コラム

転職する場合は、最初に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして…

転職活動を行うにあたっては、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

転職するのなら、最初に、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして気になる会社を調査するでしょう。しかしながら、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんな話じゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は文句をつけて、退社させないように画策しています。この種のブラック企業には注意が必要です。

ずっと接客関係で働いてきましたが、年のせいか立ったままで行なわなければいけない仕…

長年接客業で働いてきましたが、加齢のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的につらくて、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを視野に入れて動き始めました。事務未経験の場合わりと難しく、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も取り個人の医院に転職をしました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時より帰宅する時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時と受け入れて頑張ります。

就労期間にあるときは、可能ならば、会社内の人にバレないよ・・

雇用中は可能であれば、周囲に気づかれないように、(私のときは)在職期間中に転身の意思表示のみを早いうちに周りの人間に言ってみたことがあります。ところが、その顎、転職サイトを色々と見たものの、転職先や転職するタイミングも何も進めていたので、ダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業間でも次世代の明るい動きが顕著に現れてきております。その変化が加わり、一般の企業では今度は労働人口の減少による人手不足が根深い問題となっています。将来的に外国人の労働者も今よりも増やしていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職事情にも、大きく変わっていくはずです。

もし転職するのなら、転職前に資格を取得することで有利に事が運びます。

もしあなたが転職したいと考えているなら、事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておけば、転職活動時に有効に使えるので、新しい仕事を見つけやすくなります。であるため、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての最適といえます。あなたが未来を考え、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。そればかりでなく、資格を取ることができれば、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では担当者に即戦力になる人材だと認められ、これまでより待遇アップも期待できるでしょう。

今、私は派遣会社で働いています。

このところ私は派遣会社に入っています。サイト上で気になる仕事を発見して応募しようとしたところ「そのお仕事はすでに別の方でお話が進んでいます」と言われ一時的にサイトからもお仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日になるとまた載っています。これは結局私ではダメだってことですよね。それであれば変に隠さないようにはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまたダミーのお仕事なのでしょうか?

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず失業手当をもらうことをおススメします。これはあなたが働いている会社で社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。支給される「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の給料を基準にして計算されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

人生で初めて転職をするのであれば、気を付けるべきこ…

初めて転職を行うとき、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を辞めたいかをクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。その上で問題を解消してくれそうな会社を選んでください。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動をやっていくので、時間と体力が必要です。それゆえ明確な理由がないままに転職しようとすると途中で行き詰まってしまう可能性もあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動をスタートするのはやめておくのが得策です。

転社を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強くすることが可能です。その行動とは、外国に行くことです。海外に行くと、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国後変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでとは違って胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後しばらくの間は精神的に弱っている人が多いので適度に休みましょう。

楽しみを見出しながら再就職と向き合うことで、メンタルに負担を感じることもないの…

楽しみを見出しながら転職と向き合っていけば、精神的な負担が減るので、転職活動の間の堕落も避けられます。またメンタル面が健やかな状態のままであれば、割と早く転職先も見つかるはずです。理想的なのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることが大事です。今の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。さらに、ブランクをなくせば仕事を辞めたあとすぐに、働けます。こうしていれば、職歴の空白期間がなくなるので、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を進めていきましょう。

安定を送ろうと正規の社員になりたいと考えている人は多数だと思います。

安定性を欲しがり正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人が相当数いるのが現実です。けれども、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに中々正社員としての転身がうまくいかない可能性もあります。非正規雇用者の求人は充実しているのに、正社員の求人募集以外には目も通さず応募しない人も多いでしょう。もしも、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、派遣社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員を募集している企業であっても、その人の実力によって、数年で正規雇用にステップアップできることもあるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを聞いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使った・・

転職先を探している期間は、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。会社が決まり、仕事復帰した時に、趣味に興じていたことで無意識のうちに集中力が高められます。そしてまた、体力アップが図れていることで、その場の社員と比較すると疲れない体になっているということを認識します。なので、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に時間を充てることと、体力を低下させないようにしておくのがベストです。仕事が決まり、その会社で同じ趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を集めることが多いと思います・・

転職するときは、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。ですが、現実は『クロ』で「真実が書かれているので、潰そう」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルが発生する確率が高い、と判断して良いはずです。そもそも、善良な会社だったら煙は立ちませんから。

再就職を考えている際に目を光らせる募集内容に関しては…

転職を考えている際に閲覧する求人内容に関しては、参考程度に、アバウトに載っている可能性も少なくはありません。そのため、書いてある情報は全部正しいものだと簡単に信頼しないほうがいいと思います。その中でも特に給料の金額などにおいては、平均の値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額なのか?という判断ができない人はたくさんいて自分で勝手にわかったつもりでいると、後悔することになる可能性もあり得ます。なので、嫌な思いをしないために、募集内容の情報というのは、おおまかなものだと思って、そのような重要なことは直接確認した方が妥当です。

求人情報にはとうぜん多くの株式会社では月の給与が記載されているはずです。

求人関連の広告には、ほとんどの場合、たいていの株式会社では月の給料が記載されているはずです。だけれどもこの月収を調べれる時には、深く確認する事が欠かせないです。その多い少ないだけでわかってしまってはいけません。ひょっとすると、月収の金額の中身に月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられます。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性も考えられます。だから、こうして応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

再就職をする際に面接で決まっているかのように聞かれるの・・

再就職をする時に面接でほぼ確実に聞きだされることが前職を辞めた原因です。この質問になった際には話の内容を辞職した会社に向けない方が賢明です。辞めた経緯が話の中心になると絶対に良くない面を伴った面接に進んでしまいます。ポイントとしては、前職を辞めたのはこちらの会社に絶対に入社したい理由があったからという感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社の方に話の方向を向けていくと良いでしょう。今面接をしている会社のことであればマイナス面を消しプラス面を印象づける前職を辞めた理由に聞こえます。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業のあいだが給付の条件ですが…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、「期間」が定められています。それまでに働いていた期間に応じて3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、この事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って就職先を探してもよい会社を探すのは難しいです。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」に関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接担当者から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用されることはまずありません。

転職するにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要があります・・

転職を予定しているのなら現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの意志で退職願を提出して退社する、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が認定されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして退職日の翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると主張してその結果ハローワークのスタッフと揉めているのを見たことがある。ちなみに、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

派遣会社に登録した上で仕事をする人が現在増加する傾向にあります。

派遣会社に会員登録して仕事をする人が最近では増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちの何割が自分に入るのかをなるたけ面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、悪い派遣業者では、3割しか支払われていなかった場合もあるのです。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、違う派遣業者で登録されることをおすすめします。

新卒採用で入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。

新卒採用で入社した会社を退職し転職すると決めました。当初は人生でもっとも悩みました。ですが、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に知り、いつの間にか気持ちは楽になりました。1度、転職をするとなんというか、肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」を探すのが嬉しくなっていきました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職を経験して良かったと思います。

-コラム