コラム

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日し…

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐ…

ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかしながら、当日行ってみるとどうしてか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、面接を終えました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、待っていられず、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でまた質問したところ、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話が切られてしまいました。私は呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、本当は、不採用で良かったと痛感しています。

就職するため職探しをするときに特に注意すべき募集内容…

転職するため仕事探しをする際に注意すべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長いというものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という風に求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料形態に残業代を組み込むというものです。(注意・合法です)もしも『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という意味になるわけです。けれども、悪質な求人は、『みなし』を記載していない場合もあるので、しっかり気を付けてください。

働く中で精神的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、会社を変えなければという気持ちになったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい退職するかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くということは当事者であるあなた自身のためでもありますが、同時に家族の問題でもあるのです。どんなに給料が良いからといって、心的ダメージを負うほど、仕事をすることは好ましくありません。昨今は、経済的なことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にしていく生き方が尊重される時代です。あなたの身内、あなたの心も大切にしましょう。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることが条件になります。とはいえ、現実は「会社を辞めたことだし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。ということで、真剣に働き先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は避けようがありませんが、そこで、「求人票」を閲覧することを少なくともしておきましょう。本気になって探す気が無い時には、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら見当たりませんでした」と言って、次の機会を狙いましょう。

その昔は看護婦と呼んでいた看護師という職業は、どうして・・

以前は看護婦と呼んでいた看護師という職業は、どうしてか女性比率がたいへん大きい職です。また気力だけでなく体力の消耗が激しい特徴もあります。そのために、職場での人間関係で行き詰まったり、結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい業種ともいえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。最近は特に、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」であり、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

再就職したいなら、多様な企業の情報の詳細を定期的にチェックすること…

転身を念頭に置いているなら労を惜しまずに多様な会社の採用情報の詳細を定期的にチェックしておくと転身先の判断がとてもしやすくなります。あなたが今の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、実際に転職活動をするときに、どの企業もいいように見えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの会社に応募するべきか困ってしまいかねず、選択を誤りかねません。それゆえに、直ぐに転職しなくてはいけなくなるかもしれないので会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

転職のための活動中はとにかく、なにはともあれゼッタイ…

転職のための活動をしている最中は、最初にゼッタイに自分自身の内心がスッキリしていることをとても大切にしましょう。在職中に転職をする活動では、それほどないかもしれませんが、退職の後に行うのだったら、やはり気持ちが焦燥感が出てしまいがちです。そのため、冷静になりつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたいことや、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致してるか、徹底的に見極めてみてください。時間を掛けて判断することで良い転職先が見つかりやすくなります。

自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職を検討しているな・・

今の自分のスキルを活かして転職活動を検討する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと転職が難しい業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職しやすい業界は、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」が代表的といえます。医療や介護では、看護師および介護士は「資格」を必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて理由あって他業界に転職したいと思っているなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」ではない業界は、人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、容易に考えないことが大切です。異業種への転職をされるのであれば、他の業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

転職のための採用面接では、零細企業であれば大体が人事担当者になりますが…

転職希望者が受ける面接では、小企業であれば、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、その他にも直接、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、平たく言えば管理職である課長や部長が面接を担当することも少なくありません。中でも営業や事務といったジャンルでは、資格を介した人の良し悪しを判断しづらいのできちっと自分をアピールしていくことがとても大事です。面接官の誰からも「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

転職する際、とても重要となるのが間違いなく「面接」です。

転職時、重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。大半、面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職に至った理由や退職理由など将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら今度は、面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「なにか弊社で働くことについて、疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問が来たときは、面接者本人が緊張しすぎてアタフタしてしまうかもしれません。そうならないためにも、面接の前には面接官からの質問に際し、答えを用意しておくのがベストです。冷静になればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

これからの社会では着々と短絡的な作業は機械で処理されるようになっていき・・

近い将来、私たちの社会的環境において確実に短絡的な作業は機械によって当然のことながら必要なマンパワーはどう考えても縮小させられてしまいます。なぜなら、単純労働という観点では人間が作業するよりも機械でやったほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントするとか、同じ手順を繰り返すのは機械には何の苦もないのです。人と違って泣き言も言わず、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、付け加えて、給与が発生しないのもメリットといえます。人を使う理由が無いため、機械化されるのは注目されているのです。

派遣社員だからといっても、好きな時にすぐ辞められるというわけではないこと・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職を経験して理解しました。私は新婚生活が落ちついたあとできればすぐに子供が欲しかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員よりも月収は少なかったのですが、時間的な自由が得られるのでガマンしました。しかしながら、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんど派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣社員を選択しても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、ちょっと困っています。

看護師という職業の人の違う職に転職の理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という仕事の人のそれと違う仕事に転職の原因は人それぞれです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産加えて子育てそれに家族の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によってこれまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「現在の給料に不満がある」など多種多様の理由が考えられますね。しかしながら、それでもどうして転職をしたいとと、今一度ゆっくりと客観視してみることもしてみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」ともう一度考えたうえで決断すれば間違いが減らせます。

女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは…

女性の再就職に関しては、ここ最近と数年前では多少の変化があったりします。以前は面接の場で、結婚の予定や出産後の考え方などのことに関して、質問されることがほとんどでしたが、今はその手の内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける会社が増えています。そして、名の知れた大企業の場合は、この手の質問に神経質になっています。とはいえ実際、面接する側は〇か×かの2択ではなく、その女性の姿勢、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思うはずです。自らの将来設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRとともに話すことで相手側にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。そういうわけで、聞かれてない箇所についても、あなたが先んじて配慮し、答えてみると良いでしょう。

転職活動を始めるときに、まず今の会社を辞職した後でという人もいますが・・

転職において、まず今勤務している会社を辞めた後で転職しようと考える方もいますが、それなら会社がいつボーナスを支給するかを気にかけておきましょう。ボーナスが支給される会社はいくらでも存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の日が近づいているのであれば、ボーナスをもらってから退職届を提出するという手も賢いやり方です。ボーナスは結構多くもらえるはずなので、絶対もらったほうが良いと明白ですから、職場を変えようと思い始めたらボーナスが支給される日について最初に調べておいた方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。

『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれ…

『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに前の会社に対しての信頼はなくなりました。

こういう転職という話は兄の友人の話です。

これは兄の友達から聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用でなにがなんでも勤務したかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、それから後仕方なく他の会社で働くことになりました。そのあと3年経過したぐらいに派遣求人サイトを閲覧していた際偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなって当時の会社をすぐ辞め、A社で派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってその後希望通りA社で正社員として採用されて、現在においてはやりがいを持ちながら明るく仕事をしています。

転職したい会社の見学は、すごく参考になります。

転職先での会社見学に参加するとたいへん参考になります。また、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られて楽しくもなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、日常の仕事風景とは違っているものです。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので実際に入社しないと、本来の姿は伺えないものです。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがとても賢明です。また、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない段階ではもし問題が発生したとしても、保障がないため、担当者から勧められても丁重に断るのが無難です。

やっている転職活動時、「私は今までずっとこういった内容の…

いい転職をしようと転職活動時、「今までずっとこのような種類の仕事をがんばってきました」「今までに手にした経験は、、、です」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はよく見かけます。しかし、希望する再スタートを狙う会社で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が話したような内容の仕事をするのなら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンで自分をアピールしていくほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり・・

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されるなど、損をするシステムができてきましたが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。とにかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それぞれの項目について質問をぶつけていきましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。その場での回答を避けるなど逃げ腰になります。とりわけ給与と残業、休日に関しては、質問を重ねていくと渋い顔をするケースが多いです。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社に入社すべきではありません。

-コラム