終えました。が、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、仕方がないのでふたたび、問い合わせたところ「今回は見送らせてもらいました」とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。私は呆れて言葉を失いましたが、不採用で良かったと感謝しています。

就職活動時に気を付けて欲しい求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、…

転職活動をする場合に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合が少なくありません。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を組み込む、といった仕組みになります。(注・合法です)もし求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」ということになるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』を表記していないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。

職場環境が原因で精神的な負担が大きくなり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら…

働くことによって回復が難しいほど心的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより家族と話し合い、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、働くことは当事者である自分ではあります。が、しかし身内の問題ともいえます。どんなに高い給料をもらっていたからといって、精神がボロボロになるほど我慢しながら延々と仕事をするのは良い状態とは言えません。今の時代は物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の身内や、あなた自身の心と体を大事にしましょう。

実際に失業保険の給付を受けるためには、職を探しているという証明が必要となります。

実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。ですが、「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずはゆっくりしたい」というのが現実だと思います。ちゃんと働き先を探しているように見せる方法は、あります。月に一度ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必要ですが、その場にて、「求人票」をチェックすることを少なくともしておきましょう。本気になって探すモチベーションがわかないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が残念なことに見当たりませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという手もあります。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は務めとしてやっぱ…

看護師という仕事は、やっぱり女性比率がかなり高い職種です。ご存知のように気力それから体力の大きく消耗する職場ともいえます。そのために、職場の環境での人間関係の問題や、結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい職業ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっているのです。常に各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける原因になっているのでしょう。

転業を予定しているのなら、こまめにたくさんの企業の募集…

転職を予定しているのなら、いろいろな企業の情報を定期的に調べておくと再就職先の選択をするときに役立ちます。今現在の職場にやりがいを感じていないケースでは、実際に転職活動をするときに、どこの企業も魅力的です。そうなったら、どこを選ぶべきかわからなくなり、選択を誤りかねません。よって、最終的にはごく短期間で転職を考える羽目になるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そうでない企業は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

転職のための活動を効率的にやっていくには、常に自…

転職をする活動を成功させるには、まず必ず自分自身の心が慌てないことをとても重要視しましょう。まだ会社を辞めないで転職活動を行う場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってからする際は、やはり気持ちが焦燥感が出るものです。そのため、冷静になりつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを具体的にしてみてください。実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか否か、しっかり、冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで満足いく転職が実現します。

今ある自分のスキルを有効活用しながら、就職活動を考える場合・・

自分のスキルや資格を活かしつつ、転職を検討する場合は、比較的、再就職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を前もって理解しておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人材が不足している「医療・介護」系がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事に対しての不満によって、他業界に再就職したいと思っているなら、すぐに行動するのはキケンです。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くはないのです。なので、安易に考えない事が必要です。転職される場合は、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業だった…

転職の際の面接は、規模の小さい企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあるようです。具体的には、これから一緒に仕事をする担当者、というような課長や部長などの管理職クラスが面接をしてくれることもあります。特に、事務系や営業系などのカテゴリでは、資格を通じた人の判断をするのが難しいですから、やはり自分という人物を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。担当者から「この候補者はしっかり自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

再就職をするときに比較的要となるのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職する際、要となるのが「面接」です。普通、面接の際は面接官が応募者に対して、転職の動機や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして必ず、面接の終了間際に次は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「何か我が社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が対応できず、慌ててしまうかもしれません。こういった場面に備えて、事前に面接担当者からの問いに対し、(あなたからの質問を)整理しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

今後、労働力という観点において一段と簡単な労働は機械に変換さ…

今後、私たちの労働環境において考えなくてもできる労働は機械化によって当然の結果として必要なマンパワーはどうしても削減させられてしまいます。その理由は、シンプルな作業という観点では機械を稼働させたほうが数段にすぐれているからです。数を数えたり同じ動作を延々と反復したりすることは機械では当然問題ありません。もちろん人間とは違って文句も言わない、ペースが変わることもなくズルもしないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。そして、「人件費」が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として人を使う理由が無さすぎるため、機械に置き代わるのも当然といえます。

派遣社員になっても契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではな…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職活動によって思い知らされました。私は結婚生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、約1年半~2年ほど今の職場で仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、正社員より給料は少なかったですが、ですが家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、入社したあとに、一緒に働く人たちの大半のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。

看護師でありながら他の仕事に転職の原因はその人それぞれです。

看護師でありながらそれと違う仕事に転職の理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、看護師の転職には「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから配偶者のこともあって出産と子育てそれから親の介護など、いくつかの環境の変化など、これまでのような働き方が厳しくなってしまった」「収入面で不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。しかしながら、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくり沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」ともう一度考えたうえで決断してみましょう。

女性が再就職する時、今とセクハラが問題視される前・・

女性の転職において、今現在と数年前では若干、状況に違いがあったりします。以前は面接の場で、結婚の予定や出産予定について質問されることがほとんどでした。ですが、今の社会では、こういった内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業、が当たり前になりつつあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、あからさまに避ける傾向にあります。ですが、会社側としては、はい・いいえ、だけでなく、その人の価値観、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと混ぜながら言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、安心してもらえると考えます。そういうわけで、質問されていない箇所も先にあなた自身から配慮し、話をしておくのが良いでしょう。

転職活動を行うのに、まず会社を辞めた後でと思っている人もいるようです・・

仕事を変えようとするときに、働いている会社の退社手続きを終えてからという考え方もありますが、そういった場合ボーナスがいつもらえるのかを気にしておきましょう。社員にボーナスを出す会社はそこら中にありますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる日がもう少しのときには、その日の後で退職するというのもおすすめです。ボーナスは少々大きい額になると思うので、手に入れなければ損ということも言えますから、職場を変えようと思い始めたらボーナス支給日を知っておくほうが損をしません。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのな・・

『転職したい!』と思っている人で自分の意志が強いのであれば、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨を最初に直属に上司に話した時は年度末、数ヶ月延びて退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。思うようにはいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなりなんだか信頼はなくなりました。

こういう転職ができたという話は従兄から聞いた話です。

このような話は兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒採用で絶対に入社したかった目標であるA社で行われた最終の面接で不採用となり、ですからやむを得ず他の会社で働くことになりました。それから約1年半後派遣の求人サイトを閲覧していた時偶然A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられずその時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣での就業を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってその先希望通りA社で正社員登用され、今はやりがいを持ちながら明るく働いています。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

転職先の見学は、すごく参考になります。そのなかでも「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるので楽しくもなります。そんな会社の見学では、絶対に見学者には、実際の姿を見せてはくれません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社しないと、実際の働き方が出ません。ですから、仕事=見学内容と思わないことが無難です。また、見学時に実際に仕事を体験させる会社は、かなり問題なので正直言って、注意しておくべきです。入社していない人には何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証が無いので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断りましょう。

今励んでいる転職活動をしているときに、「自分は今までに…

やっている転職活動で「私は今までずっとこういった種類の仕事を長く続けました」「過去の会社の仕事によって、このようなスキルを身につけました」とそれまでの自分の実績・セールスポイントをしっかりアピールしなくちゃと考える人はかなり多いです。しかし、希望する新たな会社で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「私が言ったような事なら積極的に貢献できるはず」と未来の姿を話して自己をアピールしていったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが強化されたり・・

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、社名の公表がなされるなど、罰則も強化されていますが、完璧ではありません。そのため、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票等に書かれている労働条件をチェックし、不安に思う項目について細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとすることがよくあります。特に「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、詳細について聞くと、渋い顔をするケースが多いです。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、その会社に入社すべきではありません。

-コラム