コラム

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。その…

とある古物商にて、書類審査に受かりました。その後担当者から面接日時を告げられました。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その後担当者から面接の日時を教えてもらいました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、非常にだらしない態度を見せられ、やっとのことで面接が終わりました。ところが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で仕方なく改めて問い合わせると、なんと、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまったのです。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと思っています。

転職活動する際に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、…

転職活動する場合に注意すべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間というように求人の内容に時間の併記がされています。月の中で残業が発生することが想定されるのではじめから給料に残業代を含んでおく、といったものになります。(この仕組みは合法です)仮に求人に『みなし残業代30時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という意味になります。ただし、悪質な求人は、この『みなし』という言葉自体がことも少なくないので気をつけましょう。

働いていることで精神的にまいってしまい転職しなくてはいけない状況になったのな…

仕事のせいで回復が難しいほど心的にかなり厳しくなり、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人に相談したうえで、その後の進退を判断した方が良いです。働くということは自身のためでもあります。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。どんなに高い給料を手にしたからといって、精神がダメージを負うほど仕事をすることは健全とは思えません。昨今は、働く本人が働きやすいことを重視していく生き方が尊重される時代です。ですから、あなたの身内とあなた自身の心身を大切にしていきましょう。

失業保険の給付に関して、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。

実際に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」しているという証明が必要となります。でも、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。本気で就業先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は不可避ですが、「求人票」を確認することを少なくともしておきましょう。本腰を入れて探したくないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワーク職員との面談の際に、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して今回はありませんでした」と話して、次の機会を探すという方法もあります。

昔は看護婦と言われていた看護師というのは働く者と…

昔は看護婦と呼ばれていた看護師は、女性比率がたいへん大きい職場です。さらに、気力あるいは体力を大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん対人関係で行き詰まったり、結婚や出産といった仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。というワケで、どの医療機関も看護師を求めている「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。

転身するつもりなら、多様な会社の情報を日頃からチェックしておく・・

再就職を予定しているのなら、まめに多種多様な会社の募集案内を調べておくと就職時の選択に大いに役立ちます。現在の職場になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動を開始した時、どんな会社でもいいように見えてしまいます。そんな状況に陥ってしまうと、どこを選択するべきか、迷ってしまうので会社選びに失敗してしまいます。ヘタをすると、最終的には短い期間で退職しなくてはならなくなるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引先の情報を公開していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

転職をするための活動をしている最中は、まず必ずあな…

転職活動を成功させるには、まずゼッタイにあなたの内心が落ち着いていることを重要視しましょう。在職中に転職をする活動をしている場合、それほどはそうでもありませんが、退職後に行う場合にはやはり心のうちが焦りがちになってしまいます。そのため、冷静に活動するように意識しましょう。自分がやってみたい業務や、思い描く理想の職場などを明瞭にしてみましょう。候補に挙げている職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、改めて冷静に確かめてみましょう。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。

自分のスキルや資格を武器に就職活動をしようと考えているのな…

自身のスキルや資格が有利にはたらくように転職をしていく場合、比較的、転職がしやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を前もって理解しておきましょう。再就職が容易な業界としては、たえず人材が不足している医療・介護業界が代表的といえます。医療・介護は、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、何かしらの事情によって他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですので、容易に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、他の業界では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと気をつけておきましょう。

再就職の際の面接では、中堅企業であればほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

転職時の採用面接では、中小企業であればそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、別のケースもあるようです。実際、一緒に仕事をする一番偉い人、要は課長や部長などが面接を担当することも珍しいことではありません。とりわけ、営業職や事務職などのカテゴリでは、資格を通じた人を判断するのがむずかしいので、しっかり自分を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当の人たちに「この人は、きちんと主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。

再就職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」です。

再就職をするときに比較的重要となるのが間違いなく「面接」です。よくある面接では、応募者に対して転職に至った理由などいろいろと聞かれることになりますが、面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の方から「なにか弊社で働くことについて、疑問に思うことはありませんか?」と。と聞かれたときに気持ちの準備ができず、何も聞けなくなったりするものです。こういった場面に備えて、予め面接官からの質問を想定し、聞きたいことを考えておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

これからの社会では着々と単純作業は機械で処理されるようになってい・・

今後、私たちの社会的環境においてますますシンプルな労働は機械によってその結果、そういう仕事をするマンパワーはどう考えても削減されます。なぜかというと、簡単な仕事は人の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど分があるからです。数をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もないのです。人と違って泣き言も言わない、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。おまけに人と違って「人件費」が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いため、機械に置き代わるのも注目されているのです。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経った…

派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職を経験して思い知らされました。私は結婚し、生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい今の仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より報酬は少なめでしたが、時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどが10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣だからといって、すぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

看護師でありながら違う職業に「転職しよう」と思う原因は…

看護師の違う職業に転職を決断する理由は、その人それぞれです。それを見てみると看護師からの転職には「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産それから子育てさらに家族の介護など、環境のさまざまな変化など、今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「給料に不満を感じている」というような悩みが考えられますね。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、転職したいと、今一度じっくりと客観視してみることもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断しておくと間違いありません。

女性の再就職に関しては、近年と一昔前では若干、状況に違いがあったりします。

女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは多少の違いがあります。前までは面接の場で、既婚者なら出産の予定について当たり前のように質問されることは珍しくなかったのですが、今の社会では、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。が、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その人の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を把握しておきたいとは思っているものです。あなたの価値観を理解しておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて話すことで面接担当官にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えられます。聞かれてない箇所についても、あなたの側から気遣いつつ、話を進めていきましょう。

新しい仕事を探すのに、とにかく今の会社を退社してか・・

転職活動を行うときに、まずは会社を辞めた後でという人もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスの支給日について事前に確認しておきましょう。ボーナスが出る会社は山ほどありますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、支給日を待って辞めるというのもおすすめしたい手口です。ボーナスと言うものは随分たくさんもらえると思うので、もらっておかないともったいないとも言えるでしょうから、会社を辞めようと思ったら会社がいつボーナスを支給するかについて確認するのを怠らないようにするのが堅実です。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら・・

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって必ず言いくるめられます。また、実際にわたしが転職をすると話した時には手を変え人を変え、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することをはじめて直属の上司へと相談したのが年度末で、退職が受理されたのが同年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。うまくいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての前の会社に対しての呆れてしまいました。

これは知人からの話です。始めに大学生のときの就職活…

こういう転職ができたという話は友人からの話です。始めに在学中の就職活動でなにがなんでも就職したかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、それから先嫌々ながら他の会社につきました。2年経ったぐらいに派遣の求人のサイトにおいて偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけて、じっとしていられなくなって当時の会社を即座に退職し、A社での派遣就業を開始、懸命に頑張ってそれからどうにかA社で正社員として仕事をすることができ、今では仕事のやりがいを持ちながら明るく勤務しています。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、とても勉強になります。

転職候補先で見学しておけば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるので楽しめます。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、普段の現場を見せることが少ないです。例えると、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に入社してからでないと、本当の姿はわかりません。そのため、見学内容イコール仕事現場、と思わないことがたいへん大切です。さらに、会社見学時に仕事体験ができる会社はかなり問題がありますから注意しておいた方が良いです。雇用契約を結んでいない段階では仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が一切ないため、万が一、勧められても丁寧に断ることが大事です。

やっている転職活動で「私は経験としてこういった種…

今やっている転職活動をしているときに、「かつて、こういった仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、こういった技術を手に入れました」と過去の自分の成功体験などを強調しようとする人はけっこう少なくありません。が、志願し1から始める職場で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が話したような内容の仕事なら積極的に貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自分自身をアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだ問題が多いといえます。実は、面接で見破ることができます。求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目ひとつひとつについて遠慮せずに質問しましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になるでしょう。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問を重ねていくと渋い表情を見せることが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、化けの皮が剥がれるようになります。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

-コラム