コラム

転職活動をするいあたっては、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たりして…

転職をする場合、予め、ハローワークやネット上の求人情報を見たり…

転職をするにあたっては予め、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして興味のある会社のチェックをするはずです。ですが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、いろいろと難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

長期間接客業で勤務していたのですが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事・・

長年にわたり接客関係で働いていたのですが、加齢が原因か立ったまま行う仕事は体力的に耐えられず、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを目標にして動きました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しく、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格して個人クリニックに転職することができました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃より家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、まずキャリアを作る時期だと思って我慢します。

雇用期間にあるときは、可能ならば、悟られないよう、…

在職期間中は、可能であれば、社内の人間に悟られないよう、(私のときは)就労期間中に転職する意図だけ、早いタイミングで同僚に言ってみたことがありました。が、その顎、転職サイトを必死に見て回ったものの、悲しいことに就職先もタイミングも無計画なまま決まらずダラダラと時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方で、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すことになりました。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が主導する現内閣によっ・・

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策共々日銀の金融政策ともミックスされて、財界・民間企業間でも今までとは違う変化が増えつつあります。その変化が加わり、民間企業の側でも今度は労働人口の減少による「人員不足」が深刻化しています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を現状よりも増加させていく、であると安倍政権は宣言しています。こういった変化のなかで日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

もし転職を予定しているのなら、事前に資格を取るのがおすすめです。

将来、転職をするつもりなら、事前に資格を取得することで有利に事が運びます。また、仕事を続けているうちに、資格を取得するのがベストです。転職時に有効に使えるので、仕事を探しやすくなります。なので、在任期間中が資格取得においてのもっとも良いと言えます。あなたがキャリアアップを考えているなら、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると今の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。そして、資格を取ることができれば、面接で戦力になると判断してもらえ、以前の職場より待遇も良くなる可能性があります。

派遣会社に登録しています。サイト上でよさそうな仕事を…

今、私は派遣会社に登録しています。サイト上でなにげなく興味を引かれる仕事を探して問い合わせたところ「そのお仕事はもうすでに別の人の採用が内定しています」と答えられ一瞬ウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日にチェックすると元に戻っています。ということは結局は私だとダメだと言っているのと同じですね。そうであれば変に隠さない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。はたまたもしかして架空の仕事を載せているのでしょうか?

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は…

転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては所属する会社が社員に「雇用保険」を払っているのなら、申請をすればだれでももらえます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取ることが出来たりもします。このときの、受け取れる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

最初に転職をするのであれば、なぜ現職を辞める必要があるのかにつ…

生まれてはじめて転職を行うにあたって、注意すべきことはなぜ現在の仕事を去るのかについてはっきりすることです。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その後問題を改善してくれそうな会社を選択してください。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら転職活動をしていくため、時間と体力が必要です。だからこそ明確な理由が頭にない状態で転職を試みた場合、途中で挫折してしまう場合があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。

退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。今では、インターネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、精神面は強化できます。その典型例がズバリ「海外に行くこと」です。海外は、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでとは比べようがないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ですが、退職してすぐは、精神面がダメージを受けやすいので休暇も必要です。

楽しく過ごしつつ、再就職と向き合えれば、精神的な重荷も少ないので…

将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活動をすることができたら、精神的な重荷が減少するので、転職期間に堕落はしないですみます。おまけに精神的な箇所が良好な状態のままであれば、じきに転職先も見つかるはずです。そうする為には、休職期間をつくることなく転職先を見つけることが大事です。一番は働きながら次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いでしょう。おまけに、休職期間をなくすことで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうしておけば、職歴にも空白期間がなく、今後に響きません。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、うまく転職活動を考えていきましょう。

安定した生活を願って正規の社員を目指している人は相当数います。

安定的な人生を欲しがって正規の雇用社員として働くことを意識している人がかなりいらっしゃる、というのが現実です。でも、即戦力として働けるように頑張っていても、中々正規雇用が叶わないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人情報があるのに正規雇用の求人に固執し、応募しない人も少なくないでしょう。仮にあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集にも目を通してみましょう。会社によっては、その人の手腕によって、数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップできることもあるからです。ですから面接を受ける際に、こうした可能性を質問しても将来設計も組みやすくなります。

転職期間中には、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ・・

転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の向上を意識しておくと良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事復帰した時に、趣味に集中していたおかげで知らない間に集中力が上がります。加えて、体力アップしているために、他の社員と比べるとスタミナがあると認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の好きなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにしておくのがベストです。将来、働き出した会社で同様の趣味を持つ人と巡り会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職を行う場合、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが・・

転職活動を開始する際、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に有益です。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすると、ウソの書き込みであれば会社としては気にしなくてもいいはずです。または、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇する可能性が高くなる、と捉えておいて問題ないと思います。何より、良い会社にはトラブルなんて起こりません。

再就職を考えている時にチェックすることになる募集事項の情報というのは…

仕事を探している際に見る募集要項に関しては、だいたいのもので書いてある、という確率も少なくはありません。ですから、書いてある内容はすべて正しい情報だとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが最善でしょう。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などに関しては、平均の金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった見極めができない人も多く、適当な判断で読み取ってしまうと、後から悔いが残る可能性もあり得ます。ですので、そんな風にならないためにも、求人情報は、だいたいのものだと考えて、そういったようなとても重要な内容は会社の方に直接確かめてみた方が良いでしょう。

求人についての広告には、たいていの株式会社では月の給料の記載に目が行きますよね。

求人についての情報では、大部分の場合は普通の職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。ただしこの月収を調べれる時には、深く確認する事が欠かせないです。その値だけで納得してはいけません。何故かというと場合によっては、月収の中身に「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。要するに残業代を入れて金額が高く見えるようにしている所があるからです。また、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている会社もあったります。そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

再就職をする時に面接で行くと必ずと言っていいほど聞きだされるこ…

再就職時の面接でほぼ絶対に聞かれるのは前の職場を辞めたのはなぜか、という話ですがこの質問になった時には辞めた会社にスポットを当てない方が好ましいです。前職を退職した理由が話の中心となって進んでいくと絶対に悪い面を含んだ内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前職を辞めたのかという事をこの会社に必ず入社したいと思っていたからといった感じにすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。転職理由でも、そういった話ならば、悪い面ではなく良い面を押し出した前職を辞めた事情にすることが可能です。

失業者に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが・・

失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、驚くことに知らないで失業中である限りもらえると思い込んでいつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦って職探しをしたとしても条件のよいところを見つけるのは困難です。面接担当者が馬鹿である場合を除いて失業中に何をしていたかといった部分はそこそこ察しがつくでしょう。状況次第では、その手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、不合格となるでしょう。

転職のために現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが・・

転職に先立って現在勤めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、仮にあなたのほうから退職届を出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を勘違いして本当はもらえるはずだと言い張ってハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。ですが、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付される。

派遣会社に登録した上で働く人が規制緩和以来、多くなっています…

派遣という形で働く人が規制緩和以来、増加しています。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する仕組みになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い場合は、3割しか労働者に還元しないというケースも決して少ないとはいえません。面接の際にきちんと答えない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、極力違う派遣会社で登録されることをおすすめします。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職を決意しました。

新卒採用で入社しましたが、転職した経験があります。実際に退職する前後は、相当に悩んでしまいました。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用として働いている人が大半であると転職活動を通して気付き、自然と不安な気持ちは解消されていきました。転職を経験すると不思議と肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに楽しくなりました。やはり「辞めずに続けることが普通」といったような考えの方も、もちろんいますが、それが正しいのかなと思いました。私の人生においては転職してみるも大事だと思っています。

-コラム