コラム

転職をするとき、あらかじめ、ネット上の求人サイトを見たりして…

転職を行うにあたっては、あらかじめ、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たり・・

転職活動をするとき、予め、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。とはいっても、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種の会社情報や社員のインタビューについては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも美辞麗句を信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったとあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように画策しています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

長期間接客関係で働いてきましたが、歳をとると共に立ったお仕事…

長年にわたり接客関係で勤めてきましたが、加齢とともに立ったまま行う仕事は体力的にきつく、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を頭に入れて動きました。事務未経験となるとわりと難しくて、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も合格し個人病院に転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客業時代よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初の頃はキャリア形成の時と割り切って頑張ります。

雇用期間中なら、なるべく周囲に気づかれないように・・

在職中はなるべく同僚に気づかれないように、(ちなみに私のときは)就労期間中に転職する気持ちのみを早期に同僚に知らせたことがあります。ですが、それから、求人サイトを色々と見たものの、思いとは裏腹に就職するタイミングすら無計画なまま進めていたので、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就職先を探すことになりました。

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった形で新たな経済政策を打ち出し、経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までとは違う社会的な変化が増加傾向にあります。その余波を受け、民間企業の側でも今度は労働人口の減少による人手不足が深刻化しています。将来、「外国人の労働者」の比率を現状以上に高めていく前提と安倍政権は宣言しています。日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会的変化によって国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるはずです。

もしもあなたが転職するのなら、前もって資格を取得することで有利になります。

もしも転職を視野に入れているなら、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがお勧めです。転職時でそれを生かせるので、転職先を探すのが楽になります。なので、資格取得は、在職期間中がもっともおすすめのタイミングです。再就職を考えているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を退職後も心残りなく仕事を探せます。そればかりでなく、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際「即戦力」と判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

このところ私は派遣会社に登録をしています。

派遣会社に登録して働いています。ウェブサイト内でなにげなく気になる仕事を発見し聞いてみると「その仕事はもう他の人でお話が進んでいます」と断られて瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報が消滅するのですが、翌日に再度見ると再びその求人募集が掲載されています。これは結局私ではよくないのって意味ですよね。そうであればカドが立たないくらいに正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいは存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

近いうちに転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては会社側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の額は、辞めた月の直近の給料がもとになって割り出されるので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

人生初の転職を行う場合、気を付けなければいけないの…

人生初の転職を試みる際は、重要なのはどうして今の仕事を去るのかをハッキリしておく必要があります。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。そして問題を解決してくれそうな会社を選択することとなります。転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を続けながら転職活動しなくてはならないため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。したがって理由を明確にせず転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう場合があります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という感じの強固な気持ちがない間は、転職活動を始めるのは、しないほうが良いでしょう。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

退職と転職を度々しないためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今では精神面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強化することができます。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。海外旅行に行くと、日本とは違う様々な文化があり、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接に行けば、今までとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。でも、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、その後のために休暇も必要です。

将来に目を向け、期待をもって転職と向き合えば、精神的に重荷を感じることもないので…

楽しんで転職をすることができたら、精神的な重荷が減少するので、転職活動の間の堕落も回避できます。精神的な部分が健全であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが重要です。今の会社を退職せずに次の仕事を見付ける形がベストです。さらに、間をおかなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうすることで、職歴にも空白期間が無いので履歴にもキズがつきません。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動を進めていきましょう。

安定した暮らしを手にするべく正規の雇用社員になりたいと考えている人…

安定性を求めるべく正規の社員になりたい人はかなり多いと思います。が、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに正社員として採用されることがうまくいかないこともあります。非正規雇用者の求人情報は結構あるのに正社員の求人以外を見ないで時間を浪費している人が少なくないと言います。なかなか、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正規雇用者の募集もチェックしてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、働きぶりによって数年で契約社員から正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですから面接時に「正社員登用」の可能性を尋ねておけば、将来設計が立ちやすいはずです。

転職期間では、趣味に没頭する他、体力を損なわない様にすると…

転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭したり、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。いざ仕事を再始動したとき、趣味に興じていたことで知らないうちに集中する力が養われているのです。また体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんと比較すると疲れにくいということを自ずと認識することができます。なので、休職中は好きなことに打ち込むことと、体力アップをしておくことをしておいて損することはありません。再就職先が決まり、職場で同じ趣味の方と知り合えたのなら、すぐに仲良くなれます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

転職活動を行う際、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが…

転職を始める際、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、違った角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、本当は『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分、入社してから不利益になるリスクが高くなると判断して良いでしょう。というか、本当に善良な会社であればトラブルなんて発生しません。

仕事を変えようとしようとしている時に見ることになる求人というの・・

職を変えようとしようとしている時に見ることになる募集内容に関しては、参考程度に書いてあることもあります。なので、そこに書いてある内容は全部正確なことだとは思い込まない方がいいと思います。とりわけ給料に関しては平均の値なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?という見極めができない時が多く、適当な判断で考えてしまうと、後から後悔することになる確率もあり得ます。それゆえに、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報は一般的なものだと思って、そのような情報は会社側に直に確認を取ってみた方がよろしいでしょう。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、普通の職場では…

求人についての情報では、大部分の場合は普通の職場では月収が記載されているはずです。しかしこの部分を頭に入れる際は、注意深く確認する事が必要です。多い少ないだけで納得しないほうが無難です。何故かというと企業によっては、月収の金額の中身が「毎月10時間の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代の金額を含めて計算することで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。それ以外にも、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる所もあったります。だから、そうやって応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

再就職をする時に面接でほぼ必ず追求されることが会社を退職…

再就職をする時に面接でほぼ問われるのは辞めたわけですが、このような質問が出た場合には話題を辞職した会社に向けない方が安心です。辞めた経緯を的にしてしまうとほぼ確実にマイナス面を含んだ話の内容になってしまうので。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をぜひともこの職場に入社したいという考えがあったからといった話に持っていくということで、今面接に来ている会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。転職理由でも、自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消しプラス面を印象づける前職を辞めた訳にすることができます。

失業した人が受け取れる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが・・

失業した人に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付される期間が定められています。失業時までに働いていた期間に応じて違い、90日とか120日とかが決まるのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限り給付されると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて職探しを始めても好条件のところを探すのは難しいです。転職先の面接官もバカではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった箇所はだいたいバレると思っておくべきです。場合によっては、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。

転職を予定しているのなら今勤務している会社辞める時・・

転職の際に現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、仮に自発的に退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」の場合には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

仕事をするために派遣会社に登録する人が現在増える傾向にあります。

派遣会社を利用して働く人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかを面接の際に質問しておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収する仕組みで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、情報をひた隠しにする業者も多く、酷いケースでは、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も多くあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、極力異なる派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

新卒で入社した会社を去り、思い切って転職すると決めました。

新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職することにしました。退職した後はしばらくの間悩んでしまいました。しかし、新卒で入った会社を数年で辞めて、大半の人が転職を経験していることを自らの転職を通じて感じ無意識のうちに気が楽になりました。1回でも転職をすると徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて日々が明るくなりました。いまだに「辞めずに続けることが普通」という転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

-コラム