コラム

仮に転職を考えたとしても、あらゆることがスムーズに進行す…

再就職を目指そうとしても、何もかもがスムーズに進行す…

仮に転職活動をはじめたとしてもあらゆることがうまく進行する確証はどこにもありません。可能であれば、どちらにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く転職を試みるべきでしょう。平均として見た場合、20代の若いうちは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になると転職活動全般は、だんだん厳しくなってしまいます。もしも、役職をすでに担当しているのなら、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社にとどまることも選択肢から除外しないでおきましょう。つまり、退社してから転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたまま時間をかけて慎重に探すほうが良いということです。

職を探すのに、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

転職をするに際しては、ネットでのエージェントに頼る場合もありますが、あなたがそういったエージェントに登録し転職先が決まった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので注意しなければいけません。これに対し、ハローワークを経て斡旋してもらった会社に就職した場合は、就業に備える準備金として一時金が支給されます。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、単に彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて押さえていなければ、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに…

2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がとても多いものです。何故かと考えてみると私の考えでは環境に飛び込んだものの、「理想としていたものとギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」と考えて別の仕事を探すのじゃあないかと思います。可能ならばこのような、転職における失敗をしないためには、とにかく転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、給与体系、などチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

かつては求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、きちんと書かれていました。

何年か前までは求人情報に性別が当然のように書かれていました。しかし今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用において、男女差別がないようにしないといけないルールができて、求人情報内に「性別」を明記できなくなりました。そうはいうものの、募集情報を出す企業は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。なので、実は男手を必要とするジャンルに、女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。仮に、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、女性を希望しているのだと解釈しておいたほうが良いです。

新しい就業先では「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい就業先では「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。とりわけ入社したはじめの年は、大方「研修期間」が含まれているというのが多く、自分の事例では、労力を費やして手に入った職場なのに、悲しいことに前いた会社での年間報酬とほぼ同じということがありました。そればかりでなく、仕事はとてもキツく、とても責任が伴うもので、1年目をクリアするのに本当に苦労しました。そういった経緯から1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、状況が許す限りやれるだけ転職するよりも前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。

新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで自・・

もしもあなたが、「転職サイト」で自分の活躍の場が広がる将来性のある企業情報をあれこれ見ているのなら、転職エージェントを利用しない手はありません。登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、そのサービス内で紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。、誰しもが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較対象にならないほどたいへん良質といえます。そればかりか、あなたの希望にふさわしいものを調査した上で紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想の自身の希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが一人の力で最初から調べるのと比べればとても効率はいいですし、たいへん確実です。

転職先を考えるにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だ…

転職先を探すにあたって、やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれだけでなく手取りが増えることも大切なことなので「年収サイト」に登録して事前に研究をしています。一緒の会社で加えて同じ職種、社歴であるのにすごく人によって幅があることも多数あり、ぶっちゃけて言うと面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人もそこそこは予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

今現在の職場や仕事の中身について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今のあなたの勤め先や仕事に対する何かしらの不満があるはずです。「自分のスキルや仕事での能力をきちんと評価されていない」だから、「報酬は上がらないし、出世も出来ない」といった不満を挙げる人が少なくありません。気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自分の実力を実際よりも過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなるおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。再就職で良い成果を出すためにも、あなた自身のスキルや能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

未経験である業界などに転身をしようとするときには、前の業界で…

今まで経験したことのない業種とかに転身をしようとするときには、前の業界で養われた力やこれまでの経験が生きるという自己アピールが必要になります。経験をしたことのない業界の場合、未経験の分だけその業種で勤務したことがある方よりも事実、不利になりますけど、自分自身が保持している能力がその分野でも生きるということをしっかりと相手に伝えれば、戦うことができるケースも十分に考えられるのです。なので、経験したことがない業界に挑戦する場合は、その業種と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりをできる限り探し出してみましょう。

派遣というかたちで働いています。

派遣で就業しています。派遣法とか労働契約法のからみで不本意ですがずっと働いた就業先での勤務があと数か月で終了します。同じ派遣である人の中には、派遣で勤務している会社で正社員の地位を得た人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのごますりがうまくてそのおかげで採用されたように思えます。仕事ができるかどうかよりもおじさん転がし能力が必要なのだろうと抜擢されなかった別の派遣仲間と勤務先で愚痴を言う日々です。

最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。特許を取ったことのある人は、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、雑誌で紹介された人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったときには、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、その手の会社は当然ながら詐欺といえるのできっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分…

転職活動中は、つい気が緩んでしまい、ダラダラとした生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。言うまでもなく、気の緩んだ、だれた生活を続けると、「心」もだらしなくなるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活が苦しくなり困ることにもなるでしょう。そんな状況になってしまうと、負のサイクルができてしまい、転職先がきちんと見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、止めておきましょう。

再就職時の面接のときにつける腕時計について申し上げますが、…

転職時の面接で着用する腕時計ですが、どう見ても目を惹くタイプの腕時計はつけて行かない方が悪い印象を与えません。この場合の、目立つを詳しく言うとブランドの腕時計とか、というだけではありません。反対に、明らかにチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つという意味であって真逆で目立つ、ということで捉えておいてください。転職の面接の際の腕時計についてもスーツやネクタイと同様にとらえ面接にふさわしい堅実なものを選択した方が良いです。ですが、自分の歳に適している腕時計ということもとても肝心であって、新卒の頃に面接時に用意した腕時計よりはほんのちょっとでも高いものにした方が間違いないと言えます。

近頃、株・不動産投資の不労所得、もしくは独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、自営業、起業等、そういったような世の中の変化に伴い、「起業はキケンだ」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、将来が不安定な自営業で生きるよりも組織の一員のほうが安定性にすぐれており、人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されてはいました。そういった成長期は終わり、今のような時代では「成熟期」などと表現します。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される転職情報がたくさんあるた・・

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほどたくさんの求人情報が掲載されているため、2~3社程度、転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、さらに自動で案件についての連絡が入るようにしておくと転職情報を収集しやすくなります。だとしても、はじめは登録するのに少々労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初日は、少々時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を怠らないことを頭に入れておきましょう。

一度あなたが、転業を決心したなら、徹底して周りの人間…

転職の決断したなら、あくまで周囲の人間にはその気持ちを伝えずに活動を進めていき、現職期間中は、あくまで周りの人に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのがいいです。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、万一希望に沿った働き先がすぐに見つけられなくても、転職の予定を見送って現在の職をそのまま続けてもできます。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りの人は、その言葉に合わせた動きを取ります。「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あいつは退職する人」という位置づけになります。そういった状況のあとで、「やっぱり辞めないことにしました」と手のひらを返しても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、身の置き所がない思いををする可能性があります。

近頃はパソコンやスマホで調べればネットで見られる世界で・・

最近はパソコンやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多すぎるくらいあります。その相当な数のサイトから自分の目的にあった転職先というのを見付けるためには、何よりも情報を収集することをしましょう。このようなサイトをしっかり使いこなすことで、効率的に転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ赴いたときのこと…

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ赴いたときのことです会社内の面接に使える部屋が空いていないということで社外の会場で会社の人と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散、面接を行った方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が一緒。そのため電車内でも一緒に話をしながら帰宅することとなり、すっかり緊張が解け面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したのか何の問題もなく採用を掴むことができました。

求人に関係する情報をチェックする時、例えば、デスクワークがしたいから…

求人情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をあまりチェックしていません。そういった人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と早合点しているこ可能性が高いです。事実、製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事もとても多いです。しかしながら、製造業の大半はオフィス街のような環境とは違うのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。だとしても、こだわりを捨てて、仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

転職活動のコツは希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官と・・

転職活動で重要なことは企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要です。希望する企業に採用されるために、初歩としてあまり意識せずに焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いのような気分でいる、望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接では最初に自分の人間性を評価されるので悪い印象を与える行動は気をつけて控えましょう。そしてモラルある社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

-コラム