コラム

転職エージェントに登録した場合、呆れるくらい電話やメールをしてきます。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が何度も入ります。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、非常にビックリするかもしれません。転職エージェントは転職をサポートすることが仕事だと考えられるので、本当に積極的な姿勢でいます。大手のエージェントは成就させると企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定がとれた瞬間に入社するよう後押ししてくることが少なくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように充分に注意しておきましょう。

これまで20代前半に転職を数回行い、現在は資格を手に入れたい・・

これまで20代前半の時点で転職を数回し、今現在は資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務でないため、どうしても給料は安いのですが、ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと感じたりもします。以前の私は、うまくいってる人と自分と比べて、ガックリしていましたが、現在は結婚を契機に生活自体がかなり変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったのでまいにち充実しています。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、決まった…

シフトの業務についてです。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの出し方については前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として入ったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

知人からの紹介を通じて転職の先を探す人もいるでしょう。

知人の紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職した先の労働環境、それから労働時間などの大切な部分を友人の口コミを判断するのはあとでトラブルになるおそれがあります。口コミの中でもそういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に紹介した人から見たら働きやすい良い職場環境だとしても、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性だってあるのです。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため…

たいてい大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。それに、郊外~地方となるとそのチャンスはとても少なくなりそうです。ただし、製造業の会社に関して言うと、地方の工業団地のあたりに拠点としている多々あります。また、そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大に伴って「人員募集」をしていることがよくあるので、そのチャンスを利用するのがベストです。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する会社についての情報をあらかじめ得ておきましょう。ホームページを見て、求人予定の有無など、時々確認すると良いでしょう。

再就職の面接での身なりはクールビズで良いとと言われる場合があります。ですが・・

再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれていることもありますが、クールビズの格好は実際は印象が悪いのではないか?と思いがちです。クールビズに関する不安を懐に抱えている方々に伝えたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接時は伝達事項を素直に聞き入れたほうが良いです。色々迷って、真夏なのにクールビズでないのは相手に不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

満足できる転職するを希望しているのなら、事前に徹底した情報を集めることが不可欠です。

満足できる転職するを希望しているのなら、最初から情報を収集することが必須です。そうしようと思うのなら今は名前を知られていない小さな会社であってもHPで企業を紹介しているケースがとうぜんだから、インターネットを使って自分が気になる点を手に入れるとそれとその企業についてわからないこと等を整理しておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。実際に何よりも転職の候補にしている企業を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。

初めて働いた会社で嫌な上司に心をすり減らし、つい・・

在職していた会社で相性の悪い上司に悩みを持ち、我慢することができなくなりその会社は辞め、同業である別の会社に行くことにしました。その会社では会社に行くのが楽しく本当に満足のいく毎日でしたが、徐々に業績が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合した会社が驚くなかれ前働いていた会社で、おまけに転職のきっかけとなった上司がまた私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動をし始めています。

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、…

転職における面接などに関して名刺を手渡してきた場合、同じように自分も名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に迷ったら、おおむね差し出さなくても良いと思っておいてください。面接とは仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動内のことなので、大体は名刺をやりとりする場とは違います。合わせて、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらとしては名刺を受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡すことは少しもないと思われます。

今と違った職場に入りたいと転職をする活動をしている中・・

今と違った会社につきたいと転職をする活動をしているとき、「ほんのちょっとでも早く、内定がものにしたい」と考えてしまうはずです。しかし、そういう気持ちで採用通知ほしさのばかりに、自身の能力を高く偽ったり、その反対に安売りするような行動はできるだけしないようにしましょう。焦る感情にぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就き・・

自分の大好き、を仕事にしたいと思っている方は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私の場合、食べることが趣味で以前は、飲食店(レストラン)で働いてもいました。そのレストランでの業務は、そのレストランで担当していた業務内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係でとても嫌になりました。そのことが引き金となり、仕事をやめることにしたのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べることやその店でメニューとして提供していた食べ物すら嫌になり、よく似た飲食店には避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。好きな分野の仕事に就きたいと思い、それを実現させることは素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に判断する必要があります。

派遣での仕事が決定しました。仕事の初日に営業を担当している方と…

派遣社員としてある会社で働くことになりました。就業1日目に営業担当者と就業場所付近のコンビニで待ち合わせをしたら、どうしたことか約束した店の前にいないから中にいるのだろうと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、大胆にも雑誌のコーナーに座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、その場で声をかけることなく店内から出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転職した際には、高確率で以前の会社の仕事はほとんどは美化された記憶となります。

職を変えると、高い確率で前の会社の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。本当は現在の待遇に合っていないと思ったから、そういった思いを解消するためにやっと退職を決め、再就職すことになったのに、気が付けばどうしてかわからないけれど転職した会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じ始めるのです。至って当たり前で、前職は日々の業務に慣れていて、さほど苦労なく与えられた仕事があっさりとできていたから、一番の理由にあるでしょう。ですが、「転職なんてしなけりゃよかった」と本気で感じるほど、前の仕事の方が職場の雰囲気や自分に合っていた場合があります。

再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に・・

転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適合する居心地の良い場所を見つけたいものです。職場を変えれば向いている仕事に就くことができるかもしれません。ただ、メリットだけがあるわけでななく、雇用側が必要とする能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。違う言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」に出会えるチャンスも高くなる、ということ。現代は、「職業選択の自由」が社会通念上として認められているので、仕事を変えても特に問題はありません。終身雇用制度が死語となりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業も増加していますので、この好機を有効に使ってみてください。

転職時には、面接をすることになりますよね。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接担当者から「転職理由は?」とかなりの確率で質問されます。このとき、どれだけあなたが正しくとも、以前の職場の人づきあいや労働環境が悪かったという回答は、できる限り話すのはやめておきましょう。というのも、此の様な内容の話は、心象を悪くしてしまい、チャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することがとても重要で、たとえば「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のようなアピールの仕方が理想です。

日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。が、当たり前に転職が可能だと思い込み軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職したいなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。まず第一に、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、納得できない点を10個前後、探してみてください。そうすることで、転職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるようにトライしていることも大切です。

これまでの私は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。

前は職探しをする場合は「転職サイト」より、主に「ハローワーク」を利用していました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、やはり都心の求人情報しか掲載していないからです。このため、求人を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、昔から地域密着といった点では都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と先入観を持っている人もいるはずです。以外にも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もしも転職したい場合は、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトのような執拗なお知らせやメールが送られてくることもありません。

もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように・・

転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、大都会から地方に移り住んで、再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。この頃は求人情報サイトを用いれば、国内全エリアの求人募集も簡単にアクセスできます。ただ残念なことに、郊外や地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのがデメリットといえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。

キャリアップしたいと思い何個かの人材紹介会社に登録していのだ・・

私が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質においても驚くほど多種多様でほぼ物足らないと感じる人ばかり。私にとってはかなり重要なことなのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという考えが積もり積もってその事がきっかけとなりキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーの資格を取るためにはコストもいりましたし勉強においてもとてもきつかったのですが、求職中の方から担当者があなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人…

転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲しい点がいくつかあります。一般的に派遣というと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」といった業務内容を考えてしまった方が少なくないとは思います。最初は私自身も現在勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「お願いしたい業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。が、いざ入社したとたん、「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、とにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

-コラム