コラム

転職を考えたとしても、何もかもが首尾よく運ぶと断言はできません。

仮に転職を目指そうとしても、あらゆることがうまくい…

転職しようとしても万事都合よく運ぶ保証はありません。もしも転職するのなら、どちらにしても転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちに出来るだけ早く考えておくほうが良いです。平均として見た場合、20代の若いうちはかなり有利ですが、30代後半~40代に突入すると転職の場合は、たいへん厳しいものと理解しておくべきです。重要な役職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても今の会社に籍を置くことも選択肢に残しておくべきです。ようするに、退社してから転職活動するよりも、今の会社での仕事を続けながら、時間をかけてじっくり探すほうが後悔がないはずです。

就職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

転職する際に、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用することもあるでしょうが、仮にそういったところに登録し、めでたく就職することができた場合でも、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険は給付されないので注意しなければいけません。なお、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備金として、一時金が支払われます。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。こういった点を踏まえておかないと、失業中にお金をもらえない状況になるので、気をつけておきましょう。

少し前に転職したというのに、すぐに退職を決断する人…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまうケースがとても多かったりします。私の思うところをいうと新たな気持で新しい会社を見つけたものの、「考えていた職場環境とだいぶかけ離れていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」といったことで退職してしまうのだとか。可能ならばこのような、転職における失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報集めを欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、職場内のルール、など調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

数年前は求人誌では、募集要項の中に「性別」が、記載されていました。

数年前の求人情報に雇用側が必要とする「性別」について、当然のように記載されていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、雇用時、男女差別がしてはいけない事が決まり、応募資格の概要に「性別」が記載されなくなりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す会社は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。現実に、実は男性必要とする案件に女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。仮に、「女性が活躍している仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と考えると良いでしょう。

転職の予定があるのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい就業先ではいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。ことさら、入社したはじめの年度は、大体研修期間を入っている企業があります。私自身の例では、苦労して手に入った職場なのに、悲しいことにそれまでの職場での年間報酬とあまりイコールということがありました。そして、業務内容は多様で忙しく、とても責任も重大だったために、1年目をクリアするのにやっとの状態でした。そういった体験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、可能なかぎり転職前の段階で貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

あなたが今現在、「転職サイト」を利用して自身にぴったりの…

今あなたが、「転職サイト」を利用して自らの働き方に近い条件の将来性のある企業を探しているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは違って比べようがないほどにたいへん質が高いといえます。そればかりでなく、自分に合ったものをピックアップし、調査して紹介してくれます。だから、かなりの精度で求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたがひとりで手当たり次第に調べていくのと比較するととても効率的です。そのうえ試してみる価値は大いにあります。

転職をするなら、むろん仕事のやりがいアップと一緒にさら・・

転職をするなら、当然仕事のやりがいのアップと共に収入が上がることも大事なポイントになるので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調べています。全く一緒の会社でしかも全く同じ職種、社歴であるにも関わらず人によってすごく違いがあることも数多くあって、ぶっちゃけ面接で質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた者について誰かだいたい察しがつくのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

現在のあなたの職場や仕事内容に対して、何かしらの不満があるはずです。

今の自らの職場や業務内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の資格やスキルを正当に評価してもらえない」あるいは、「給料は平行線だし、将来昇進する見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分自身の持っている才能を過大評価しているケースが少なくありません。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。という事態を招きかねません。再就職をスムーズに行うためには、あなた自身の能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

全くの未経験である分野などに転職したい場合には、前の業界・・

全く経験したことがない分野などに転業する際には、前の職場で育んできた力ややってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要です。未経験の業種の場合、それだけその業界で働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分が保持しているスキルがそこで発揮できるということをうまく相手に話せれば、戦えるケースも十分に考えられるのです。そのような訳で、経験が全くない分野にチャレンジする際には、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりを可能な限り見つけ出してみましょう。

派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関係でずっと働いてい・・

派遣として就業しています。労働契約法により不本意ですが長期間務めていた派遣先での仕事があとわずかで終了します。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から直接雇用の地位を獲得した人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのごますりがうまい方でそのおかげで採用されたみたいです。仕事の能力よりおじさんを転がすスキルが大切なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと勤務先で愚痴を言ってます。

近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を出した経験のある人は、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を提出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、「功績」を残した人物を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような話をされた場合は、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。めったにないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる会社もありますが、そのような業者はたぶんサギであるので無視しておくのが無難です。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

転職の間は、知らず知らずのうちに気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。

転職するための期間中は、知らず知らずのうちに時間がある分、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。しかしながら、そんな生活をするのはお勧めできません。人間というのは、だれた生活をしていると、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そんな状況になってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、再就職先が決められません。次の仕事を決めることができないのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活を始める為にだらけきった生活は、止めておきましょう。

転職の面接を受けるときにする腕時計のことなのです・・

再就職する時に行われる面接で使う腕時計に関しては、目を惹くタイプの時計はしていかないほうが安全です。この場合の目立つ腕時計とはブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。その反対で安物の腕時計の印象を与えるとか、そういう真逆の意味で目を惹くのだと思い浮かべておきましょう。再就職の面接のときにつけていく腕時計はネクタイやスーツのようにとらえて、面接にふさわしい無難なものを選択した方が良いと言えます。けれども、自身の歳に適しているということも大切なことで、新卒の就活の頃に準備したものよりはわずかでも値段が高い腕時計にした方が好ましいとはっきりといえます。

今の時代は株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人経営 といった形で生きる方法も人気です。

ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった背景もあり、「会社員の道こそが正義」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、不安の残る株式投資や個人事業よりも雇用されて働いているほうがずっと安定性があり、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されてはいました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、現在は、「成熟期」と言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

転職サイトは大手のサイトであるほど多くの会社が掲載されているため、…

転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載数も豊富なため、興味を引く2~3社を、とりあえずサイト登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、条件に適合する求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。しかし、最初に限っては登録するのに少々時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後々のためにも、最初の段階できちんと準備することを、心がけましょう。

例えば、転職の決意したのなら、完全に一緒に働く人には…

一度あなたが、とらばーゆの決意したなら、徹底して周囲の人にはその気持ちを言わないように、転職活動していき、転身先が決定していないのなら、なるだけ周りの人間に悟られないよう通常通りに振舞うのがもっとも安全です。現職中、その状態をキープしていれば、たとえ希望に知った転職先を簡単に見つからなくても、転身を先送りにしつつ、現職にそのままし続けても容易にできます。そうではなくて、後先考えず「転職するつもりでいる」と話してしまうと、社内の人は、その言葉を受けた応対をします。それどころか社内の人間に「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あの人は辞める人」と受け止められます。そうなってしまってから転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中ずっと、身の置き所がないと感じるでしょう。

世の中は変化していてパソコンを見ればネットで見られる世界…

この頃PCやスマホは便利でネット上では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在します。その相当な数のサイトから自分にピッタリの転職先を見付けるためには、まずは情報を集めることです。こんな転職サイトをきっちり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が実現します。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみましょう。

転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ出向いたときのことです。

転職時の面接にとある会社に出向いたときのことです。その日に限って会社にある部屋が空いていないとのことで外のある場所で面接担当者と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことでしたが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。なので電車の中でも彼と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することになり、すっかり緊張がほぐれて面接より話が弾み、それが良かったのか何事もなく採用を掴み取ることができました。

求人に関係する情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

求人誌を見る場合、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業を見ようとしないものです。そうした人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。事実、製造業であっても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部門も結構多くあります。ただ、製造業の仕事場自体、ビジネス街から距離があります。そのため、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。でも、自らの執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転職活動で大事なことは企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」…

転職活動のコツは企業そのものというより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むのも大事でしょう。また面接内では第一歩としてあなた自身の人間性や人柄をチェックされてしまうのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しゼッタイに避けましょう。またモラルある社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

-コラム