コラム

転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが何度も掛かってきます。

「転職エージェント」では、登録後、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが何度も掛かってきます。これに関して初めて利用した人はかなり驚くケースが少なくありません。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事ですので、本当に積極的に行動します。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることによって企業からお金が入る仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れたすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように気を付けることが大切です。

私は20代までに転職2回で、そして現在、資格を取る目…

私は20代で転職を2度経験して、そして現在、資格を取得したいので派遣社員になりました。常勤の勤務ではないのでやはり給料が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。実際にそのような人を見てしまうと余計に羨ましく思います。これまでの私は、うまくいってる人と自分と比べて、肩を落とすこともありました。しかし、結婚をキッカケに私の生活環境もかなり変わり、明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、決まった曜日…

これはシフト制の仕事についての話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、休む方法やシフトの出し方についてはあらかじめチェックしておいたほうが良いです。前に私は産休で休む人の代理として正社員として入ったのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返ると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

知人の紹介をキッカケにして転職の先を探す人もいるでしょう。

友人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。それも悪いとはいわないけれどそこでの労働環境や、それから労働条件などを友人からの口コミ情報のみで判断してしまうとあまり面倒なことになるおそれがあります。というのはある特定の人の口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。それ故に友人から見たら今よりずっとベターな働く場所に思えても、、あなた自身にとっては、ストレスフルな可能性があります。その逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目でしっかりチェックしてみてください。

ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、…

多くの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。加えて、都会以外だとその機会はずっと低くなります。ただ、製造業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地界隈に工場を構えていることがとても多いです。さらに、そういう場所では、事業拡大と並行して「人員募集」をしているので、そういった機会を捉えるのです。地方の工場に転職しようと思うなら、希望する会社についての予備知識を仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定がないか時々チェックしてみてください。

転職時の面接での身なりは企業側からクールビズでもOK…

転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでお越しくださいと連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで行くのは良くないのでは?と思いがちです。クールビズについての迷いを懐に抱えている人たちに申し上げたいのが、企業側からクールビズで来るように言われた面接においては伝達事項をそのまま行動に移したほうが間違いないです。色々迷うことによって、暑い季節にしっかりとスーツを着用すると暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

後悔しない転職を目指すのなら、最初から情報を収集することが必須です。

転職することを成功させるためには、行動する前に行動しなくてはいけません。それには今を見ると名前を知られていない小さな会社も公式サイトに企業の紹介を書いているところが多いため、ネットを利用してあれこれを手に入れるとまたその企業について疑問点等を整理しておくと転職に役立ちます。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、何より転職を考えている希望の職場を自身の目で判断するのも大事です。

在職していた会社で怒りっぽい上司に嫌な気分にさせら…

勤めていた会社で怒りっぽい上司に神経を使い、結局耐えきれなくなりその会社は辞め、同じ業種の別の会社に行くことにしました。その会社では上司が温厚で満足のいく毎日でしたが、だんだんと会社の業績が悪化して、最後には経営統合されました。偶然にもその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、それどころか非常に嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょう。当然また転職活動を開始する予定です。

再就職での面接などの時に名刺を差し出してきた場合、同じようにあなたも名刺…

再就職の面接などの場面で名刺を差し出された場合、自分も同様に名刺を渡す必要があるのかどうかとどちらが正解かわからない場合大体の場合は渡すことはないと頭に入れておきましょう。面接は仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動の一環なので、普通一般的には名刺を交換する時間とは違います。それに、あなたは立場上会社の人間としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。要するに、相手側から名刺を差し出されても、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手に渡すことは少しもないと判断できます。

新しい職場がいいと転職をしようとがんばっているときの場・・

もっと良い会社の社員になりたいと転職活動をする人とは「ほんの少しでもはやく、内定が手に入れたい」と思ってしまうものです。ただ、その気持ちが強くて通知ほしさのばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆で自分を過小評価するかのようなことは、出来るだけよしましょう。そうではなくて、焦る気持ちをガマンして、落ちついて自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く選んでみてください。

自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就き・・

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、過去には、料理店で勤務していました。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、職場の人間関係に悩まされました。ということが引き金となって職場を去ったのですが、その影響で、好きだった食べること、そしてその飲食店で提供していた食べ物も苦手になり、よく似た店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当にステキだと思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、改めて自分自身に尋ねる必要がありそうです。

派遣として働く会社が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の方と派遣先の会社に近いコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、彼がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいないから店の中にいるのではないかと思い店内に入ったところ、驚くことに雑誌コーナーの前に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいました。こんな人が自分を担当するなんて絶対に無理と考えて、そこで声をかけることなく気付かれないようにお店を出て即刻派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

転職したケースでは、だいたいの場合はそれまでの仕…

仕事を変えると、高確率でそれまでの会社の仕事の美化されるものです。本来は現在の職務に問題点があるから、それを払拭するためにやっと退職を決め、転職したはずにも関わらず、時間の経過とともにどういうわけか転職後の会社よりも「前のほうがよかった」と感じることが増えてきます。というのは極めて当然のことで、以前の職場では仕事の手順に慣れていて、今よりもすんなりとまいにちの業務を淡々とこなしていたのが、もっともというのもあるでしょう。でも、「やっぱり退職するんじゃなかった」と心底後悔するほど、前の仕事のほうが人間関係や人間関係が良い可能性もあるはずです。

再就職で勤め先を一新するということは、自身に合う新たな就…

再就職して職場を一新するということは、自分自身に合う再就職先を探したいものです。職場を変えればあなたにぴったりの仕事に出会うかもしれません。が、デメリットもあって、雇用側が必要とする能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。表現を変えると、あなたの力量次第で、「天職」に巡り会えることも可能、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が社会的に普通に受け入れられているので、仕事の環境を変えたとしても偏見を持たれる不安もありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある今は、「価値ある人材が欲しい」と願う企業も増加傾向にあるので、このチャンスを活かしましょう。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

転職時の面接で人事担当から「転職理由は?」と100%の確率で聞かれます。この時に、いくら正しい意見だと思っても、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」に関しての愚痴を絡めた返答は、絶対に避けましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正解なため、とにかく「新しい職場においては、これまでのキャリアをしっかり生かして、真面目に取り組んでいきます。」といったような未来形での話ぶりが理想です。

”石の上にも3年”という諺もありますが、現在の社会で・・

日本には”石の上にも3年”という教訓があります。現在の社会では終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。ですが、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職するには重要なのはタイミングを的確にとらえることです。最初に、現在の職場・仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと感じることを10個、少なくても最低5個はメモしてみてください。そうしておくことで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、迅速に、今より良い仕事ができるように努力することも大切です。

これまでは求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。

今までは、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、ほとんどの転職サイトはいつも都心の求人情報だけだからです。であったので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、いくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」という先入観がある方も少なからずいるかもしれません。でも、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」を利用した時みたいな多くのお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった形・・

転職をするとき、「Uターン」「Iターン」のように、大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考える人が増加傾向にあります。今では転職サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも容易にアクセスできます。しかしながら、地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。なので、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもこまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートに関する情報も注意してみておきましょう。

自らが仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのです…

昔は何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても色々でその多くは納得のいく対応をしてくれない方ばかり。私にとっては人生かかっているのにもっと熱心にに臨んでほしいという考えが募ってしまいました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格取得は費用も必要でしたし資格取得のための勉強面においても大変ですが、求職中の人から頼みの綱とされるような存在になるために頑張っています。

これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしていただきた…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてもらいたい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく連想する人がおそらく多々ありますよね。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応が主な業務」と派遣会社からも説明も受けてました。でも、いざ働き始めると、「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を要求されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とはかなり違っていたのでとても困惑しています。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

-コラム