コラム

転職をする場合書く必要がある履歴書などにおいては、原・・

転職をしようとする場合、絶対に用意しないといけない履歴書などにおいてですが…

転職をしようとする時に書かないといけない履歴書においてですが、ほとんどは自筆ではなく、パソコンで作成するというのが通常です。今現在の日本社会では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで用意するというのが普通だと捉えられていることも多いですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、転職においては履歴書は100%手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。自筆の履歴書の方を高く買う企業もあるようですが、そうではない場合がだんだん多くなってきているので、手書きの履歴書や職務経歴書でなくてもよろしい会社は意外にも、けっこうあるのです。

転職をする場合、転職先での自身の給与を過剰に気にする人…

転職というものを考える際、その職場の給料を気にしすぎる人がかなり多いように思います。誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として手に入れるために仕事に打ち込んでいるとは思います。したがって年収がいくらかは自分自身の仕事に対する評価という見方もできますから、大切と感じるのは否定できません。ですが、必要である以上にもらっている年収の額に執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、人間的な成長が遂げられる可能性があるからです。

クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジするときに・・

クールビズの服装で再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイに関しては着用していったほうが間違いないです。ネクタイはなくても良いと思っている会社も存在するケースもなくはないです。ですが、ネクタイは例えクールビズでも必ずすべきだと考えている会社がいくつかは存在します。それゆえ、クールビズ(軽装)でOKだと言われていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が安全だということは分かっておいてほしいです。

大手転職エージェントに限って、多数の案件を持ってい・・

転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を扱っているという長所があるといえますが、一方、転職を希望する競合者も多くいます。応募希望の会社があっても、そのエージェント担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいると、そのライバルを優先したりもするのです。大規模なエージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており大変難しいので、考えを変更して中小規模のエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

転職のために人材紹介会社へ登録に向かいました。

転職の準備をしようと人材バンクに登録をしに足を運びました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当者が見たところ若い社員のようで、こちら側が説明をしていることの3分の1も彼は理解できていない感じ。さらに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みについて考える必要性があります」等、知ったかぶりに偉そうにのたまうからすごく不愉快でした。カウンセリング担当者はそこそこ仕事の経験がある社員にしてほしいです。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。企業の大部分は履歴書と職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類が大事なアイテムです。ただ文字を書くことにとどまらず、記載内容を充実させることも必要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分にプラスになるように活用をはかることもよい転職をするための有効な手段です。

転職活動には、相応の準備が必要となります。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気になるところだと思います。しかし、最近の企業面接については形式ばらない服装が多い企業があるので、スーツでなくては、と考えて赴く必要はありません。会社の創立したての企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。正装でないので、フランクに会話がしやすくなります。そして私服なら、面接中、ファッションについて、話が広がることもあるので、担当者へのアピールにもなります。ということから、転職は会社の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定をゲットしたとしても、現在働いている企業があなたを慰留しに掛かるかもしれません。そのような場合は、何があっても退職する、という強い意志を貫くことが大事でしょう。会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要なポイントです。

転職の時の面接で着るビジネススーツの色に関しては、新卒の就活の・・

転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに準じている色が基本的です。言い換えると、黒とか紺色の暗い感じの色味になります。それは再就職であっても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこういったダーク色が大多数を占めていて、そうでないカラーを着ている転職者はほぼいません。それ以外の色と言うと、グレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。割合からしても黒系や紺系のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接担当者もそのような色が当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という面においてはぜひおすすめします。

転職活動をしていると、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動中に、「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。これらのうち「志望動機」は、ありのままを話して差し支えないですが、これとは違い転職理由について率直に伝えるのはよくありません。給与の不満、人間関係に対する不満など、採用担当者によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この会社に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。けれども、仕事を続けながら求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面も負担が大きいといえるでしょう。それを同僚や上司に隠さなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておく必要があります。

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば給付されると考えている人が大部分ですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付を求職活動を行っている必要があり、さらに、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月ハローワーク職員との面談を経て、真摯に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。なお、真面目に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、アッサリと給付が一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、十分注意しましょう。

そのうち転職しようと考えるのなら、直近の職場の何が気に入らないのか…

明日からでも転職活動しようと思うのなら、直近の職場や仕事の何に不満があるのかをハッキリとさせておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らない点が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「しっかりと今の職場の客観的にみた問題なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職してからのモチベーションの低下は抑えることは容易になるはずです。

転職エージェントや転職サイトなどを使って、転職活動する人は年々増えています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動を行う人はたくさんいます。しかし、転職の幅を広げたいのであれば、それと同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加した際は複数の企業に関する情報に触れることができ、それにとどまらず、スタッフの言葉遣いやマナーから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加するのであれば、面接を受ける心構えで準備することを怠らないようにしましょう。仮にフェアでの交流を通じて、自分の魅力が企業に伝われば、そのあとの面接等に進む時に良い手応えを期待できます。

今の時代の雇用事情が目まぐるしく変わってきたことに関して、全世代の・・

このように今現在の企業の労働背景の変移に当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちほど関心度が高いといわれています。多分、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。ですので、働き手といった人たちの労働力の「流動化」が顕著になっているため、次第に将来、より広い世代で転職についての関心度が高まっていくはずです。労働力の「流動化」が進んでいく結果、会社の転職は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が実在した時代には、「会社を辞めて転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないこともたくさんありました。ところが、今ではこの事も全く当たらず今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も特に無いように思います。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接において、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。

将来転職活動をするという時は、気になる求人(業界)を見るたび…

今から転職活動をするのなら、気になる求人(職種)を見つけたときにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス部分について、教えてもらえない、と思っておくべきです。ネットで調べれば簡易的なインターネット検索によってカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そのようなチェックを怠りながら入社した場合、あとから入ったことを後悔してしまうおそれがあります。その求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」というケースも多いので、気になった案件について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

もしも再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの退職を知る・・

もし転職することを、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、その状況が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。時には、残業時間を意図的に増やされることもあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。なので、避けるために今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を去れるはずです。加えて、何の問題もなく円満退職できれば、転職後にも、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるかもしれません。業種や規模に関係なく、どのような企業も人とのつながりは大切なので、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

転職した会社で今までに培ってきたキャリア・スキルを生かせたとしたら・・

再就職した会社でこれまでに培ってきた実力を活用できれば、即戦力として評価されて、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している会社側としても、大いに助かると言うものです。雇用側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。更に以前の仕事内容と似ている業務内容なら転職自体はすんなりいくはずです。しかし、ある程度のスキルがあるといっても大手の事務系の仕事や、公務員の募集については、時代や景気に関係なく中々の競争率であることは間違いないでしょう。

転職候補となる会社での採用面接でのよく思い違いがあるので・・

転職先での会社での採用面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと過度に猫をかぶることは予想に反して採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「給与」といったような、通常ならかなり質問しにくい内容を勇気を出し訊いておいた方が、間違いなく自身のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階で質問をすると、結果が響くのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。ところが良い結果になることは結果的には少なくないようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。けれども、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。なので、勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

-コラム