コラム

再就職しようとする際に用意する必要がある履歴書は、たいてい、…

再就職する時に準備しないといけない履歴書や職務経歴書において・・

再就職しようとする際に絶対に書く履歴書においてですが、原則的には手書きではなく、パソコンで作成するというのがほとんどです。今現在の日本社会では履歴書はパソコンを用いずペンを使って作るというのが一般常識だと捉えられていることもありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、転職をする時においては100%パソコンで書いたものは駄目と断言はできません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を高く買う場合もありますけど、そうじゃないケースがだんだん増加してきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でも大丈夫な場合は意外にも多くあるのです。

転職というものを考える際、転職先での自身の給料を過剰に気にする人…

転職というものを考える際、そこでの給料ばかりに気を取られる人が案外いるようです。もちろん多くの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るために働くはず。年収は自身がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、でも、必要である以上に年収ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのも悲しい気がするでしょう。よく見れば収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

クールビズの格好をして再就職の面接場に出向く場合、ジャケットに関しては…

クールビズの格好をして転職の面接に行くときには、いくらなんでジャケットまでは着用していくことはないと間違いなく言い切れます。ですが、ネクタイは着用したほうが印象が良いです。ネクタイに関してもなくてもOKだと考えている会社も存在する確率もあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズであっても身だしなみとしてするべきだと思っている会社がいくらか存在します。そのような訳で、クールビズの恰好ではネクタイだけは絶対に着用して面接した方が良いというのは知っておいてほしいです。

「就職エージェント」大手には、多種多様な案件を持ってい…

就職エージェントの大手に限って、いろんな案件を持っているという長所があるといえますが、同時に転職希望の登録者(ライバル)も多くいます。したがってあなたが、気になる企業を探し出しても、あなたの担当者が「可能性が薄い」と判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、そのライバルを優先することもあります。つまり大手のエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、発想を変えて規模が大きくないエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか話しをしてみると、自分のために行動してくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。

先日転職の準備をしておこうと人材バンクに登録に出向きました。

先週転職先を探すために人材会社に登録に行きました。登録するときのカウンセリングの際に現れた担当者が見た感じ新入社員みたいで、こちらが説明をしていることの3分の1も理解できてないようでした。さらに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが必要でしょう」とか、大上段から横柄にのたまうのでとても不快でした。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。ほとんどの会社は履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容が充実していることも重要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記載しましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など分かるように書いておきましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのために活用をはかることも有効な方法です。

転職活動する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。

再就職する場合、それなりの準備は必要です。なかでも、目に映る「服装」は、注意している人は多いでしょう。けれども、最近の面接については、形式ばらない服装がOKな企業があるので、スーツでなくては、と考えて赴く必要がない場合もあります。とくに会社の創設したての会社などは、厳格な規則もないことが多く、スーツでいかないほうが良いイメージを持ってもらえます。そして、正装ではないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接中に、洋服の話題に発展しやすいです。ですから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今後、転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問とし…

転職活動を行う上での最後の問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の会社から採用の内定を得ても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして慰留しようとするかもしれません。仮にそうなったとしても、「何が何でも退職する」という強固な意思を持つことが大事といえます。引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきます。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を考え直す可能性はありませんと、はっきり伝えます。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色合いに関しては…

仕事の面接で着るスーツの色については、新卒の就職活動の際に着用している色合いがベストです。ということは、黒とか紺色の暗い感じの色になります。それは再就職の面接でも、着用するスーツの色味はこのようなダークカラーが多く、そうでないカラーの人はあまり見かけることはありません。それ以外だと、まれにグレーを着ている人がいるくらいで、大方は紺系や黒系が多く、人事から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通のように感じてしまいますから、第一印象という面ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職活動で面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、これとは違い転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。転職理由でよくある報酬に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。とはいっても、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような巧妙に話をすり替えましょう。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事を続けつつ求人をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともに負担がかかるといえます。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識を持つことが大切です。

初めて「失業保険」を受けるとき、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実のところ、きちんと職探しを行っている必要があり、加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンでスタッフに求職活動の状況を報告して真面目に仕事を探していると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。また、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、強制的に給付が一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう充分に気をつけてください。

転職することを予定しているのなら、今の業務の何に不満があるのかを…

今からでも転職活動をするに当たっては、直近の仕事や業務での納得いかない部分をハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。元々不満が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと現状である仕事・業務の客観的に考えた問題なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し…

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動を行う人は大勢います。転職のチャンスを高めたいのなら、転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、そこに足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、そして、説明員等を通じて、その企業の社風についてある程度は知ることができます。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接だと思って良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。幸運にもフェア中に、企業側から欲しい人材と思われれば、後で本格的な面接時にかなり有利になります。

最近の労働背景が目まぐるしく変わってきたことに当たって、働きざかりの世代の中…

ここ最近の労働背景の変化に際して、若者たちが特にチェックし、気にかけているようです。転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。こういった背景から労働者やサラリーマンといった人たちの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、加えて、将来、若い世代の転職への注目が増加すると予想されます。「流動化」が背景にあることで、転身することは一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。ところが、時代も変わり現在の会社に固執する意味も必要性も無くなってきていると言われています。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接の時、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

今後転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業種・・

将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは業界)を見つけたら、忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、業界のマイナス点は、知ることができない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を通じてすぐに現実を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、入社した場合、直後に痛い目にあいます。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容が厳しく、スタッフの出入りが激しい」という場合が少なくないため、気に入った案件や業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたの退職を知る・・

再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ると職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。加えて、超過勤務をさせられることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のトラブルを避けるために、仕事をしている現場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすることで、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。さらに、何の問題もなく円満退職になれば、退職後であっても、何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、辞める前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

新たな勤め先で今までに身に付けたスキルを生かすことができれ・・

新しい勤め先で、それまでに培われてきたキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力となって早々に仕事場にも馴染めるようになるでしょう。また雇用先もそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ良ければ、わけなく採用されるでしょう。更にこれまでの働いていた仕事と同じ仕事なら見込みは十分にあります。ですが、即戦力な基準を満たしていても、大手企業の事務系、公務員系は時代に関係なく、相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職を成功させるための企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので…

転職の際に必須となる企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりすることは、残念ながら不採用となる可能性が高いです。そうなる前にその場を繕うのではなく面接時は、「有給取得率」といったような、多数の人がかなり質問しづらい内容を思い切って訊いておくと、あなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に響くのではないか」と不安が募るかもしれませんが、けれども、意外と良い結果になることは結果的には少なくないようです。こういった「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかしながら、面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。なので、あなたが勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで思わせることができます。

-コラム