コラム

転職活動を始めるとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したりし…

転職活動をするいあたっては、はじめに、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したり…

転職活動では、まず第一に求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして気になる会社をチェックされるとは思います。しかし、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。その種の会社や社員に関連する情報については、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。美辞麗句を信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったとあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように謀っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

長年にわたって接客業でお勤めしてきましたが、歳をとると共に…

長きにわたって接客業で勤めてきましたが、年をとったせいか立ち続ける仕事は体力的につらく、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを志して行動にうつりました。事務の経験がない場合わりと厳しくて、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取り個人病院に転職することができました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業をしていた頃よりも帰る時間が遅くなったのですが、まずはキャリアを作る時期だと諦めて頑張ります。

雇用期間中なら、可能ならば、周囲が気づかないように…

在職中は可能なかぎり周りの人間に気づかれないように、(ちなみに私のときは)前職中に転業する考えだけを早いタイミングで会社内でほのめかしたことがありました。ですが、その後求人誌を必死に探してみたものの、予想に反して働き先のあても時期などすら無計画なまま決まらないまま、ズルズル時間がムダになるだけでした。そしてその一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探すハメになりました。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業間でも今までとは異なった社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化を受け、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。将来、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるはずです。

転職を考えているのなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。

もしもあなたが転職を考えているのなら、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくと、転職に有効に使えるので、転職先を探すのが簡単になります。そんなわけで、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも最適です。もしあなたが再就職を考えているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の会社を退職後も後悔なく次に進めます。おまけに、資格を取得できれば転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先での面接時に担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

派遣の会社に入っています。サイトの中でふと自分に合っていそうな仕事…

このところ私は派遣の会社に入っています。ウェブサイトで気の向くままに自分に合っていそうな仕事を発見し問い合わせたところ「そのお仕事はもうすでに別の人の採用が内定しています」と言われてしまい瞬間的にサイト内から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、翌日にチェックするともう一度情報が掲載されています。これって結局私ではよくないのだって意味ですよね。それであるならば初めからトラブルにならない程度にはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。はたまたひょっとしてダミーの仕事なのでしょうか?

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそう…

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては勤めている会社がしっかり雇用保険を払っているところであれば、誰しも失業手当を受け取れます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている会社都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取れることもあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の給料をもとに失業手当の金額を計算されるので、会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

人生初の転職をする場合、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかにつ・・

生まれてはじめて転職をする際、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかを明確化しておくことだといえます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。その上で問題を改善できるであろう会社を決めていってください。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動していくので、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それがために理由がはっきりしないまま転職しようとすると目標の途中で息切れしてしまいます。何とか転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がない場合は,転職活動を開始するのはやめましょう。

転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を鍛えるコツは直ぐに拾うことができます。また、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することが可能です。それは、外国に行くことです。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、どんな瞬間も勉強になります。ですから、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、心の回復のために休みも必要です。

楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活動と付き合っていけ・・

将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と付き合う事が出来れば、メンタル面での負担も少ないので、転職期間中の堕落も回避できます。また精神的な部分が損なわれていない分、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、休職期間をつくることなく新しい勤め先を見付けることが大切です。現在の会社に勤務しながら、次を見付ける形がベストです。おまけに、間をおかなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、職歴にも空白期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

より安定した暮らしを願って正規社員を目指している・・

安定的な暮らしを希望して正規の社員として働くことを意識している人が少なくない、というのが現状です。とはいえ、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶えられないこともあります。派遣社員の求人情報はかなり充実しているのに、正社員の求人以外はスルーしてエントリーしない人も多いでしょう。仮にあなたが、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、契約社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、その人の実力によって、数年で正規雇用へのキャリアアップが図れることもあるからです。ですので面接時に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活を習慣化してお…

転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。会社が決まり、復帰した時に、趣味に集中していたことによって知らない間に集中力が養われているのです。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんと比べると疲れにくいということを認識することができます。というワケで、退職後は自分の趣味に力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておいて損することはありません。今後、同じ会社内で共通の趣味の方と巡り会えれば、会話も弾みます。ですから、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動を行う際、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職を行う場合、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐としてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。ですが、真実はクロで「本当のことが書かれているので、急いで火消しをしよう」と考えている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ関わったらトラブルに遭遇する心配のあるといえるでしょう。そもそも、本当にいい会社であれば煙は立ちません。

再就職をする時に注意を向ける求人情報というのは、通常のものとし…

職を変えようとしようとしている時に閲覧する募集事項に関しては、おおまかなものとして載っている可能性があります。ですから、記載内容が全部正確なことだとは考えない方が最適でしょう。中でもとりわけ給料の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?それとも最高値の金額であるのか?というようなジャッジができる人は少なく、自分判断で解釈してしまうと、今後、悔しい思いをする事も少なくありません。それゆえに、そうならないためにも、募集事項の情報というのは、一般的なものだと思って、そういったような重要な内容は会社に直に問い合わせるのがベストです。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの企業で…

求人関連の情報では、とうぜん多くの株式会社では月の給料がしっかりと記載されていますよね。でもこの箇所を見る際は、深く確認する事が大切です。多い少ないだけでわかってしまわないようにしましょう。そのわけは企業によっては、月収の金額の中に月30時間残業の場合を含んでいるかもしれません。何があるかというと残業代をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せているケースもあるんです。そういうわけで、そういった「不誠実」極まりない案件は、注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職をする際に面接で絶対といっていいほど質問されるのは…

転職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど尋ねられるのは以前勤務していたところを辞めたのかという話ですが、このような質問が出た時には退職した会社を話の中心にしないほうが最善です。前職を退職した経緯に焦点を当てるとどうしてもマイナス要素を含んだ面接になってしまいます。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を辞めたかという点をこの職場に必ず入りたいという考えがあったからという話に持っていくということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に内容を傾けていきましょう。こういった内容ならばマイナス面を消し良い面を押し出した前職を辞めた理由に聞こえます。

失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、…

失業したときに給付される失業保険は、失業している間もらえるが、給付される期間について規定があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、世の中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると思い込んで永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ転職活動をしても条件のよい仕事を探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、面接担当者からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受からないでしょう。

転職するにあたり、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません…

転職を行うにあたって、今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自発的に退職願を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険はすぐに受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、手続きに不手際があると勘違いしてその結果としてハローワークの担当スタッフと揉めているのを見たことがある。因みに自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けたのち即、失業保険が給付されます。

仕事をするために派遣会社に登録する人が徐々に増えています。

直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近時多くなってきています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかをできるだけ面接のときに質問しましょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、情報開示に積極的でない業作も多く、悪い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもかなりあります。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できることなら別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

新卒として入った会社を辞めて、心を改めて転職を決意しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職することについて会社を退職したときは、人生でもっとも将来が不安でした。社会に出て数年経てば転職をして中途採用として働いている人が大半であると転職活動中に理解し、自然と気持ちは楽になりました。また1回でも転職をするとなにか前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」が再確認できて毎日が充実したものになりました。なかには「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といったような意見も根強くありますが、それが正しいのかなと思いました。私の場合は転職を決断して良かったと思います。

-コラム