コラム

再就職を考えたとしても、何もかもが首尾よく運ぶという保証はどこにもありません。

転職をしようと考えていても全部が順調にいくとは限りません、…

仮に再就職しようとしても全てが首尾よく運ぶというわけではありません。可能であれば、いつか、転職しようと考えているなら若い間に変えたほうが良いでしょう。普通一般的には、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてからの転職自体がかなり厳しいといえます。重要なポジションにいる場合、転職する意思が芽生えたとしても、会社に残ることも選択肢から外さないほうが良いです。つまり、退職届を提出後に転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に未来を構築していったほうが後悔することもありません。

転職において、ネットでのエージェントに頼ることもあるでしょう…

職探しをするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」要するに斡旋を行う会社が存在しますが、仮にそのエージェントに登録した結果職を得ることができたとしても、失業保険は給付されない。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないので気を付けるべきです。他方、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を得られたりもします。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このような点を押さえていなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期…

3ヶ月まえに、転職したというのに、わずかしかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がずいぶん多いものです。それは私の思うところをいうと気持ちも新たに、自分自身に合った環境で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた職場とだいぶギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」という原因で退職してしまうことが多いようです。でもこのような失敗を繰り返さないために、とにかく転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与システム、など多角的に事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

数年前は求人情報に雇用主が必要とする人材の「性別」まで…

昔の求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、明確に記載されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人や、採用での差別をあってはならない事となり、応募条件の詳細に男女の文字を見ることはなくなりました。でも、働き手を募集する雇い主としては、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。現実に、実際は男手が希望の案件に女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまったり、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している仕事場です」という内容の求人募集は、女性の働き手を希望しているのだと認識しておく確実です。

転職先にて、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職した場所では、「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社した初年度は、大概研修期間が含まれることも多いものです。私の事例では、尽力して新しい職を見つけることができたのに、予想と異なり前いた会社での年間報酬とあまり同額ということがありました。おまけに、業務内容はかなりキツく、たいへん責任のあるもので、1年目は、たいへん労力を伴いました。そうした経験から1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、状況が許す限りやれるだけ転職以前の段階で貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自身の働き方に近い条…

もしもあなたが、「転職サイト」を活用して自身のライフスタイルに合った将来性のある企業情報をあれこれ見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、そこで紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較対象にならないほどかなり質が高いといえます。それから、あなたの希望にピッタリなものを調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望とする求めていた職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが自力で手当たり次第に調べるのと比べれば相当に効率的です。そのうえたいへん試しておく価値はあります。

転職するなら、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だ…

転職先を探すにあたって、当然仕事におけるやりがいアップも重要だけど加えて手取りのアップも大切なポイントなので「年収比較サイト」というところに登録してあらかじめ調べています。一緒の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるのに人によって非常に幅があることも多数あり、正直に言えば面接で質問したことがあります。面接官も同じサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた人物も誰であるのかある程度見通しはついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

今現在の自らの職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

今の勤め先や仕事に対する大半の人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してもらえない」だから、「給与は上がらず、将来昇進する見込みもない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。しかし、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには本人が自分自身の才能を実際よりも過大評価しているケースが多いものです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と中々転職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職で成果を上げるためには、「本来の自分の能力」を客観的に見つめることが大切です。

全くの初挑戦となる分野などに転職する際には、前の会社で、自分…

経験したことがない分野などに転業したい場合には、自分が以前の職で育んできた力や今まで経験したことが生かせるといった内容の自己アピールが必要になります。その業界で経験をしたことがないという人は経験のない分だけその分野の経験者よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分自身が保持しているスキルがそこで十分に発揮できるということをしっかりと伝えれば、戦えるケースも考えられます。したがって、経験のないジャンルに挑むときには、その分野とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を徹底的に探しましょう。

派遣というかたちで働いています。

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法の関連で不本意ですが馴染みのある就業先での仕事があと数週間で終了します。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から直接雇用の契約をつかみ取った方もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらいが得意な人でお引き立てがあったよう。仕事を遂行するスキルよりもおじさん転がし能力の方が大切なのだろうと抜擢されなかった他の派遣仲間と勤務先で愚痴を言ってます。

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や…

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。あなたに特許を取った経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思えるような連絡をもらったとしたら、そうなったきっかけを考えてみましょう。近年はヘッドハンティングと称して、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、その手の会社は当然ながら嘘ですから騙されないように注意しましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要などありません。

再就職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕がある分、…

再就職先を探している間は、どうしても、時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。けれども、そんな生活に慣れてしまうのは危険です。不思議なもので、緊張感のない、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そんな状態になると、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社がきちんと見つけられなくなります。転職先が決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えるようになるからです。給料を最優先事項に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、止めておきましょう。

再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計に関しては・・

再就職時の面接でつける腕時計のことなのですが、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプのものは着用は避けたほうが安心といえます。この場合の目立つというのは高価なものとか、といったことだけではなくその反対でチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目立つということで両極端な意味で目立つ、と理解しておきましょう。面接のときに着用する腕時計に関してもネクタイやスーツと同様に、堅実なものをしたほうが良いです。しかし、自分の年齢に見合った腕時計であるということも肝心であって、新卒時に着けていたものよりはほんのちょっとでも値を上げた方が好ましいということははっきりといえます。

現在では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けた…

現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、または個人事業や起業で頑張っている人も増えています。あながち「会社員以外は不安定であぶない」といった常識も変わってきています。高度経済成長を遂げている際には、どう転ぶかわからない株式投資や個人事業よりも組織の一員であるほうが大いに安定性にすぐれており、人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認識されていた。しかし、そういった成長期は終わり、現在のような時代は「成熟期」という風にも表現されています。将来は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職サイトは有名なサイトであるほどたくさんの会社が掲載されているため、…

「転職サイト」は、大手のほうが多くの会社が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、ともかくウェブ登録して、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。だとしても、初回だけは登録するのがそこそこ大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする第一回目は少し時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、最初の準備を怠らないことを心がけるのが無難です。

現職からの転職を決意したのなら、完全に周りの人にはこっそ・・

現職からの転職を思い立ったのなら、徹底的に周りの人にはそれを悟られないように、首尾よく活動していき、転身先が決定していないのなら、あくまで同僚に気づかれないように通常通りに仕事をする方がとても無難です。転職先が決まっていない間、その姿勢を保っていれば、希望通りのいい働き先が簡単に見つけられなくても、転職時期を見送りながら現職をそのまま続けてもトラブルにはなりません。でも迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉に合わせた態度をとるようになります。それに加えて社内の人間に「辞めるつもりです」と言った場合、「あの人は退職する人」と受け止められます。そうなると、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りは「一度は辞めようとした人」ということで在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををする可能性があります。

いわゆるスマートフォンを見ればインターネットで見られる世界…

今ではスマホを使えばネット上には、転職系のサイトが多数点在しています。サイトから自身が欲している転職先を見つけたいなら、何よりも情報収集から始めましょう。こんな転職サイトをきっちり使いこなすことで、効率的に転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。

転職の面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職時の採用面接に伺ったときのことです。その日に限って社内の面接に使える部屋がすべて他の客でつまっているということで外のとある場所で面接官と待ち合わせで面接を行い、その場で解散、面接をした方もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が一緒。なので電車の中においても彼とずっと話しながら帰宅することとなり、すっかり緊張がなくなって面接より話が弾んで、それが原因かなんとか採用を勝ち取りました。

求人に関係する情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業を見逃してしまっていますが、そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と早合点していることが少なくありません。事実、製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される部署も結構な数あります。しかし、製造業の大半はビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。とはいえ、自身のこだわりを捨てることによって人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」との…

転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。面接係員に良い印象を与えるために、先ずは面接だからといって焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。お見合いをする気持ちで向かうと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接を介して先ずあなたの内面的な部分をチェックしてもらうので悪い印象を与える態度は注意しゼッタイに避けましょう。また社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

-コラム