コラム

転職をするにあたっては始める前に、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして…

転職をするとき、まず、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

転職活動を始める場合、はじめに、ハローワークの求人票を見たりして転職したい会社を調査すると思います。ですが、当該会社が情報を公にする際には、、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういったコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は額面通りではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、あれこれ文句をつけて会社を辞めれないように画策します。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

ずっと接客関係で働き続けてきましたが、加齢のせいか座ることのできない仕事…

長きにわたって接客業で働いていたのですが、歳をとると共に立ち続けるお仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を志して動きました。事務が未経験となるとけっこう難しく、接客の要素もある受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人病院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が大変。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰る時間も遅いわけですが、初めはキャリア形成の時期だと腹をくくって頑張ります。

雇用期間中は、状況が許す限り、同僚にバレないように(…

就労期間中なら、可能なかぎり周りの人に悟られないよう、(自身の経験談ですが)前職中に転身したいという意思表示だけをはじめのうちに周りの人間に話してみました。だが、それから、転職情報をあれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に転職先も仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。そして一方、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、…

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、今の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業といった民間側からもあたらしい社会的な変化が増加しつつあります。その変化の中で、企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。ここ最近では、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、前提と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

もし転職を視野に入れているなら、転職する前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格を取得するのがお勧めです。転職の際に有効に使えるので、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。ですので、在職期間中での資格取得がベストタイミングになります。もしもあなたが将来を見据え、このあと役立つ資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。それにプラスして、資格取得によって転職先の面接の際、面接官に「即戦力」な人材として認められ、それまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイト上でなにげなく自分に合っていそうな仕事を見つけ尋ねてみると「そのお仕事はすでに他の人の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなってしまうのですが、その翌日に閲覧すれば元に戻っています。ということは要するに私ではダメって意味ですよね。そうであれば最初からカドが立たない程ではっきりと言ってほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまた客寄せのためのダミーの仕事なのでしょうか?

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合・・

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておきましょう。これは現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取ることが出来たりもします。支給される「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の近々の給料がもとになって支給する額を割り出されるので企業に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

最初に転職をするのであれば、気を付けなければいけない…

最初に転職を行う際、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについてはっきりしておくことだと断言できます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。その後問題解消ができる会社を選んでいくのです。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要です。だからこそハッキリした理由がないまま転職活動を行った場合、途中で行き詰まってしまう場合があります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動を行うのはやめておくのが得策です。

転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。さらには、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強くすることができます。オススメは、「海外旅行」です。海外旅行に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、大きな刺激を得られます。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態のまま面接に向かえば、今までの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いのでこれからのために休みも必要です。

楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合うことで、メンタルに負担を感じることもないので、…

楽しみつつ、再就職をすることができたら、精神的な負担が減るので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。おまけに精神的な箇所が元気なままでいれば、割と早く転職が出来るでしょう。おすすめは、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることです。現在の仕事と並行しながら、次の職場を探すのが理想的です。しかも、ブランクをつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴の空白期間がなくなるので、今後に響きません。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、上手に転職活動を進めてみましょう。

より安定した人生を送ろうと正社員として働くことを念頭に置いている…

安定した暮らしを求めるべく正規社員として働こうと考えている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。しかし、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正社員として雇い入れてもらうことが難しいケースも少なくないはずです。非正規雇用者の求人募集は充実しているのに、正社員の求人以外は気にも留めず時間を無駄にしてしまっているようです。万が一あなたが、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。正社員を募集していない会社であっても、その人の実力によって、2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換ができることもあるからです。ですので採用面接の際に、「正社員登用」の可能性を質問しても今後の役に立ちます。

転職期間では、自分の好きなことに没頭するほか、体力の低下を招かないようにしてお・・

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活をしておくと良いです。復帰した際に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中力が高まります。加えて、体力を補っている事で、他の社員さんに比べるとスタミナがあると認識します。なので、退職後は興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をしておいて損することはありません。また、その職場であなたと同じ趣味の方と出会えれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動をするにあたっては、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

転職活動を行うとき、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の復讐でその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みなら、会社としては気にする必要はないはずです。でも、実態は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで火消しをしよう」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけトラブルが発生するおそれのあると考えてもいいと思います。そもそも、善良企業の場合トラブルなど起こりません。

仕事を変えようと考えている時に目を光らせることにな・・

転職をする時に目を光らせる求人情報というのは、一般的なものとして掲載されている、ということもあります。なので、情報として書かれていることを何もかもが正確であるとは信じない方が最善だと思います。なかでも報酬に関しては全社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高額の給料なのか?といった評価ができない時が多く、自分判断で理解したつもりでいると、後から後悔することになる確率もあります。それゆえに、そんな風にならないためにも、募集要項の情報というのは、うのみにせずに、そのような重要な内容は直接聞くのが適切でしょう。

求人についての情報では、ほとんどの場合、まともな企業では…

求人関連の広告には、大部分の場合はまともな職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの月収の箇所を調べれる時には、深く確認する事が欠かせないです。値だけでわかってしまってはいけません。何故かというと会社によっては、月収の額の中身に「毎月15時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。また「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあったります。そういうわけで、そういった「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

転職をする場合で必ず尋ねられるのは前に働いていた会社を退職し・・

転職で面接で絶対に問われるのは会社を辞職したのはどうしてなのか、という話です。このような質問が出た時には辞めた会社から話題をそらしたほうが安心です。辞めた経緯が的にされてしまうとどうしてもマイナス面を取り込んだ話の内容になってしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場にぜひとも入社したいという考えがあったからという感じの話にすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。自分が行きたい会社の話になるのでマイナスではなく良い面を押し出した前の職場を去った理由に聞こえます。

失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り慌てて仕事探しを開始しても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。会社の面接官もバカでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接官からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

転職する際、今働いている会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです…

転職をするために失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、自分の都合により退職届を書いて退社する、いわゆる依願退職の場合は、直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を間違って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってハローワークの担当スタッフと口論していたのを以前見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業が認定されればすぐさま失業保険が給付されます。

派遣会社に登録し、働く人が過去の規制緩和以降、増える傾向にあります。

派遣会社に登録して働いている人が近頃増加しています。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをなるべく面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがかなりあります。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、情報をひた隠しにする業者も多く、酷い派遣業者では、8割だけしか労働者に還元しない場合もあるのです。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、可能な限りその派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

新卒で入社した会社を離れ、転職することについて実際にやめる前後は…

新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職しました。当初はしばらく転職できるか不安になりました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであると自らの転職活動で知り、いつの間にか将来の不安がなくなりました。なにより1回でも転職をするとなにか肩の荷が下りる気持ちになり、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、私の場合、転職してみるも大事だと思っています。

-コラム