コラム

ある古物商の社員募集にて、書類選考をパスし、先方から、面接日時を教えてもらいました。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。すぐに…

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格したので、相手方から面接日時を告げられました。しかし、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、どういうわけか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、やっとのことで面接が終了しました。けれど、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、しびれを切らし、私から問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。仕方なくまた連絡をしたところ、「今回は見送らせてもらいました」と有無を言わせずに電話を切られました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直、不採用で良かったと感謝しています。

転職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な募集内容は…

就職するため職探しをする場合に注意が必要な募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料に残業代を組み込んでおく、といった仕組みになります。(注・合法です)仮に『みなし残業代45時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れれば、この給料です」という求人になるわけです。ですが、悪質な求人は、この『みなし』を記載していないこともあるのでよく気を付けてください。

職場環境のせいで精神的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら…

働いていることで心的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、職場の人と相談するより身内と話して、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜならば、働くことは当事者であるあなた自身ではありますが、家族の問題ともいえます。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負うほど、無理して働くのは健全ではないはずです。現在の社会では、働きやすさを優先したって良いはずです。ですから、あなたの家族と自分の心身をいたわりましょう。

実際に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが必要なのです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることが条件になります。でも、現実は「ハードワークから解放されたし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実でしょう。ちゃんと次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、求人票のチェックは少なくともしておきましょう。心の中では探す気持ちが出ないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワーク職員との面談のときに、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して無かった」と話して、次の機会を狙えば良いです。

昔は看護婦と呼ばれていた看護師という仕事は、どうしても…

その昔は看護婦という名前だった看護師というのは資格としてやっぱり女性の割合がたいへん高い職場です。また気力それから体力ともにかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場環境での人間関係がうまくいかなかったり、結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい職業でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない状況となっています。

転業しようと思っているならたくさんの会社を普段から調べてお・・

転身を予定しているのなら、多くの会社の情報を普段からチェックすることが、転身先を大いに選びやすくなります。あなたが今の職場に満足していないと、本腰を入れて転職活動を始めたときにどこの企業もいいように見えます。そういった状況下では、どの企業に決めればよいのか、迷ってしまい、会社選びに失敗してしまいます。したがって、あっという間に退職の道に進んでしまうので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引している会社情報を開示していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、よく見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

転職のための活動を成功させるには、常に自身の内心がスッキリしてい・・

転職の活動を成功させるには、まずとにかく自分の内心が沈着であるということをとても大切にしたいものです。まだ辞めないで転職をする活動をしている場合、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職したら行う場合にはやはり心のうちが焦燥感が出るものです。であるので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に見極めてみてください。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

自分のスキルを有効活用しながら、再就職をするつもりなら・・

あなたが持つ現在のスキルや資格を活用しながら転職する場合、比較的、転職がしやすいジャンルとそうでないものとを大まかに知っておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手不足になっている「医療・介護」が、おなじみですね。医療・介護の分野では看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、医療や介護の現場で働いている人が、諸事情によって、異業種に再就職する事を考える場合、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですので、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職のための面接では、中小企業クラスの場合、おおよそ「人事」が面接官です・・

再就職の際に必ず受けることになる面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、例外もあるはずです。実際に仕事を一緒にしていく一番偉い人、かいつまんで言えば課長・部長などの中間管理職が面接を担当する可能性も考えられます。その中でも営業職や事務職などの部署に転職する場合は、資格による判断がしづらいですから、やはり自分を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当者から「この男はしっかり自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

転職活動において、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

転職活動において、かなり重要となるのが「面接」というものです。一般的な面接では面接官が応募者に対し、転職をする理由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接の終盤になると、次は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。例えば、「何か聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に緊張して急なことなので戸惑う事もありまよすね。そうならないためにも、面接を受ける前に面接官からの問いに対する、答えを用意しておいた方が良いかもしれません。よく考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

私たちの労働環境は、近い将来今以上にシンプルな作…

私たちの労働環境は、将来的に今以上に思考を必要としない仕事は機械化が進んでいき、それに伴い、必要な人員はどうしても減っていきます。なぜかというと、単純労働の場合では、機械でやったほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の作業を延々とリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言は言わないし、疲れることもないし、ズルもしないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。また、人と違って給料も発生しないのです。このような観点から生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化が無理はありません。

派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら好きなタイミングで辞められるわけではな…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、好きなタイミングで辞められるわけではないと実際に転職活動を通じて理解しました。新婚生活に慣れたら早く子供を授かりたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年だけ今のそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員ということもあり、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので時間的な自由が得られるのでガマンしました。でも、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんど派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣であっても契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

看護師の違う職業に転職の理由は人によりけりです。

看護師という仕事の人のそれ以外の職に転職を決断する理由は、人それぞれです。考えてみると看護師を辞めての転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから配偶者のこともあって出産さらに家族の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、今までと同じような仕事が難しくなってしまった」「給料に不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくり沈着冷静に現状を客観視することもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してから決断してみてください。

女性の転職については、セクハラが社会的に問題になる前と今と…

女性が転職する時、一昔前と今とで少なからず、変化があるといいます。前は面接の場で会社側から、結婚観や出産後の考え方に関して、ごく普通に女性に質問していました。ですが、現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラとして聞くのを避ける企業が増えています。そして、特に大企業ほど、タブーとして神経を尖らせているようです。しかしながら実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の考え、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思っているはずです。自らの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールとともに表現することで、会社側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。質問されていないことでも、こちらから率先して話をしておくのが良いです。

仕事を変えようとするときに、とにかく今の会社を辞めてか・・

転職活動をスタートする際、今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるでしょうが、そういった場合会社がいつボーナスを出すかを前もって調べておきましょう。ボーナスのある会社は山ほど存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが振り込まれる日まで数か月しかないのなら、ボーナスをもらった後で退職届を提出するという手も良い手です。ボーナスは結構額が大きいので、頂いておいた方が良いと考えることもできるので、会社を辞めるときにはボーナスが支給される日について知っておくほうが損をしません。

『転職したい!』と考えていて、自身の意志が固いならば…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば、辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。希望では年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに前の会社に対しての呆れてしまいました。

こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。

こういう転職ができたという話は従兄からの話です。就職活動を始めて新卒の就職活動で絶対に入社したかった憧れのA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、それから先他の会社に就労しました。そのあと1年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックしていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなりその時の会社をすぐ辞めて、A社での派遣勤務を開始、勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってその先計画通りにA社で正社員として採用され、今では仕事のやりがいを持ちつつ楽しそうに働いています。

転職しようと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

転職したい会社で見学などがあるとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、楽しみです。ですが、「職人」がいる会社見学ではほぼ見学者には、通常通りの姿を見せてくることは少ないのです。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社後でないと、実際の姿はわからないものです。ですから、見学内容がそのまま仕事、と思わないことがたいへん重要なのです。また、会社見学時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、もし問題が発生したとしても、それに対する保障は一切ありません。進められても丁寧に断るとこが大切です。

今やっている転職活動をしているときに、「自分は今まで…

やっている転職活動の際、「私は今まで、このような内容の仕事に尽力しました」「これまでにこういった技術を手に入れました」とそれまでの自分の実績などを強調する人は頻繁に目にします。が、希望する新たな環境下で「近い将来こういった仕事をしたい」「これこれの内容の仕事ならぜひ参加したい」と未来の展望を話して自身をアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ・・

近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、社名が公開されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、まだ完璧とは言い難い状況です。実は、面接で見破ることが可能です。求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目ひとつひとつについて質問をぶつけてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、質問していくうちに、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、入社は止めるべきです。

-コラム