コラム

転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

転職サイトは、一度登録したら、しつこく電話やメールをしてきます。

転職サイトでは、登録後、電話・メールで何度も連絡が入ります。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、結構驚くかもしれません。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事だといえるので、かなり積極的な姿勢を見せます。大手のエージェントは転職させると企業からお金が入る仕組みなため、転職希望者の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすかさず、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職にしくじらないように気を付けることが重要です。

私は20代までに転職2回で、現在は資格を取得したい…

私は20代で転職を2度行い、現在は資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務でないため、どうしても手取りが少なくなってしまいました。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。資格を活かしている人を見るとかなり羨ましいと見えてしまいます。昔の私は、自分と他人を比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし現在は、結婚してがらりと生活環境も大きく変化し、前よりも明確にやりたいことを見つけたので楽しい毎日を過ごしています。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方については面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。私は過去に、出産のため休む人の代理として正社員として仕事に就いたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が土日に必ず出勤できる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返ると「よく耐えた」と自分でも驚きです。

知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。

知っている人からの紹介によって転職の先を見付ける人がいます。ただし、労働環境やそれと労働時間などの大切な部分を紹介者の口コミをあまり信用しすぎると後々面倒なことになるおそれがあります。口コミの中でも一人の個人の口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に知人にとっては、ベストな働く場所であっても、自分自身の主観で見た場合、ストレスだらけの環境、、、という環境なのかもしれません。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

一般的観点からすると大企業は「定期採用」で人材を確保するため…

多くの場合大きな会社は定期採用中心で、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そればかりか、都心以外だとそのチャンスがずっときびしくなります。例外的に、「製造業」系であれば、地方の工業団地のあたりに製造工場を置いている多々あります。また、そういった場所では、事業分野の拡大などの際に「人員募集」をしているので、そういった好機を利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、その地方の工業団地の会社をあらかじめ仕入れておきましょう。公式サイトをチェックし、求人がないかこまめに確認されることをお勧めします。

転職の面接での身なりは企業側からクールビズ可とと伝えられる場合もあるようです。です・・

再就職の時にする面接ではクールビズで来てくださいとと書いてある場合もあるようですが、クールビズで赴くのは印象が良くないのではないか?と考えてしまいます。そういう悩みを抱え込んでしまっている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズOKだと言われた面接は書かれていることを素直に聞き入れたほうが確かです。色々悩みすぎてしまい、汗をかく季節にスーツを着込んでいくと相手側に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで構わないのです。

良い転職する先を見つけるためには、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。

転職することを成功させるためには、前もって情報を集めることを徹底してみましょう。それには今を見るといくら中小零細企業らしくもなく公式サイトで企業を紹介している会社が当たり前になっているので、ネットを活用して自分が知りたい情報を手に入れるとまたその会社についてわからないことを整理しておくと転職に役立つはずです。公式サイトに加え、「転職サイト」にログインするのも対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職を考えている希望の職場を自身で確かめてみるのも意味があります。

就職した会社で嫌な上司に悩み、ついに我慢の限界を超えてその会社を退職し…

勤めていた会社でパワハラを行う上司に心をすり減らし、とうとうやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同業他社に転職しました。居心地よく働くことができてとても充実した日々が続きましたが、じわじわと会社の業績が悪くなり、とうとうとある会社に経営統合されることになりました。その統合した会社がなんと前にいた会社で、その上大変嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。どれだけ縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動を開始する予定です。

転職の面接などにおいて名刺を渡してきた場合、同じようにあなたも名刺・・

転職での面接などの時に名刺を手渡してきた場合、同じようにあなたも名刺を渡すべきであるのかどうかと迷ったときは、たいていは渡さないもの、と頭に入れておいてください。転職のための面接とは仕事ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、大体は名刺を交換する時間とは異なります。重ねて、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては名刺を受け取るだけで問題なくて、相手の方にあげる責任は少しもないと考えます。

違った職場につきたいと転職活動中の場合には「ちょっとでも…

いい職場に入りたいと転職をする活動をしている中のときの場合は「ほんのちょっとでもはやく、内定(採用通知)がもらいたい」と思ってしまうはずです。ただ、そういう気持ちで通知ほしさのばかりに、自分の能力に関して嘘をついたり、あるいは逆に自分を過小評価にしかならない売り込みをするのはぜったいによしましょう。そうではなくて、焦燥感をぐっと抑えて、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く見極めていきましょう。

好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きで以前は、飲食の世界に勤めていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係に疲れてしまいました。ということが引き金となり、仕事をやめることにしたのですが、その影響で、好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、よく似た飲食店は今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵ですよね。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに自分と向き合ってから行動するべきです。

派遣会社での仕事が決定しました。

派遣先の会社が決定しました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、彼が約束した店の前にいないので中にいるのだろうと考え店内に入ってみたら、営業担当者は大胆にも雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのところを開いて見ているところを発見!こんな人に担当されるなんて絶対嫌だと感じて、声をかけることもなく気付かれないようにお店の中から出てすぐに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

職を変えた際には、だいたいの場合は以前の仕事の出来事は美化されます。

職を変えると、高い確率で前の会社の仕事のほとんどの記憶は美化されます。本当のところ現在の職務に合っていないと思ったから、そういった思いをどうにかするために、せっかく退職を決め、転職を決意したはずなのに、昔を思い返すとなぜか「前の職場のほうが心地良かった」と思ってくるのです。それというのも至極当然で、以前の職では日々の業務を把握していて、普通に与えられた業務もあっさりと消化できていたのももっともというのもあるでしょう。ですが、「やっぱり転職などするべきでなかった」と感じるほど、以前の会社の方が待遇や環境がいい事も考えられます。

再就職して勤め先を新しく替えるということは、自分自身に合う…

転職によって勤め先を一新するということは、自分自身に見合う自分の希望に近い転職先に再就職したいものです。職場や勤務先を変えることで、あなたに適した仕事に就く可能性もあります。けれども、プラスの面だけではなく、転職先にふさわしい能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。別の表現をすると、自分の価値をあげれば、天職に就くことができる可能性も広がる、ということです。今は、職業選択の自由が一般的に認知されているので、退職して転職しても偏見を持たれる不安もありません。組織と人との関係が軽薄になりつつあるこんにち「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当から「転職の理由は何ですか・・

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事担当から「転職の理由は何ですか?」とかなりの確率で質問されます。この時、どんな理由があっても、前の職場の人間関係や労働環境に関しての不満を絡めた返しは、可能な限り口にするのは避けるべきです。もしも、そのような不満を口にすると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを台無しにしてしまいます。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大切で、事実とは異なっていても、「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような未来志向での返答が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

”石の上にも3年”という諺もありますが、その背景を裏付けるかのよ…

「石の上にも三年」という諺もありますが、現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は一般的な事柄となってきています。けれども、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職しようと考えるなら、適した時期を図る必要があります。初歩として、今現在の職場、仕事について全般的に、不満に思っている点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙に書き出ししてみましょう。この作業が、転職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ手早く、良い職を手に入れられるように努力することも大切です。

かつての私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を優先していました。

今までの私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を活用していました。その理由は、大手「転職サイト」は、システム上、都会や大手の求人がほとんどだからです。このため、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着型なため、ピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするとイメージしている方もいるはずです。思いもよらず、転職サイトとは違った求人もあるので、そろそろ転職希望の方は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」におい・・

もしもあなたが転職を視野に入れた場合、U・J・Iターンで都市部から地方に移って再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。近年は求人情報サイトを見れば、国内全エリアの求人も簡単にアクセスできます。ただし、郊外や地方での求人に関しては、募集してる企業や会社の数自体が少ないのが事実、痛いところでもあります。ですから、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもきちんと確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートに関する情報も見逃さないようにしましょう。

かつてかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

キャリアップしたいと思いかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質が多種多様でほとんどは物足らなく感じる人ばっかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと心して向き合ってほしいという願いがいっぱいになりました。そんなことがあり自分がキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。資格を取得できるまでにはコストもかかりましたし勉強もとても大変ですが、お仕事を探している人から信頼してもらえる存在になるために頑張っています。

転職で、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に覚えてほしい点があります。まず派遣業務については、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をといった仕事を想像してしまう人がおそらくいるはずです。はじめは私もかつてはそう思っていました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と直接説明を受けました。が、実際に仕事に就くと、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。特別な知識もなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので困っています。今はただ派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

-コラム