コラム

転職の時に書かないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては・・

転職の時に書く必要がある履歴書についてですが、だいた…

再就職する際に書かなければいけない履歴書や職務経歴書についてですが、ほとんどは自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが一般的です。日本の中では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で作成するということが一般常識だと考えられていることもありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実は、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないとまでは言うことはできません。自筆の履歴書や職務経歴書をベストとする場合もありますけど、違うケースがずっと増加してきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でも良いとする企業は多いのです。

転職について考えた場合、転職後の給与ばかりに気を取られる人が…

転職というものを考える際、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、どうも多くいるようです。誰しも仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費のために働いているのでしょう。とうぜん年収の額は自分の社会的な価値を知る値という見方もできるから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、ですが、あまりに年収額ばかりを執着しすぎる人生というのも考え気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接にチャレンジする場合・・

クールビズの服装で転職の面接に臨む際には、さすがにジャケットまでは着ていかなくても安心であるとはっきりと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは着用しているほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いと考えている企業もある可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイについてはクールビズであろうと身だしなみとしてするべきだと決めているところが一定数存在するわけです。ですから、例えクールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイだけは絶対に着用いく方がベストだということは認識しておいてください。

転職エージェントは大手に限って、様々な案件を取り扱ってい…

大きな転職エージェントに限って、多くの案件があるという強みがあるといえますが、一方、競合する転職希望者も多い可能性が高いです。そのせいか気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが見込みが少ないと判断すれば応募してくれない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先することもあります。大規模なエージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募することが困難なので、中小レベルのエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると転職希望者のために動いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

先週転職先を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。そのときカウンセリングのために現れた担当の方が見た感じ20歳そこそこの社員のようで、私が話したことの2分の1も理解できていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが必要でしょう」とか、専門家のように横柄にしゃべるので非常にイラつきました。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと思います。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。ほとんどの企業は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が大切です。単に記入しさえすればいいというわけではなく、記載内容が魅力的であることも重要です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

再就職にあたって相応の準備はやらなくてはいけません。

転職活動する場合、それなりの準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見える「服装」は気になっても仕方がないと思います。ところが、今の企業面接に関しては形式ばらない服装が良い企業もあるので、ガッチリとスーツで決めて行く必要がないケースもあります。創業したての新規の会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服であれば、面接中、服装について、話が広がることもあります。ですから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ですので、これから転職は企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職活動における最後の問題として、今勤務している会社の退職があります。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先がOKしたとしても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもありがちなケースです。そのような場合は、絶対に退職をあきらめない、という強い意思を持つことが重要といえます。たとえ会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。それから、決定権を持つ上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とはっきり伝えます。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要なポイントです。

転職の面接で着るスーツのカラーは、新卒の就職活動に着るカラーが…

転職時の面接で着るスーツの色は、新卒の就職活動に着る色味が安全です。ということは、紺や黒の暗い感じの色合いになるわけです。それが、再就職であっても、着用していくスーツのカラーはこのような暗めの落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。それ以外の色と言うと、グレー系を着用している方が若干いるくらいで、全体から見ても黒や紺色が多いのです。ですから、会社側から見ても黒や紺色のスーツの方が自然です。ですから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。

転職活動で面接で例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給与が納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官によいイメージを与えるものではありません。おそらく、過去のトラブルをそのまま話する人はいないとは思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。加えて、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。仕事をしながら求人を見つけて応募したり、面接に行くのは精神も肉体も負担が大きいといえます。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、面倒な事になるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、自分で直接、応募したとしても応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と徹底しましょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が…

はじめて「失業保険」を受ける際、何もしなくても給付されると考えている人が極めて多いですが、それは正しくありません。実際は、きちんと仕事を探していることが必要で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。残念ながら、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、情け無用で給付を一時的に止められたり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう注意しておきましょう。

そのうちでも転職活動しようと思うのなら、今いる仕事で感じている不満点・・

そのうちでも転職することを希望しているのなら、現在の仕事の何が気に入らないのかをハッキリとさせておきましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。気に入らない点があるからこそ、転職したい、と考えるのは分かります。しかし「ちゃんといまある仕事・業務の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動を行う人はたくさんいます。転職の幅を広げたいのであれば、それと同時に転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、それに加え、フェアに参加している企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行くつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それが功を奏してフェアの期間中に自分の能力や人柄が評価されれば、後に面接等に進む時にかなり有利になると予想できます。

このように今現在の企業の労働背景が激しく変わってきた…

今の時代の会社や企業の労働環境が変化したことに関して、全世代の中で若い世代が特に注目しているようです。おそらく、自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。従って、就業者といった層の労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、ますます後々若い世代の転職への関心が増加すると思われます。労働力の「流動化」が進んでいく結果、転職することは至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、事実、転職するのが困難な時代でもあったようです。ところが、社会が変化し今の会社だけに執着する必要が無くなってきていると言われています。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接の時、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

転職活動をされているのなら、気になる求人(あるいは業種・・

転職活動の際に、気になる求人(あるいは業種)を見つけたら、逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス点は教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索を通じて一発で多くの事例に触れられるはずです。そういった実態を理解しないまま、会社に入ると、あとからガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出されていた理由が「内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」ということも多いので気に入った案件や業種については、注意したほうがいいです。

転職することが、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと…

もし再就職の前に、今の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が一変するおそれがあります。場合によっては、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。なので、上記のトラブルを避けるためにも、現在の職場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を去ることができます。加えて、円満退職で終えられたなら、転職後も、何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業種に関係なく、どのような会社も人とのつながりは大切なので、転職前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

新たな職場にて今までの実力を最大限に活用できれば、即戦力と周囲から見られて…

新たな仕事でそれまでに培ってきたキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として周囲から認められ、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。会社側としても、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえあえば、すんなりと採用されるでしょう。更にかつての業務内容と同じ仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。ですが、それなりに能力があるといっても大手の事務仕事や、公職については、今も昔も相当な競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

転職先での面接で勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり過度…

転職先での面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり過度に猫かぶりをすることです。すると正直に言って逆効果です。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「報酬」といったような、通常ならかなり聞きづらいことも勇気を持って尋ねておいた方が、絶対にあなたのためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、結果が悪い結果になるのではないか」と不安が募るかもしれませんが、ですが、意外なことに、好印象を持ってもらえる可能性が高いのです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、多くの人が気を遣って聞かないのも事実です。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「言うことはちゃんと言える人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。

-コラム