コラム

ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格したので、面接の日時について相手方から連絡をもら・・

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日し…

とある古物商にて、書類審査に合格しました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。ところが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始終驚くほどけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。けれども、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。ふたたび、問い合わせたところなんと、「残念ですが不採用です」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、不採用で良かったと感謝しています。

転職活動する場合に特に注意すべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、…

転職するため職探しをする場合に注意が必要な求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料に残業代を入れておく、といったものです。(注意・合法です)例えば求人に『みなし残業代30時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。ただし、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですので要注意です。

仕事のために回復が難しいほど心的な負担が増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら…

仕事をするにあたって心的なダメージが蓄積されてしまい、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、会社(の関係者)と相談をするより身内と話して、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、仕事をするということは自らのためでもありますがしかし。同時に家族の問題でもあります。どれだけ給料が良くても精神がダメージを負ってしまうまで我慢して働きつづけるのは、好ましくありません。今の社会では、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される時代です。あなたの家族とともに、あなたの心身をいたわりましょう。

失業保険の給付について、客観的な意味で、求職活動をしている姿勢を見せる必要があります。

失業保険を毎月、給付してもらうには、職を探しているという証明が必要となります。そうはいっても、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」というのが現実だと思います。ですので、きちんと職を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワークスタッフとの面談は当然になりますが、その場で「求人票」を閲覧することを最低限必要です。真摯に探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワークスタッフとの面談で、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見当たりませんでした」と相手に報告し、次の機会を探すというやり方もあります。

以前は看護婦という名前だった看護師は務めとしてやっぱ…

看護婦と言われていた看護師は、歴史的にも女性の多い職です。加えて、気力それから体力へのかなり消耗が激しい特徴もあります。そのため、対人関係のいざこざや、自身の結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。最近は特に、各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。

転身を念頭に置いているなら様々な企業を普段からチェックしてお…

転職を念頭に置いているなら労を惜しまずにさまざまな会社の採用情報を調べたり比較したりしておくと転業先を選ぶのにかなり役立ちます。今の職場になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状況下では、どこを選べばいいのか判断できなくなり、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。結果、早々に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、会社の取引している会社を見る事です。透明性を重んじる企業は取引している会社情報を開示していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

転職をするための活動を効率的にやっていくには、まず必…

転職をするための活動中はとにかく、最初にとにかく自分自身の内心が静かであることを重要視したいものです。会社で働きながら転職の活動をする場合はそれほどないかもしれませんが、退職の後にする場合にはどうしても心のうちが焦燥感が出てしまいがちです。そういった点を理解し、冷静になりつつ、活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたいことや、理想と思える職場のイメージを明確にしておき、そのイメージを候補の職場と比較してみて、合致しているかを改めて冷静に確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

自分のスキルが有利にはたらくように転職する場合は、転職がしやすい業界・・

自分のスキルを活かして転職活動を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。再就職がカンタンといわれる業種は、たえず人材が不足している医療や介護系の業種が最たる例です。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事のきつさから、異業種へ転職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、流動性がそれほどありません。ですので、安易に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、異業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

転職の際の面接は、小規模業者クラスの場合おおよそは人事担当者になりますが、…

転職の際に行われる面接というのは、小規模業者クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。実際、今後仕事を一緒にしていく責任者、というような課長や部長などの管理職クラスが面接を担当することも珍しいことではありません。中でも営業や事務といった部署に転職する場合は、資格による人の良し悪しを判断しづらいですから、堂々と自分自身を売り込んでいくことがとても重要になります。面接担当者から「この候補者はしっかり自己主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

再就職をする場合、比較的重要なのがまぎれもなく「面接」です。

再就職する際、とても重要視されるのが間違いなく「面接」になります。よくある面接の際は面接官が応募者に対し、転職をする理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わります。例えば、「なにか弊社についての質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。こんな時の為に、前もって面接担当者からの問いに際し、聞きたいことを準備しておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

私たちの労働環境は、将来確実に思考を必要としない作業…

この先、社会的にはみるみるうちに簡単な作業は機械によって最終的には必要なマンパワーはどうしても減らされてしまいます。どうしてかというと、単純労働は人の手を借りるよりも機械のほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ手順を反復したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って泣き言を言わないし、疲れないし、不正をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。加えて、給与も発生しません。わざわざ生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化の流れは注目されているのです。

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで辞められるわけではない…

派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと実際に転職活動を経験して気付かされました。結婚し、生活が落ちついたら、できればすぐに子供がほしかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正規よりも月収は少なめでしたが、仕方なく時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。しかし、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどの人が派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣だからといって、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職する理…

違う職に転職の原因は人それぞれです。看護師からの転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産それと子育てさらに家族の介護など、いろいろな変化によって今までと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由を冷静に、現状を客観視することも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考してから決断すれば間違いが減らせます。

女性が再就職する際、今と一昔前では少し違いがあるようです。

女性の再就職に関しては、数年前と今現在とは若干の違いがあるようです。過去には面接の際に会社側から、結婚の予定や出産予定などについて、ごく一般的なこととして質問していました。しかし、近年では、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない会社が増加傾向にあります。そしてまた、特に大企業ほど、NG質問として神経質になっているといいます。でも実際、会社側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の姿勢「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自分の考えを知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて話すことで面接官にも考えが伝わり、安心できると考えられます。というワケで、たとえ、質問されていない内容でも、先にあなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

転職活動を始めるときに、まず勤務先の会社の退社手続きをしてか…

新しい職を探すのに、勤務中の会社を辞職してからという方もいますが、そういった場合次のボーナスがいつ入るのかを気にしておきましょう。ボーナスがもらえる会社はたくさんありますけど、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが支給される日まで少ししかないのなら、それを待ってから会社を去るという手もおすすめです。ボーナスだとそこそこたくさんもらえると思うので、もらっておかないと損をすると断言することができますから、辞職する際にはボーナスが支給される時期について確実に頭に入れておく方が損をしません。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、即、上司にその旨を伝えておきましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に前の会社に対しての愛想が尽きました。

こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。

このような話は友達からの話です。就職活動を始めて新卒として入社を強く望んでいた憧れていたA社の最終の面接で不採用になって、それから先やむを得ず別の会社に就業しました。その後1年経過したぐらいに派遣求人サイトを閲覧していた際たまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社を即座に退職し、A社で派遣就業を開始、懸命に頑張ってそれから後無事にA社で正社員になることができ、現在においては仕事のやりがいを感じつついきいき働いています。

転職候補先で見学などがあれば、かなり勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるので楽しみです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、いつも通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この業種では、癖の強い人が多いので入社後でなければ、本来の姿は伺えません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことが良いです。それに加えて、見学の時に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、正直言って、良い会社とは言えません。入社していない人間には、もし何かトラブルが発生しても、それに対する保障が一切ないため、仮に、勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。

転職する活動の際に「自分はこれまでこういった価値のあ・・

今がんばっている転職活動の際に「自分は今までずっとこのような種類の仕事に従事しました」「これまでに手にした技術は、、、です」とそれまでの自分の実績などをがっしりアピールしようと考える人はかなり多いです。が、転職先の再スタートを図る組織で「近い将来こういったことをしたい」「私が経験したようなことであれば積極的に貢献できるはず」と未来の話をして自身をアピールしていったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全には程遠いと考えられます。したがって、面接で見破る必要が出てきます。求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ聞いてみましょう。ブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問してみると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこでようやく相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

-コラム