コラム

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。その…

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格しました。2、3日して…

とある古物商の求人にて、書類選考に受かりました。すぐに担当者から、面接日時を教えてもらいました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接の用意を全くしていませんでした。しばらく待って、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接を終えました。ところが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かずそこでもう一度電話をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られてしまったのです。呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと痛感しています。

転職のため職探しをするときに気を付けるすべき求人内容は…

就職活動するときに特に注意が必要な求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長いものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、はじめから給料に残業代を組み込んでおく、といったものになります。(この仕組みは合法です)例えば求人に『みなし残業代30時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料です」という求人になります。ただし、悪質な求人は、『みなし』をわざと記載していない場合もありますので要注意です。

会社で何かあって回復が難しいほど精神的な負担が増・・

仕事によって心的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、働くということは当事者である自分です。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い給料を得たとしても、メンタル面がボロボロになるほど無理しながら働くのは良いことではないはずです。現在では、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。あなたの身内や、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることの証明が必要になりますが、けれども、現実は「会社を辞めたことだし、自由にしばらく過ごしたい」と思う人も少なくはないはずです。そこで、真面目に求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は当然ながら必要として、その場で「求人票」を確認することを最低限必要です。本腰を入れて探したくないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が今回はありませんでした」と相手に報告し、次の機会まで待つという方法もあります。

前なら看護婦ですが看護師という職業は、歴史的背景か・・

その昔は看護婦と言われていた看護師という仕事は、歴史的背景から女性比率がかなり高い職種です。加えて、気力それから体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。ピリピリした現場になりやすく、対人関係で行き詰まったり、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。なので、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因の一つなのかもしれません。

再就職するつもりなら、労を惜しまずに色々な会社の募集案・・

再就職したいなら、こまめにさまざまな会社の情報を日常的にチェックすることが、転業先をかなり選びやすくなります。あなたが今の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、本格的に転職活動をする際に、どんな会社でもいいように見えます。そんな状況に陥ってしまうと、どの会社を選択したら良いのか困ってしまいかねず、どんな企業でも飛びついてしまうのです。よって、最終的にはあっという間に退職の道に進んでしまうので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。良い企業は、取引先情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなのでチェックをする目安になります。さらに、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

転職をする活動中はとにかく、最初にゼッタイに心のう・・

転職をする活動中はとにかく、なにはともあれ常に自分の心のうちが落ち着いているということを意識しましょう。働きながら転職活動をしている場合、あまり気にする必要はありませんが、退職したら行うのだったら、人というものは気持ちが焦りが出てしまいます。その点を踏まえ、冷静になりつつ、活動することを忘れないようにしましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などをハッキリイメージしておきましょう。そして、希望する職場と比較してみて、合致しているかをしっかり、冷静に見極めましょう。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。

自分のスキルを活かして転職を検討する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業…

今の自分のスキルや資格を活かして就職活動する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的に人材が不足している医療や介護系のジャンルがとても有名ですね。医療や介護では、看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。こうした業界で働く人が、諸事情によって、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、要注意です。「医療」「介護」ではない業界は、人材の流動性はかなり低くなります。なので、簡単に考えないことが大切です。転職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

再就職の際の面接では、中小企業クラスの場合、おおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが…

転職の際の面接は、小規模業者だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別のケースもあります。具体的には、共に仕事をする一番偉い人、簡単に言えば役職クラスである課長や部長が面接担当になる可能性もあります。中でも営業系や事務系といったカテゴリでは、資格による人の良し悪しを判断しづらいですから、自発的に自身をアピールしていくことが必要です。面接官の誰からも「この人はハッキリ主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

再就職する際、とても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職では、重要となるのが間違いなく「面接」というものです。よくある面接の際は応募者に対し、転職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そして必ず、面接の終了間際に次は、転職希望者から、面接担当者へ聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の人から「我が社について何か質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備ができず、アタフタしてしまうかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも予め疑問点などの答えを整理しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

今後の社会では今以上に短絡的な作業は機械に変更されてい・・

この先、私たちの労働環境において、確実に短絡的な労働は機械に交代させられていきその変化によってマンパワーは少なからず削減されます。なぜならシンプルな仕事は人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に能力が高いからです。数を数えたり同じ動きをずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わらないし、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。ヒトとは違い、給料を渡す必要もありません。というわけで、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化の流れは必然ともいえますね。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、すぐ退職できるというわけではないこと…

派遣社員というものは、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職活動を経験して学びました。私は結婚生活が落ちついたら、早く子供が欲しかったので、その時がくるまでのあいだ、約1年半~2年ほど現在の部署で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、給料は少なかったですが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは大半が10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。

それと違う職に転職に至る原因は、その人それぞれです。

看護師の他の職に転職を決断する原因は、人によりけりです。考えてみると看護師の転職には「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することで一人とは変わって出産と子育て加えて親の介護など、環境のさまざまな変化など、働き方ができなくなった」「稼ぎに不満がある」など、さまざまな理由があるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして時間を掛けて現状を見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してから決断してみてください。

女性の転職は、一昔前と現在とでは多少の変化があるようです。

女性の転職は、一昔前と現在とでは少なからず、状況に違いがあったりします。過去には面接の際に、結婚の予定や出産後の方針など、ごく一般的なこととして質問していました。ですが、現在はそういった内容はセクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、特に大きな会社の場合は、タブーとして神経を尖らせているようです。とはいえ、会社側としては、〇か×の2択でなく、その女性の人生観結婚後・「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の価値観をわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら話すことで、相手方にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。なので、質問されていない部分も、こちらが先んじて企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。

転職活動を行うのに、とにかく今の会社を辞職した後でと考える人もいるようです…

転職活動を行う際に、今勤務している会社を辞職した後でと思っている人もいるようですが、そのような場合には会社がいつボーナスを出すかを気にかけておきましょう。ボーナスのある企業はほとんどですが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが振り込まれる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスを手に入れた後で会社を去るという手も賢いやり方です。ボーナスってある程度大きい額になると思うので、頂いておいた方が良いと考えることもできるでしょうから、辞職を考えたら会社がいつボーナスを支給するかについてまず確認しておいた方がスマートな方法です。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのな・・

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が固いならば辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、スムーズに退職できませんでした。企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに前の会社に対しての困ってしまいました。

こうした話は兄の友人の話です。

この話は従妹の旦那の話です。就職活動を始めて新卒でぜひとも入社したかった憧れていたA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、それから先やむを得ず違う会社に入りました。1年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧する中でA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、気持ちを抑えることができずその時の会社を直ちに辞めて、派遣という形でA社での就業を開始しました。一生懸命頑張ってその結果幸運にもA社で正社員として働くことができ、今では仕事に誇りを持ちながらいきいきと勤務しています。

転職したい会社での見学に参加するとたいへん勉強になります。

転職したいと考えている会社の会社見学は、すごく勉強になります。また、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、本当の現場を見せることが少ないです。その傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社してからでないと、本来の姿はみえません。ですから、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがたいへん大切です。また、見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでない人にはもし何かトラブルが発生しても、保障がないため、スタッフから勧められても丁寧に断ることが大事です。

転職活動をしているときに、「私は今までずっとこのような職場の…

いい転職をしようと転職活動で「自分は今まで、こういった内容の仕事に従事しました」「過去の仕事では、こういった経験を手に入れました」と成功体験などをがっしりアピールする人はときどき見かけます。ですが、転職先となる再スタートを狙う企業で「将来、こういった仕事をしたい」「これこれの内容なら積極的に貢献できるはず」と未来の展望を話して売り込むほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されるなど、罰則も強化されていますが、完全とは言い難いです。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を確認し、ひとつひとつの項目について、聞いてみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、回答を避けるなど逃げの姿勢に入ります。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、質問を続けていく中で、渋い顔をすることが多いです。それでも食らいつくと、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、他の会社をあたったほうが良いと思います。

-コラム