コラム

転職サイトに登録すれば必ず、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。初めて利用する人は大変びっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事だと考えられるので、本当に積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが多いものです。その上彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように気を付けましょう。

私は20代で転職を2回経験し、いまは資格を取るべく派遣社員で働いています。

20代前半までに転職2回で、そして現在、資格取得の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務でないため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。前よりも心と時間的な余裕ができました。学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、きちんと資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく感じてしまいます。前の私は、うまくいってる人と自分と比べて、ガッカリすることが多かったのですが、しかし今では、結婚をキッカケに生活環境も大きく変化し、以前よりも明確な進路ができて楽しく日々を過ごしています。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、一定の曜日…

「シフト制」の業務についてです。一定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を前もって確認しておくべきです。それはなぜかというと、私自身、産休で休む人の代わりにと正社員として入社したのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前任の方が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私もそう思われていたみたいです。なので「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。振り返ると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

知人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。そうはいっても転職をした先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を紹介者からの口コミをあんまり信じすぎてしまうのは、問題になるかもしれません。口コミの中でも個人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。つまり紹介者にとって、とてもよい働く場所に映っても、自身の価値観に照らし合わせたときには、そうではない環境があります。その逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、自身の目でチェックしておくようにしましょう。

一般的観点からすると大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの…

多くの場合大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。しかも都心を離れるとそのチャンスはずっと少なくなりそうです。例外として、製造業の場合においては、地方の工業団地周辺に製造の拠点としていることも可能性が高いです。その地方工場では事業拡大時に「中途採用」を積極的に行うので、この好機に転職を考えるのも悪くありません。地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社についての下調べから把握し、ホームページを覗いて、求人がないかちょくちょく確認してみてください。

転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくだ・・

再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと伝えられることもあるようです。しかし、クールビズで赴くのは実際は悪い印象を与えるのでは?と考える人がいます。そういう悩みを感じている人たちに進言したいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われているのであれば、書かれている内容をそのまま守った方が大丈夫です。色々考えすぎて、汗がだらだら出る季節にスーツをびしっと着用すると不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、会社側からクールビズ可と書かれていたらクールビズでも大丈夫というわけです。

満足できる転職を希望しているのなら、事前の意味のある情報を収集することをしておきましょう。

良い転職先を見つけるためには、最初に意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうするにはこの頃は名前を知られていない小規模な会社であろうとも公式サイトを開設しているところが多いから、ネット検索で自分の気になる点を手に入れるとまたその会社についてよくわからないことなどを解消しておくと転職に役立つはずです。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」にログインするのも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より転職候補にしている職場を自分の目で見て確かめることも大事なことです。

初めて働いた会社で感じの悪い上司の存在に心をすり減ら…

勤務していた会社で感じの悪い上司に神経を使い、その結果我慢できずに退職し、同じフィールドの他社に移りました。そこでは居心地よく仕事ができとても満足した日々でしたが、月日の経過とともに業績が落ち込み、最後にはある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合したのは驚くなかれ以前勤務していた会社で、まったく反りが合わない上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょう。当然再び転職活動をやり始めています。

再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を差し出されたとした…

再就職の面接などの場面で名刺を手渡してきたら、あなたも同じように相手の方に名刺を渡す必要があるのか?と迷った場合は、たいていは差し出すことはないと覚えておいてください。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職を得るための採用活動内のことなので、大体の場合は名刺をやりとりする時ではありません。重ねて、会社の者としてではなく、個人のことでこの場にいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらの方はもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげることは少しもないと思います。

違った職場の社員になりたいと転職をしようとがんばってい…

今と違った企業がいいと転職をする活動をするとき、「ちょっとでもはやく採用通知を手にしたい」と思ってしまうはずです。しかし、その気持ちが強くて吉報を欲しいばかりに、自分の能力に関して嘘をついたり、また逆に自分を過小評価につながるマネは可能な限り止めておきましょう。大事なのは焦燥感をブレーキを掛けて、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きで前に、飲食店(レストラン)で勤務していました。そのお店での業務は、そのお店で任されていた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。そのことが引き金になり、退職する羽目になったのですが、その影響からか、好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。好きなことを仕事にしたいと願い、それを実現させることは本当にステキだと思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて自分自身と向き合う必要があります。

派遣として働く会社が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。就業初日に営業を担当している方と就業場所の近くにあるコンビニで合流すると約束をしていたのですが、約束をした店の前にいないので店内にいるのではないかと思いコンビニの中に入ってみたところ、営業担当者は雑誌売り場の前に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいるのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて人間として恥ずかしいことと考えて、声もかけずにお店の中から出て速攻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

職を変えた際には、大体の場合、以前の仕事のほとんどは美化された記憶となります。

転職した場合には、高い確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。本当のところ現在の仕事に合意できないから、そういった思いを解決するためにせっかく新たな職に就いたのに、気付けばなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と感じる機会が増えてきます。というのはそれもそのはず、前の職では仕事に慣れていて、きちんと日常の業務が淡々とこなせていたからというのが一番の理由にあるはずです。とはいえ「退職するんじゃなかった」と後悔するほど、以前の会社の方が労働環境や、労働環境が良い場合も考えられます。

転職して仕事先を一新するということは、自分に合う自分の理想に近い場所…

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った勤め先を見つけたいものです。あなたに向いている仕事にありつくことができるかもしれません。でも、実際に行動する場合は、転職先にふさわしい能力が必要です。別の言い方をすると、あなたの技量次第で天職に就くことができる、というだけの話です。今のご時世では、「職業選択の自由」が一般的に認められているので、転職を決断しても面倒も生じないでしょう。組織と人との関係が薄まりつつある現代は「とにかく良い人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、このチャンスを生かしていきましょう。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。人事担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、ほぼ訊かれます。そのとき、いくら正論だと思っても、過去の職場の「人づきあい」「労働環境」についての愚痴やトラブルを絡めた答えは、できればやめておきましょう。此の様な内容の話は、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。そのため面接時には前向きな発言が大事です。とにかく「新しい職場で、スキルを生かしながら、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような売り込みの形が大切です。

昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、昨今、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」が当たり前の世の中になってまいりました。とはいうものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと職を変えようとするのはキケンです。転職するつもりなら、まずは良い時期を図る必要があります。ますはじめに、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと強く感じていることを、10個前後、紙にリストアップしてみましょう。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ手早く、よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。

以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

これまで私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」で探していました。その理由は、大手「転職サイト」は、なぜか都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域密着型なため、都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」という先入観がある方も多くいるかもしれません。転職サイトには掲載されていない求人があるので、数年以内に今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。有名な転職サイトのように執拗な電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」・・

転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」にて都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。ここ最近は求人情報サイトを活用すれば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。けれども、地方や郊外での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども頻繁にチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの関連情報も確認しておくとよいでしょう。

求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのです…

自分が求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、転職アドバイザーの質が様々でたいていの場合、物足りないと感じる方ばっかりでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと心して向き合ってほしいという気持ちがこみあげてきてしまいました。それが契機となり自らキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はお金がかかりました。それに加えて勉強面においてもかなりハードではありますが、就職活動中の人たちに頼りにされるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている…

転職を、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてほしいポイントが数点あります。派遣社員に対して、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく思った方がおそらく多いとは思います。私自身もそのように思っていました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。が、いざ入社してみると、なんと「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、当初の説明とは異なる内容ばかりなので毎日とても困惑しています。今はただひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

-コラム